2013年06月12日

いのちの林檎 (千)

先日 『奇跡のりんご』 に引き続き ドキュメンタリー映画
『いのちの林檎』 を見て来ました。はじめ木村さんのドキュメントなのかなあ
なんてワクワクしてたら・・ 聞こえてくるのはキーーキーーー と云う悲鳴・・
悲鳴を聞いてると私まで苦しくなりました もうやだ〜(悲しい顔)
現在、無農薬・無肥料のナンチャッテ自然農を実践している私にとって
いろいろと勉強になるトコロもあり いきなりUFOのハナシがでたり
面白かったのです、ががが、 exclamation×2 化学物質がとても怖くなり
実際、私の友達の奥様は化学物質過敏症で 311後に住む場所を求めて
日本国内を巡り 今は瀬戸内海の島に移住しました。でも、コレって
ひとごとでなく いつ自分も発症するか分からないワケで・・
そう思ったら 北海道の山奥に逃げたくなった私でした・・
「奇跡のりんご」 とは違った意味で凄かったです。ぜひ!!!
公式サイト いのちの林檎

image01.jpg

Copyright (C) いのちの林檎製作委員会


posted by chie at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 試写 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月28日

今年初・試写でした (千)

先日、仕事の合間に六本木シネマートで今年初・試写
公式FB ブルーノのしあわせガイド
 ⇒ある日突然、共同生活することになった年の離れた親友が
実は親子だったと云う設定のユーモラスかつハートフルな作品。
・・・ またしても父親がキーポイントな映画でした ダッシュ(走り出すさま)
劇中でも頻繁に使われていたコトバ 「シャッラ」はイタリア本国で
とても流行っているコトバで 「まあ、いいから」「落ち着いて」の意、とのコト。
日本でも流行らないかなあ??!

ブルーノ.jpg

[c]2011 I.B.C. Movie







posted by chie at 16:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 試写 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月10日

寄り添うことの大切さを感じた日

『長嶺ヤス子 裸足のフラメンコ』(公式サイト:http://hadashinoflamenco.com/)の試写。長峰ヤス子さんというと、フラメンコダンサーとしての顔はもちろんだけど、100匹以上の犬や猫と暮らしているという話がまず思い浮かぶ。本作でも、かなりの部分がそのことに割かれている。息絶え絶えのワンちゃんにずっと寄り添う長峰さん。飼い主も諦めていた命が長らえる。心なしか、ワンちゃんも嬉しそうな顔をしている。
そんな長峰さんの姿を観た後、『いのちがいちばん輝く日. 〜あるホスピス病棟の40日〜』(公式サイト:http://inochi-hospice.com/)の試写。こちらは、余命宣告を受けた人たちが過ごすホスピス「希望館」での日々を綴ったドキュメンタリー。人生の終焉を迎えようとしている人に寄り添う家族や医療関係者・・・
一昨年、入院してもうほとんど意識のなかった母のところに、孫がひ孫が連れて来た時、母の顔が嬉しそうに和んだことを思い出して、涙、涙。私が旅立つ時、そばに寄り添ってくれる人がいるだろうか・・・ (咲)
posted by sakiko at 09:40| Comment(2) | 試写 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月23日

つぶやき (千)

昨年秋より茨城県古河市民になってしまったため ふらふら
なかなか試写へ行くことが難しくなってしまいましたが たらーっ(汗)
ツイッターのほうで感想や情報等を呟いております
chierinsunshine









posted by chie at 12:00| Comment(0) | 試写 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする