2020年08月30日

『追龍』に出てきた九龍城砦、今は公園になっています(暁)

2017年9月に香港に行った時、『追龍』の香港公開1週間くらい前だった。ちょっとのことで間に合わなかったけど、銅鑼湾(トンローワン)の時代広場にこの映画の大きな看板があるというので見に行った。地下道沿いにいくつか看板があって、人通りが途切れるところで何カットか写真を撮った。

PICT2449補正.jpg


この映画の日本公開にあたり試写状をいただいたけど、新コロナ禍中の緊急事態宣言があって自粛していて、結局試写室には行かれずDVDを借りて観た。でも失敗。これはやっぱり大きな画面で観なくてはと思い、映画公開が始まってすぐ映画館に観に行った。
30年以上も香港映画界で活躍してきた劉徳華(アンディ・ラウ)と甄子丹(ドニー・イェン)の2大スターが初共演と話題になっていたけど、警察と黒社会(ヤクザ)が結託していた1974年以前の香港の警察と黒社会の関係を描いている。賄賂を得ながら出世してゆく実在の警察幹部雷洛(リー・ロック役=アンディ・ラウ)と、中国本土潮州から香港に仲間とともに密航してきた伍世豪(ン・サイホウ役=ドニー・イェン)が、香港社会でのしあがろうとする姿が描かれ、かつてアンディが演じて大ヒットした『リー・ロック伝』(1991年公開。日本でも公開)と同じ時代を描いている。アンディはこの時と同じくリーロックを演じている。
*1991年のリーロック伝 公開タイトル
『リー・ロック伝/大いなる野望 PART I 炎の青春』
 (原題「五億探長 雷洛傳:雷老虎」)
『リー・ロック伝/大いなる野望 PARTII 香港追想』
 (原題「五億探長 雷洛傳U:父子情仇」)

この『追龍』に頻繁に出てきたのが九龍城砦。リーロックがここを仕切るボス・チウの息子のことで話をつけに九龍城に乗り込みますが、大波乱。九龍城の中で大立ち回りの末、リーロックを助けようとしたン・サイホウが、足を骨折し、以後、杖をつく姿に。この映画の中で再現された九龍城ですが、魔窟といわれた九龍城の姿が懐かしかった。入り組んだ構造と今にも壊れそうな建物。そして啓徳(カイタック)空港に降りる飛行機が頭上近くを飛ぶ姿も何回か出てきました。
これまで数々の映画の中で描かれてきた九龍城ですが、私が初めて九龍城のことを知ったのは張之亮(ジェイコブ・チョン)監督の『籠民』(1992)を東京国際映画祭で観た時。香港映画を観始めた頃で、香港のこともあまり知らなかった。中国などから来た不法移民たちが1畳ほどの鶏小屋のような網がはってあってベッドが並んでいる大部屋で暮らしている姿が描かれていた。ここは香港警察も中国も手が出せない無法地帯で「魔窟」と呼ばれていた。建物の老朽化と治安の悪化から取り壊しが決まり、それに住宅の取り壊しが決まり、それによる住民たちの動揺や迷い、結束などが描かれている
対して反対をするというような作品で、とても感動的なだった。この作品で香港映画に興味を持った、私にとっては記念すべき作品。、喬宏(ロイ・チャオ)やBEYONDのメンバー、寥啓智(リウ・カイチー)、テディ・ロビンなどが出ていた。BEYONDのリードボーカル黄家駒(ウォン・ガークイ)は1993年に日本のTV局での事故で亡くなってしまった。
その1993年頃に九龍城砦は取り壊され、その後は「九龍塞城公園」に。啓徳空港も1998年に閉港され、今はランタオ島にある香港国際空港へと香港は大きな変化をしていった。なので、あの頭上を大きな飛行機が通りすぎる様子は、九龍では見ることがなくなった。もう20年以上の月日がたつ。
2018年に香港に行ったとき「九龍塞城公園」に行ってみた。私は映画でしか九龍城砦を見たことがなかったけど、あのなんともいえない怪しげな様子は、今は昔で、すっかり南国の公園になっている。
皆さんも機会があったら行ってみたらいかがでしょう。

DSCN5729補正.jpg
こんな感じの門も


●DSCN5628補正.jpg
12支の石像も


●DSCN5745補正.jpg
九龍城の歴史や回想をするコーナーも

DSCN5750補正.jpg
こんな展示も

DSCN5779補正.jpg
こんな場所も
posted by akemi at 20:42| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月05日

一升瓶に入ったワイン 「五一ワイン エコノミー」を買ってみました(暁)

あわただしく年末と新年を迎えました。
香港の状況が心配です。予断を許さない状況になっているような気がします。なんとか解決に向うといいのですが。どうなっていくのでしょう。
今年もいろいろな作品を観て、いろいろな出会いがありますように。

昨年末(2019)、『世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ』の初回試写に行ったのですが、京橋テアトル試写室での上映だったからというのもありました。この日、京橋の明治屋で、正月用に買いたいものがあったのです。それで、ちょうど京橋の試写室であったこの作品を観にいったのでした。
買いたかったもの、それは「五一ワイン エコノミー」という銘柄のワインでした。実は3年前、北アルプス乗鞍岳の開山祭(山菜祭り)の時に、山菜蕎麦とともに振舞われたワインがとてもおいしくて、商品名を聞いたら「五一ワイン エコノミー」といわれたのですが、信州のアンテナショップに行っても置いてなくて、日本のワインを置いているワインショップにもなく調べてもらったら、なんとネットでは一升瓶で売っているとのことでした。買いたいけど一升瓶では冷蔵庫に入らないし、一人暮らしの身としては、さすがにこんな量を飲むのは難しいと思い、あきらめていたのですが、去年、信州塩尻峠に行く機会があり、この塩尻にある五一ワインのワイナリーを訪ねてみました。ここなら一般用と同じ750mlサイズのものを置いているかもしれないと訪ねたのですが、やはり一升瓶のものしかありませんでした。

五一ワイン一升瓶小.jpg

それで買うのをあきらめていたら、半年くらい前、京橋の試写の帰りに明治屋に寄った時、そのワインが売っているのをみつけました。ここには他のメーカーの一升瓶ワインも置いてあり、やはりレストランなどの需要があるからだなと思ったのですが、明治屋に置いてあるぐらいだから、やはり、それなりにおいしいから置いているのだろうと思いました。一升瓶で1700円台の値段なので、ほんとにエコノミーなのですが、さすがに買うのは無理と思い、この近くのこのワインを置いている店で飲むしかないかなと思っていたら、そこでワインの宣伝をしていた人から「750mlの瓶、3本に分ければ冷蔵庫に入りますよ」と言われ、なるほどと思い、それからワインの瓶を3本ためるのに4ヶ月くらい。やっと3本空き瓶ができたのと、正月には実家に帰るから1本は持っていけるので年末にこのワインを買おうと思ったのでした。
この日、試写の帰りに明治屋に行き、このワインを買ったのですが、やっとこのワインを買えるとワクワクしました。それにしても、自分用として一升瓶の酒なんて、日本酒でも買ったことがないのでドキドキしました。それに1時間もかけて電車に乗って家に持って帰ったので、割れないかとヒヤヒヤしました。無事、家にたどり着き、3本の瓶に分けてほっとしました。そして飲んでみました。飲んだ感じは、3年前に飲んだワインとちょっと違う感じがしましたが、冷やして飲んだら違うかもと思って飲んでみたら、やはり冷えているか、合うつまみがあるかで違いました。チーズととても合うワインでした。
この3、4年の間に、7,8ヶ所のワイナリーを訪ねていますが、去年公開された『ジョージア、ワインが生まれたところ』『ワイン・コーリング』で「自然派ワイン」という言葉を初めて聞き、日本にもそういうところがあるのか、訪ねてみたいと思いました。また、ワイナリーめぐりの楽しみなどスタッフ日記に書いてみようと思います。

と、書いたところで、ピースボートの世界一周の船旅でウルグアイの首都モンテビデオに行った時に、郊外にあるワイナリーを訪ねたことを思い出しました。モンテビデオでの旅の前半と後半については、スタッフ日記「2019年、最後に観た映画は『世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ』でした」に書きましたが、独立広場を見た後、郊外にあるワイナリーを訪問しました。モンテビデオからバスで約1時間くらいのところにある、ウルグアイ一広いという葡萄畑に着き、葡萄畑とワイナリーを見学。ひとつの会社?公社?が運営している葡萄畑のようだったけど、日本では見たこともない広大な葡萄畑でした。
行ったのは2月。日本では冬だけど、南半球のウルグアイでは夏〜秋の頃。熟していない葡萄も多かったけど、見学したのは熟した葡萄畑でした。そしてワインの熟成庫へ。こういう熟成庫がいくつもあると言っていました。その後、レストランに行き、ワインの試飲兼ランチ。白ワインと赤ワインを5、6種試飲しながらチーズなどのつまみを。ワインとつまみで結構、中腹に。その後、大きな塊の肉と野菜。それにしてもすごい量。400g以上はあるんじゃないかな。日本人にはとても食べきれない量を、こちらの人たちは食べます。ブラジルでもアルゼンチンでも肉が出ると半端な量でなかった。半分くらいは頑張って食べたけど食べきれずでした。それにデザートのプリンやアイスクリームなども半端な量ではなく、お腹いっぱい。ランチタイムのあとはワインを買いに。日本円にして1500円くらいの白と赤のワインを買いました。そうこうしているうちに、突然、音楽が始まって、アルゼンチンタンゴの模擬演技が始まり、皆さんカメラを取り出し撮影タイム。何曲か踊ったあと、参加者から希望者を募って踊っていました。盛りだくさんのワイナリー訪問のあと、ウルグアイのホセ・ムヒカ元大統領に会うため船にもどったのでした。この話は下記を参照。

2019年、最後に観た映画は『世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ』でした(暁)
http://cinemajournal.seesaa.net/article/472899054.html

ウルグアイ、モンテビデオ近郊のワイナリーにて
P1030126.jpg

P1030140補正.jpg

P1030176補正.jpg


ウルグアイのワイン
●ウルグアイのワイン2.jpg

●P1120305補正3.jpg
posted by akemi at 20:48| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月07日

久しぶりの角館、イラン人の女将を訪ねました (咲)

10月5〜6日、秋田・角館に行ってきました。
20代の頃、足繁く通った「まつばユースホステル」の常連仲間の集まり。
当時は9時間位かかったのに、今や東京から新幹線で3時間。お昼前には到着。
2時の集合前に町を散策。
駅からまっすぐ行った右手にあった映画館は、7〜8年前に来たときには、まだ痕跡があったのですが、もうどこにあったかもわからなくなってました。
昔馴染みのお店でランチをと入ったら、案の定、お仲間が。

2時、15人が集まり、車で10分ほどの老人施設にユースホステルのおばさんを訪ねました。父と同じ大正11年生まれの97歳。おばさんにはよく怒られたものですが、お眠むの時間だったのか声も出なくて、ちょっと寂しい。でも、皆からのお小遣いを進呈した時には、嬉しそうな顔をされて、大事そうに懐にしまわれたので、おばさん健在!とほっとしました。

3時過ぎには宿にチェックイン。お風呂に入ろうとしたら、散策に行くという人たちがいたので、一緒に町へ。
P1290873 320.JPG
桜の季節には、大勢の観光客で賑わう桧木内川沿いの並木道もひっそり。よくこの河原でお花見したよねと。
P1290881 320.JPG
武家屋敷も土曜日なのに人がまばら。(これはお仲間の後ろ姿)

夜の宴会では、当時高校生だった最年少のK君が集金係。そんな彼も某大手銀行の支店長を務め、役職定年後、子会社にいるという年代に。
顔を合わせれば、あっという間に当時の気分。
年齢も職業も様々な、なんの利害関係もない、ただただ同じ場所で青春時代を過ごしたというだけの繋がり。実は、角館では会ってない人も。それでも思い出を共有できるのが不思議。

翌日、9時には元のユースホステルへ。
まずはお墓参りしてから、栗拾い。
栗ご飯とキノコ汁のお昼ご飯。
P1290916 320.JPG
ユースホステル時代に、一番お世話になった2階の和室も覗いてみました

三々五々に帰宅の途に。
午後ゆっくり帰る人たちと、かつては一日3往復しかなかった角館線の終着駅だった松葉駅に行ってみました。
P1290929 320.JPG
今は、秋田内陸縦貫鉄道となり本数も増え、田沢湖に近いこともあって、ツアー客がバスでここで降りて鉄道に乗り角館に出るというのも定番になっているようです。
P1290930 320.JPG
この日も、台湾の団体客がどっとバスから降りてきました。
P1290931 320.JPG
ルビー色のそば畑が綺麗でした。

2時過ぎ、秋田のKさんの車に乗せていただいて、まずは角館駅のロッカーに荷物を預け(ロッカー最低400円になっててびっくり!)、武家屋敷町の外れにある百穂苑まで送ってもらいました。
P1290973 320.JPG
ここの奥さまがイラン人。もう30年程前に偶然入って、飾ってある絨毯などからピンときて、イラン人とわかったのでした。その後、2回位訪ねているのでさすがに覚えていてくれました。ちょうどランチのお客様が帰ったので、ゆっくりお話してきました。
P1290954 320.JPG
百穂苑に展示されているイランのものたち

P1300012 320.JPG
安藤醸造に寄って買い物をして、下級武士の屋敷町を抜け、ゆかり堂でかりんとうを買って、6時ちょっと前に角館駅に滑り込み。
いい旅でした。



posted by sakiko at 22:29| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月04日

済州島の旅(1) イ・ビョンホン贔屓の運転手さん   (咲)

7月28日(日)〜31日(水)の3泊4日で済州島に行ってきました。
妹がエアーとホテルのパッケージを予約してくれて、夏休みに入った妹の孫の小学校5年生の男の子を連れての旅。
ばばぁ二人に文句言わずについてきてくれて、ありがたいことです。もっともママの目がなくて、ゲームし放題なのが嬉しいらしい。

空港に着いて、まず観光案内所へ。
お目当てのイ・ジュンソプ美術館も、4・3記念館も、いずれもパンフレットはありませんでした。地図やバスの路線図は確保。

ホテルは新済州市にあるメゾングラッド。地図をみたら、数年前に来たときと場所が同じ。以前は済州グランドホテルでした。繁華街にあるので便利。
翌日のお昼に豚肉料理を食べることになっていたので、着いた日の夜は牛肉にしようと、町中の観光案内所でお薦めのお店を教えてもらいました。でも、行ってみたら、広いお店でちょっと気が向かなかったので、途中で見かけた落ち着いた佇まいの「安東牛肋」へ。
P1290403 cheju.JPG
これは大正解。6時前で空いていたのですが、後からどんどん地元の家族連れがやってきました。お肉も柔らかくて美味しいので追加もしたのに、3人で7500円位。

29日(月)は、妹がKONESTのツアー「東側+牛島コース」を予約してくれていました。
9時にホテルのロビー集合というので行ってみたら、なんのことはない、私たち3人だけ。日本語の出来るタクシーの運転手さんが出迎えてくれました。
P1290430 cheju.JPG
まずは、世界唯一の平地噴火口「サングムブリ」
広々として気持ちのいい大自然。
映画『恋風恋歌』やドラマ「結婚の女神」のロケ地だそうです。
遠くに、韓国で一番高いハルラ山が見えました。

次に、済州民俗村へ。
かつての中心地で役所もあったところ。
古い民家が百軒以上残されていて、今も人が住んでいます。
住民の女性が説明をしてくださいました。
済州島では男は働かず、複数の妻が働き詰めだったそう。(まったく〜)
P1290451 cheju.JPG
中でも水汲みは重要な仕事。甕を背負った像をあちこちで見かけました。
P1290487 cheju.JPG
城壁の向こうは、位の高い人たちが暮らすエリア
P1290476 cheju.JPG
古い民家を利用した食堂でランチ 豚肉の味噌炒めとチヂミ

フェリーに乗って牛島(ウド)へ
P1290524 cheju.JPG
車に乗ったままフェリーに。外に出ようとしたら、暑いから車に乗ったままでと言われ、乗車したまま牛島へ。15分程で到着。なんだか島に渡った気がしませんでした。
P1290527 cheju.JPG
牛島は、『連理の枝』『イルマーレ』をはじめ、映画の撮影地としても有名・・・とのことなのですが、さてはて・・でした。
P1290504.JPG
風光明媚な崖。
妹がかつて住んでいた隠岐・西ノ島の魔天崖みたいと!
P1290508 cheju.JPG
名物のピーナッツをかけたソフトクリームはあっさりした味。
P1290531 cheju.JPG
帰りは、車から出て、船の最上階へ。やっぱり、風をあびながらじゃないと!
P1290537.JPG
城山日出峯。ここも風光明媚。牛島がすぐ向こうに見えました。

帰路、運転手さんに「映画館で映画を観ますか?」と聞いてみました。
「いや〜映画は観ないね。もっぱらテレビで歴史ドラマ」との答えが返ってきました。
「チャングム、トンイ、オクニョなど、いいね」と。
でも、私が「オクニョのコ・スが好き」というと、「あの人、韓国人じゃないね。まるで外人」
ふ〜ん、そう見えるのか。

妹が、「ユ・ヘジンさんが好き」というと、
「あの人、演技はいいけど、顔が悪いね」
私が、「チョン・ウソンとイ・ジョンジェが好き」というと、
「チョン・ウソンねぇ・・(と、なぜか含み笑い!)、イ・ジョンジェはいいね。でも、今出てるドラマはつまらないから見るのをやめた」
「砂時計のイ・ジョンジェ、よかったですよね」と私。
「あれで有名になったからね。しゃべらないのにね。でも、砂時計、イ・ビョンホンがいいね。彼はハリウッドにも進出したしね。そうだ、映画といえば、『王になった男』は観にいったなぁ」
そうっか〜 運転手さん、イ・ビョンホンがお好きなのね。
普段行かない映画館にも行ってしまうのですから!

最近は、中国の歴史ドラマもよく見ているそう。
そんな話をしているうちに、帰りはあっという間にホテルに着きました。
運転手さん、誰かに似てると思ったら、キム・サンホさんでした!
一日、ありがとうございました。

P1290415.JPG
この写真では、キム・サンホさんに似てるかどうかはわかりませんが、こんな方でした!







posted by sakiko at 21:56| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月30日

田川に山本作兵衛さんの絵を見に行ってきました(暁)

5月下旬から6月1週目まで、山口から九州へと旅行してきました。一番の目的は終括。長年溜め込んでいた映画チラシを捨てるに捨てられず、どこか引き取ってくれるところはないかということで探していたのですが、周南絆映画祭のフリマで引き取って置いてくれるというので、段ボール5箱分くらいを車につんで行きました。
周南絆映画祭(6月1,2日)が始まる数日前に届けて、そのまま九州へ行こうと思いましたが、3日くらい前だったので、行ったことのない秋吉台や萩などを回って3日をすごし、その後、この映画祭に参加しました。

周南絆映画祭のレポートはこちら

その後、九州に向ったのですが、予定を定めない旅。小倉に行ったら、田川が近いことを知り、「田川市石炭・歴史博物館」に行ってみようと、向ったのでした。『作兵衛さんと日本を掘る』で熊谷博子監督にインタビューした時、この博物館の話が出て、山本作兵衛さんの絵を展示しているという話を聞き、興味を持ったのです。

熊谷博子監督インタビュー記事はこちら

博物館からの眺め.jpg
博物館からの眺め

この田川市石炭・歴史博物館は、福岡県田川市にあり、筑豊地方最大の炭鉱だった三井田川鉱業所伊田坑の跡地に、田川市石炭資料館として1983年オープン。石炭を主テーマとするユニークな館として、資料の収集・展示・保管、教育普及、調査研究などの活動を行ってきたそうです。2005年に博物館法に拠る博物館として、「田川市石炭・歴史博物館」に改称されました。
博物館の案内.jpg
博物館の案内
所蔵資料のうち約1万5千点が石炭関連資料。そして、石炭資料のほかに、日本最古級の馬形埴輪や甲冑形埴輪、セスドノ古墳から出土した古墳時代の武器・武具・馬具などが展示されています。また、天台寺跡(上伊田廃寺)から出土した日本一華麗な文様といわれる新羅系瓦などの考古・歴史資料も収蔵・展示しています。
2011年(平成23年)に、日本で初めてユネスコの世界記憶遺産に登録された「山本作兵衛コレクション」697点のうち、627点を所蔵し、期間を決めて順繰りに展示しているそうです。
屋外には実際に炭坑で使用された大型機械類や、復元の炭坑住宅も展示されています。隣接する石炭記念公園内で田川市のシンボルといえる二本煙突と竪坑櫓の姿を見ることができます。
あいにく、博物館の中は撮影禁止で写真撮影はできませんでしたが、外の展示物などは撮る事ができました。
田川市のシンボル二本煙突と大型機械.jpg
田川市のシンボル二本煙突と石炭を掘る大型機械

田川市のシンボル竪坑櫓.jpg
田川市のシンボル竪坑櫓
作兵衛さんの絵をまとめては見ることができなかったけど、部屋中に作兵衛さんの思いを感じる絵の展示がありました。それに明治から日本を支えてきた石炭産業を通して、日本のエネルギーの歴史を垣間見ることができます。もし興味を持たれた方がありましたらぜひ行ってみてくださいね。

【所在地】〒825-0002 福岡県田川市大字伊田2734番地1
【電話】0947-44-5745

作兵衛さんの絵は撮影禁止で撮れなかったので、映画『作兵衛さんと日本を掘る』から提供された作兵衛さんの絵を貼ります。

SAKUBEI_main.jpg
cYamamoto Family
posted by akemi at 22:40| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする