2018年03月25日

奈良・お水取りの旅 近鉄の忘れ物対応が悪かったお陰で今井町散策 (咲)

P1200420 2gatudo 320.jpg
もう2週間前のことになってしまいましたが、3月12日から4日間、東大寺の修二会のクライマックスを見届けに奈良に行ってきました。
P1200408 kagotaimatu 320.jpg
「お水取り」で知られる修二会。12日は、そのお水取り神事の行われる日。3月1日から毎晩、修行している練行衆の方たちが夜の二月堂にあがる足元を照らす松明も、12日は籠松明という特別仕様の丈の長いもの。3月1日から15日明け方までの修二会期間中、一番多くの見物客が集まる行事です。今回は、この一番混むお松明から、修行の終わる15日の未明までを見守ろうという旅。

近鉄奈良駅近くのホテルに1時集合。京都から奈良に直行する特急がちょうどあったのですが、510円の特急券をけちって、京都駅12時発の橿原神宮前行の急行に乗車。KさんとNさんが飼い猫の話題で盛り上がる中、私は精一杯、イスタンブルの猫を追ったドキュメンタリー『猫が教えてくれたこと』に出てきた猫ちゃんのことを話す位。
大和西大寺に12:43に着いて、大慌てで12:45発の電車に乗り換え、近鉄奈良駅に12:50に到着。そこで、Kさんが乗り換える時に網棚にリュックを置き忘れたことに気がつきました。駅員の方に、乗っていた車両も位置も伝えたところ、終点の橿原神宮前に着くのが、13:03なので、その時間が過ぎた頃に橿原神宮前駅に電話してくださいと言われました。1時過ぎに電話したところ、届出がないとのこと。その後、駅や近鉄の忘れ物センターに何度も電話したけど届出なし。警察にも届けてみてくださいと言われたとKさん。

置き忘れたリュックは気になるけれど、とにかく主目的の二月堂へ。籠松明があがっていくのを絶好の場所で見て、11本あがり終わって、二月堂への階段を一番乗りで駆けのぼり、二月堂内陣の正面を格子越しに眺めることができる西局の最前列を確保! (許可をいただくと男性は内陣に入れるのですが、女人禁制。女性が入れる最高の位置)
大導師作法、荒師作法、走り、香水授与、二月堂下の若狭井に水を汲みに下るお水取り、そして、最後に達陀(だったん)の行法。松明をお堂の床で引き回すダイナミックなもの。ほのかにゾロアスター教との繋がりを感じます。まるでオペラのような声明に酔いしれた8時間。終わったのが4時頃。まだ真っ暗な中、宿に戻る前に近鉄奈良駅前の警察署へ。宿直の若い女性警官の方が笑顔で対応してくださいました。その時点では、警察の忘れ物リストには載ってなかったのですが、朝10時過ぎ、電話がかかってきて、橿原警察署に届いているとのこと。この日は予定がぎっしりで、翌日、一緒に取りに行くことに。
P1200489 taimatu 320.jpg
  こちらが普通の松明
13日、修二会の見物客は少なめ。なんと、松明をお堂の上で目の前で見ることができました。夕方5時頃に二月堂にあがったら、お堂の正面にロープが張られ、カメラを持った人たちが待機しているのです。東大寺の会場係の名物おじさんが、「松明が終わるまで3時間、トイレに行かせへんよ。その覚悟があればおり」と。同行の一人が、「私はいる!」と宣言。私も一緒に頑張りました。目の前を走る松明は圧巻でした。この日も深夜までお堂の中で法会を見守りました。正面は5時の時点で場所取りの人で満杯。内陣を脇から見る北局の最前列で。これもなかなかよかったです。(来年、修二会に行きたいという方、場所の確保のノウハウを伝授します♪)

14日、忘れ物を取りに行くついでに、橿原神宮に行ってみてもいいなと思って地図を見たら、橿原警察署は八木西口駅から約10分。すぐ近くに重要伝統的建造物群保存地区である今井町が! 東西600m、南北310mの、かつては水路に囲まれた中に、江戸時代以来の伝統洋式の町家が今も500軒位残る町。40年程前に一度訪れたことがあり、とても歩ききれなくて、いつかまた訪れたいと思っていた町でした。
まずは、今井町散策の前に橿原警察署にリュックを取りに。忘れ物係の方から「届け出たのは近鉄の職員さんですから、お礼はいらないですよ」と言われ、「え〜っ??」と唖然。あんなに近鉄に問い合わせたのに! 近鉄にも忘れ物センターはあるのに、駅から10分もかかる警察署に届けるなんて!
そも、私の利用している京王線なら、時々、「ただいま忘れ物を探しています」とアナウンスが入って、電車の発車が遅れることもあるのに、近鉄では、そういう探し方をしないのですね。たまたま警察に届けたから見つかりましたが、たくさんの大切なものが入ったリュックを友人は諦めるところでした。
P1200560 320.jpg
P1200542 imai 320.jpg
リュックを受け取り、ほっとして、2時間程、江戸時代にタイムスリップしたような今井町を散策。そのまま映画のセットに使えそうな町並みですが、NHKの朝の連続ドラマ「あさが来た」のロケも行われたとか。

今井町から奈良に戻り、修二会最後の夜に臨みました。
最終日の14日は、10本の松明が、二月堂の欄干のところに一斉に並ぶので、12日に次いで松明見物の人が多い日。10本並んだ松明の火の粉がまだ残る中、内陣正面の見える位置を確保し、最後の夜の法会を見守りました。この日は1時頃に達陀(だったん)の行法が終わって、きつねうどんをいただき、ほっと一息。静かな二月堂から眺める奈良の町が素敵でした。

忘れ物のお陰で、今井町の散策が出来た旅でしたが、さらにオマケが。
たまたま、15日の11時から春日大社でお田植え神事があるのがわかって、行ってみました。最初に黒い牛(もちろん人が演じてます)が出てきて、モウ〜モウ〜と田んぼを耕し、その後、巫女さん風の衣装の女性たちが、笛に合わせて田植えを踊りで見せるという風雅な神事でした。
P1200606 sika 320.jpg
 奈良といえば鹿ですね。絵馬も鹿。

その後、京都に出て、京都の友人と遅いランチをしたら、2日間から数日限定で、京都のあちこちのお寺で涅槃図を公開していると聞かされました。お釈迦様のご命日。もう疲れ果てていたのですが、泉涌寺に案内して貰って、日本最大の涅槃図を拝見。8m x 16m。ご本尊どころか、天井画も隠れてしまう大きな涅槃図でした。
映画を1本も観ない1週間でしたが、それもまた良し。ご利益あるといいな・・・





posted by sakiko at 21:14| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

一家4世代でハウステンボスの旅 〜戦争中、特攻艇の訓練をした大村湾に思いを馳せる父〜  (咲)

この19日〜21日の3日間、父、妹、姪、姪の息子(小学校2年生)の一家4世代でハウステンボスと長崎に行ってきました。
妹が、震災復興割でハウステンボスのパスポートも付いた激安ツアーを見つけてくれたのですが、何より喜んだのは父でした。戦争中、海軍に所属し震洋という特攻艇の訓練をしていたのが、長崎の大村湾。訓練所のあった川棚はハウステンボスのすぐ隣の町。4年前に一緒にその訓練所跡を訪ねたことがあるのですが、また大村湾を訪ねる機会ができて感無量のようでした。
P1150984 oomurawan.JPG
長崎空港に着き、船でハウステンボスへ。7ヶ月間にわたって魚雷艇を乗り回していた大村湾を船で行くのは格別の思いがあるようでした。そも、空港のある島自体、訓練中に目標としてよく使ったところだそう。曾孫に一生懸命説明する父。
P1160008 320hous tenh bosh.jpg
ハウステンボスの一番高いタワーの上からの眺め。いくつかの入り江の向こうが父のいた川棚。ハウステンボスのあるところには、海兵団があったそうで、こんなお洒落な場所になるとは思いもよらなかったと!

父の海軍時代のことは、戦後70年特集を組んだシネジャ94号で、“『筑波海軍航空隊』に父を思う”という記事に書いたことがあります。
父は話し好きなので、小さい頃から海軍時代のこともよく聞かされてきたのですが、94号の記事を書くにあたって、父にあらためて色々聞きました。今回の旅の間にもまた、これまでに聞いたことのなかった話を聞くことができました。
今や東京から2時間で飛んで行ける長崎。横須賀にあった武山海兵団から、任地・川棚へは、長崎行きの列車の後部に専用車を連結して300名が大船から乗車。途中の駅で面会に来た家族たちからの差し入れの食べ物が飛び交ったそうです。父も、大阪で義兄と小さな甥たちが会いにきて、デッキで話している内に列車が発車。義兄たちは神戸まで一緒に行ったとか。大船を夕方に出て、2夜を列車で過ごし、2日後の早朝に川棚に着いたそうです。隔世の感があります。
家族面会指定日に母親が疎開先から訪ねてきてくれたのですが、皇族の方が慰問に来られ、面会日が一日先延ばしになり、面会にきた母親たちは嬉野温泉に泊まりにいったという話も。もしかしたら、息子との今生の別れになるかもしれない面会日。母親たちは、どんな思いだったでしょう。

P1160030 320.jpg
ハウステンボスのイルミネーションを観ながら、ほんとに平和な時代に私たちは育って、それだけで幸せだと思いました。でも、世界の各地で、今も戦争に巻き込まれている人たちが大勢いることを忘れてはならないですね。

長崎の写真もちょっと!
P1160090 320.jpg
長崎・出島で、飽きもせずじっと説明をみる姪の息子。真面目で探究心の強い性格。「いったい誰に似たのかしらね」と言いながら、「あ、曾爺ちゃんか」と妹。

P1160219 320.jpg
グラバー邸で曾孫と一緒で嬉しそうな父。
posted by sakiko at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月21日

愛知県へ☆ (千)

先月下旬、長らく勤務していた職場を離れて・・
友人(カメラマン)からお声が掛かって 現在、野外撮影(ロケ)の
お手伝いしてます 手(グー) 先日は愛知県知多半島の方面へ ダッシュ(走り出すさま)
そして、お仕事終えて帰る時、名古屋のシネマスコーレへ寄ってみました!!

141019_170906.jpg


ちょうど監督の三回忌に合わせて若松孝二監督特集が開催中で
『聖少女拷問』 を観て来ました。物販コーナーにシネジャを発見☆

141019_171421.jpg


ありがとうございます!! そして斜め向かいにある ロジウラのマタハリさんで
ビール呑みながら一休み。。 こちらもレジ前にシネジャが☆

141019_184439.jpg


ありがとうございます!! 名古屋と言えば先輩スタッフ(美)さんの地元ですが
今回は編集会議の関係でお会いできず あせあせ(飛び散る汗) また愛知へ行く機会があれば
次回は一緒に名古屋巡りしたいなあと思っておりやす☆

141019_185642.jpg







posted by chie at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

仙台のシネマカフェ (千)

宮城の義実家へ帰省するたびに気になっていた仙台市内に
あるシネマカフェへ先日やっと伺うことが叶いました ぴかぴか(新しい)
私は最寄の地下鉄駅から歩いて行ったのですが 普通の住宅街の
中をクネクネ歩くので迷子になりやすいかと思います(私はなりました・苦笑)
仙台駅前からもバスが出ていてカフェのすぐソバで停車するので
バスがオススメかもです。 迷子になってお腹が空いたところだったので
ザータルチーズトーストセットをご注文。ザータルはパレスチナのハーブです。
美味しいー!!! ザータルすきすき〜☆

201404011115000.jpg

店内は映画関係の本で溢れていましたがオサレなものではなく結構シブイものが
多かったので、そこも共感大!!! カフェでは上映会も開催しており 主に
ドキュメンタリーだそうです。 共感大大!!!

201403311453001.jpg

ここはひとつ勇気をだして「実は、こんなやからでございます・・」自己紹介
しながらシネジャを差し上げると とても興味をお持ちになっていただきました ひらめき
お話しは尽きなかったのですが なんと帰り際に
「今度、原監督のイベントします」だなんて仰るじゃありませんか。
「また来ます!!!」 即答したのは言うまでもありません。
右岸の羊座 公式サイト
ちなみにゼリー的な甘いものをオマケに出してくださったり
とても優しい綺麗なお姉さん←オーナーさんでした。 月末が楽しみです。

posted by chie at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月17日

お盆休み (千)

短い夏休みに福島県へプチ旅行してきました。
まずは芭蕉と門人の曽良も泊ったと云う飯坂温泉
元祖ハッテンバでしょうか・・ 
公設浴場 「鯖湖湯」 は200円です☆

201308151222000.jpg



201308151335001.jpg


夜は福島駅前で フェスティバル福島に参加
絶対 フジロックより断然オススメ!!! 来年も必ず行くとココロに
誓った夜でした。フクシマが福島でFUKUSHIMAであることを
肌で感じました。福島県二本松市出身の遠藤ミチロウさんは櫓のテッペンで
唄い続けてくれてました☆

201308151809000.jpg


翌日は福島県須賀川市に在る自然食レストラン銀河のほとり
にてスタッフさんに教わりながらソーラークッカーを作って来ました
←思ってたより大変で時間もかかりましたが 料理するのが
楽しみです。

201308161345000.jpg


一泊二日の小旅行でしたが濃ゆいお盆休みでした。
駅近くの映画館の前も通りましたが時間が合わず断念・・
県立美術館は混んでて断念・・ また福島へ行きたい。
福島が大好きだーーーーーーー ぴかぴか(新しい)


posted by chie at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする