2014年10月21日

愛知県へ☆ (千)

先月下旬、長らく勤務していた職場を離れて・・
友人(カメラマン)からお声が掛かって 現在、野外撮影(ロケ)の
お手伝いしてます 手(グー) 先日は愛知県知多半島の方面へ ダッシュ(走り出すさま)
そして、お仕事終えて帰る時、名古屋のシネマスコーレへ寄ってみました!!

141019_170906.jpg


ちょうど監督の三回忌に合わせて若松孝二監督特集が開催中で
『聖少女拷問』 を観て来ました。物販コーナーにシネジャを発見☆

141019_171421.jpg


ありがとうございます!! そして斜め向かいにある ロジウラのマタハリさんで
ビール呑みながら一休み。。 こちらもレジ前にシネジャが☆

141019_184439.jpg


ありがとうございます!! 名古屋と言えば先輩スタッフ(美)さんの地元ですが
今回は編集会議の関係でお会いできず あせあせ(飛び散る汗) また愛知へ行く機会があれば
次回は一緒に名古屋巡りしたいなあと思っておりやす☆

141019_185642.jpg







posted by chie at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

仙台のシネマカフェ (千)

宮城の義実家へ帰省するたびに気になっていた仙台市内に
あるシネマカフェへ先日やっと伺うことが叶いました ぴかぴか(新しい)
私は最寄の地下鉄駅から歩いて行ったのですが 普通の住宅街の
中をクネクネ歩くので迷子になりやすいかと思います(私はなりました・苦笑)
仙台駅前からもバスが出ていてカフェのすぐソバで停車するので
バスがオススメかもです。 迷子になってお腹が空いたところだったので
ザータルチーズトーストセットをご注文。ザータルはパレスチナのハーブです。
美味しいー!!! ザータルすきすき〜☆

201404011115000.jpg

店内は映画関係の本で溢れていましたがオサレなものではなく結構シブイものが
多かったので、そこも共感大!!! カフェでは上映会も開催しており 主に
ドキュメンタリーだそうです。 共感大大!!!

201403311453001.jpg

ここはひとつ勇気をだして「実は、こんなやからでございます・・」自己紹介
しながらシネジャを差し上げると とても興味をお持ちになっていただきました ひらめき
お話しは尽きなかったのですが なんと帰り際に
「今度、原監督のイベントします」だなんて仰るじゃありませんか。
「また来ます!!!」 即答したのは言うまでもありません。
右岸の羊座 公式サイト
ちなみにゼリー的な甘いものをオマケに出してくださったり
とても優しい綺麗なお姉さん←オーナーさんでした。 月末が楽しみです。

posted by chie at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月17日

お盆休み (千)

短い夏休みに福島県へプチ旅行してきました。
まずは芭蕉と門人の曽良も泊ったと云う飯坂温泉
元祖ハッテンバでしょうか・・ 
公設浴場 「鯖湖湯」 は200円です☆

201308151222000.jpg



201308151335001.jpg


夜は福島駅前で フェスティバル福島に参加
絶対 フジロックより断然オススメ!!! 来年も必ず行くとココロに
誓った夜でした。フクシマが福島でFUKUSHIMAであることを
肌で感じました。福島県二本松市出身の遠藤ミチロウさんは櫓のテッペンで
唄い続けてくれてました☆

201308151809000.jpg


翌日は福島県須賀川市に在る自然食レストラン銀河のほとり
にてスタッフさんに教わりながらソーラークッカーを作って来ました
←思ってたより大変で時間もかかりましたが 料理するのが
楽しみです。

201308161345000.jpg


一泊二日の小旅行でしたが濃ゆいお盆休みでした。
駅近くの映画館の前も通りましたが時間が合わず断念・・
県立美術館は混んでて断念・・ また福島へ行きたい。
福島が大好きだーーーーーーー ぴかぴか(新しい)


posted by chie at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

田中正造記念館へ (千)

先日 念願だった田中正造記念館を訪れました!!!
小さな駅を降りて 小さな建物なのですが 中味は濃い、濃すぎる ひらめき
電車の乗り継ぎが上手くゆかず 午後の遅い時間に到着しました。。
もったいない・・ ココ1日居れます。 DVDを鑑賞したり
絶版になってる本を見たり もっともっと居たかったです。
ボランティア?? のオジサマが解説してくださった カラミ
←コレが渡良瀬川に流れて・・ 公害のモトに・・
201306231552000.jpg

田中正造記念館
201306231625000.jpg

公害の原点と云われている足尾鉱毒事件・・ 
ぜひ皆様も訪れてみてくださいです 
足尾鉱毒事件田中正造記念館




posted by chie at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

韓国から帰った直後に観た『建築学概論』の余韻に浸る日々 (咲)

もう1週間前のことになってしまいましたが、20日〜22日、北の将軍様の脅しにもめげず韓国に遊びに行ってきました。大韓航空は満席。行ってしまえばなんのその。ソウル汝矣島の満開の桜が出迎えてくれました。
21日、ソウル〜全州間の外国人観光客だけが利用できる無料シャトルバスを利用して全州へ。
IMG_8471.JPG
片道3時間が無料。 観光客誘致策とはいえ太っ腹〜
ソウル:光化門・東和免税店前 8時発 
全州:韓屋村公営駐車場 夕方5時発
2013年8月25日(日)までの金土日運行。
予約はこちらで http://jeonju.chesstours.co.kr/jp/index.php  
空席があれば当日でもOKですが、この日は往復とも予約で満席。5分前に空席があるからとごり押しして乗り込んだ人たちが、直前に予約した人たちが来て降ろされてました。

朝7時、バス乗り場の光化門広場に着いたら、撮影隊が。テレビドラマなのか映画なのかは聞きませんでしたが、定位置に立ち止まった10数人が監督のキューで、何度も歩き始めていました。イケメンの男の子がいたので、もしかして名の知れた子だったかも。
IMG_8464 satsuei.JPG
春の花が美しい沿道を楽しみながら、定刻で全州着。韓屋(ハノク)が約700軒密集して残る町並みをそぞろ歩き。全州国際映画祭の案内がはためいていて、そういえばもうすぐ映画祭だったと思い出しました。(帰ってから確認したら、期間は4月25日から5月3日。クロージングはなんとサウディアラビア作品でした。観たい・・・)
IMG_8487 JIFF.JPG
右端に全州国際映画祭の案内がはためいています。
IMG_8523 ie.JPG
IMG_8481 ie.JPG
全州で韓屋村の散策を楽しんだ翌日、旅の最終日もソウルで北村(プクチョン)の韓屋が軒を連ねる町並みを散策。景福宮と昌徳宮に挟まれたところにある北村は、つい最近観た映画では、ホン・サンス 監督の『次の朝は他人』で、ユ・ジュンサン演じる主人公が徘徊していた情緒ある地区。キム・ギドク監督の『悲夢』も、北村の嘉会洞(カフェドン)の韓屋で撮影しています。
IMG_8639 hanok.JPG
嘉会洞の町並み

韓屋をたっぷり楽しんで韓国から帰った翌々日『建築学概論』の試写へ。大学の「建築学概論」の講義で、教授が建築学はまず自分の住む周りを知ることからと、学生たちに住む場所を尋ねます。建築学科以外の学科も受講できる講義で、建築学科のスンミンは、音楽学科のソヨンが自分と同じチョンヌンに住んでいることを知ります。二人で自分の住む地域を知るという宿題に取り組みます。古い韓屋(といっても、かなり庶民的)も点在する町チョンヌンってどこ?と思っていたら、漢字で貞陵洞と出てきました。実は、この地名、初めて韓国に旅をした1995年2月の下調べのノートに古い町並みとして書き残されていたのでした。当時、韓国観光公社で行き方を尋ねたら、「遠いし、たいしたことないですよ」と言われたのです。ほかに古い町並みは?と尋ねたのですが、教えてもらえませんでした。当時は北村も注目されていなかったのですね。韓屋の宿に泊まりたいと思ったけれど、「日雇いの人が日中に泊まったりするような宿で、お嬢さんには向かないですよ」と言われたのでした。(ちなみに、電話で問い合わせたので、こちらがお嬢さんかどうかは声だけの判断!) 今は韓屋の良さが見直され、観光資源としても注目されているし、韓屋ステイとして、宿も続々できています。
話がそれましたが、『建築学概論』は、そうして二人で町を巡るうちに淡い恋心が芽生えるのですが、奥手の彼は打ち明けることもできないうちに、彼女は違う町に引っ越してしまいます。そして、15年が経ち、建築家となった彼のところに彼女が済州島の実家の建て直しを依頼しにきます。さて、再会した二人がどうなるかは、ぜひ映画を観て確認ください。きっと誰しもが、自分の初恋を思い出して切ない思いにかられることと思います。
韓国の旅と共に、いまだに映画『建築学概論』の余韻に浸っている私です。

『建築学概論』5/18より新宿武蔵野館ほか全国順次公開
344135_002.jpg
(C) 2012 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved
ハン・ガインとオム・テウン  なんともいいのです・・・
posted by sakiko at 21:36| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする