2021年05月16日

下高井戸シネマで『異邦人 デジタル復元版』 アルジェでイタリア語?! (咲)

もう10日前のことになってしまいましたが、5月5日に下高井戸シネマで『異邦人 デジタル復元版』を観てきました。
ヒューマントラストシネマ有楽町で上映していた時に、時間が取れなくて残念に思っていた作品でした。

下高井戸シネマさんには、いつもシネマジャーナルの販売を委託していて、今回、104号が4月末に出来上がったので、納品を兼ねてのグッドタイミングでした。
去年、お預けしたシネマジャーナル103号の精算をお願いしていたのですが、完売していて、嬉しい限り♪

104号に掲載している映画で、下高井戸シネマさんで上映されるのは、
『天国にちがいない』5/15〜21
『チャンシルさんには福が多いね』5/15〜21
『天外者(てんがらもん)』5/22〜6/4
『けったいな町医者』6/19〜25
『痛くない死に方』6/19〜25
『夏時間』6/26〜7/2

中でも、『天外者(てんがらもん)』出演の三浦春馬さん追悼を4ページにわたって掲載しています。
下高井戸シネマで映画をご覧になった折には、ぜひシネジャもご購入いただければ嬉しいです。

さて、『異邦人 デジタル復元版』。
5月5日、緊急事態宣言が出されている中、朝10時からの上映に、多くの方が観にいらしてました。油断して、9時40分頃に行ったら、通路際の席は、前から2番目しか空いてませんでした。

*作品データ*
『異邦人 デジタル復元版』
ihoojin.jpg
1967年/イタリア・フランス/1h44
監督:ルキノ・ヴィスコンティ
原作:アルベール・カミュ
出演:マルチェロ・マストロヤンニ、アンナ・カリーナ

キネマ旬報ベストテン 第8位
配給:ラビットハウス

「太陽が眩しかった」という理由で人を殺した男を通し、人の不条理意識を巧みに描いたカミュの小説をヴィスコンティが映画化。イタリア語版で甦る!


という触れ込みでした。
テレビで吹き替え版を観たことがあるのかどうか、記憶はあやふやなのですが、殺した理由が、「太陽が眩しかった」からというのは、なぜだかはっきり知ってました。

マルチェロ・マストロヤンニ演じる主人公の会社員ムルソーが、アルジェから郊外の老人施設にバスで向かう冒頭の場面。アルジェの海岸線は、『望郷』で観た光景と同じ。
町のアラブ人(もしくはベルベル人)の風俗も、それなりかなと。
後半は法廷での場面。
第二次世界大戦前が舞台ですから、もちろん、フランスの直接統治下。
なのですが、使用言語はイタリア語!

名作なのはゆるぎないのですが、アルジェでイタリア語はなんとも違和感がありました。
これが、隣国リビアなら旧宗主国はイタリアなのですが・・・

ま、映画ではままあることと、名作を観ることができたことに感謝です。
posted by sakiko at 20:03| Comment(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月04日

『ラモとガベ(原題)』@岩波ホールで久しぶりの神保町 (咲)

3月13日(土)から岩波ホールで開かれていた特集上映<映画で見る現代チベット>の最終日の4月2日(金)、1時からの『ラモとガベ(原題)』を観に行ってきました。
最終日で混むだろうと、早めに行ってチケットを購入。
1席おきとはいえ、やっぱり通路際の好きな席に座りたいし、映画の前に「ろしあ亭」でロシア料理を食べたいという思いもありました。

久しぶりの岩波ホール。
地下鉄から地下1階にあがったら、2軒あったお食事処はシャッターが下りてました。廊下の奥にあるお手洗い(一応お食事処専用だった)も閉まってました。
そして、「岩波ホールのチケットは10階で購入ください」との案内板。かつては、1階で販売していました。
しばらく行かないうちに、いろいろ変わりました。

11時半過ぎには、ろしあ亭へ。
世界一美味しい豚肉料理グリヤーシか、ロールキャベツか迷って、結局ロールキャベツに。美味しかったです♪
ボルシチは、レストラン「マトリョーシカ」の方が美味しいかな。

食べ終わった12時頃には、続々人が入ってきたので、早々に退散。
久しぶりに神保町を歩いてみました。
お堀端まで行って桜・・・と思いましたが、手前ですでに葉桜なのがわかってやめました。

いろいろな語学書や辞書を置いている山田書店は健在かしらと行ってみました。
ここは美術書や浮世絵がメインのようですが、語学書や旅本もあるので、かつてよく利用していました。
語学書や旅本がすっかり少なくなっていたので、伺ってみたら、今や、どちらもネットの時代になって売れないとのこと。夏頃には在庫セールをして、取り扱い品目を変更するそうです。
恩師と先輩が編纂した小辞典が、定価8000円のところ、2000円になっていたので、ほかの旅本と一緒に購入。お釣りが多くて、え?と思ったら、もう1000円でいいですよと。
お安くするので、ほかにも欲しいものがあったら・・・と言われ、アルバニア語単語帳を200円でゲット。なんだか申し訳ない思い。

さて、楽しみにしていた『ラモとガベ(原題)』
先に観たMさんから、よくわからないところがあったと言われていたので、一生懸命観ていたのですが、ところどころふっと寝てしまいました。(でも、肝心なところは見逃してないと思います。)

物語は・・・
ラモとガベが婚姻届を出しに行くと、ガベは結婚しているから、離婚してから来いと言われます。思えば、4年前に結婚が決まったのに、相手の女性から結納品が返されて、ガベは恥をかかされたのでした。結婚届を出したつもりはなかったのに、誰かが出してしまったらしいとわかり、とにかく離婚手続きが必要。ところが、婚姻届上の妻は、出家しているとわかり、本来、結婚出来ない身だから、役所に行けないといわれます。仕方なく死亡届の偽造を依頼するガベ。そうこうするうち、役所の担当者を連れて、寺に行き、婚姻届上の妻から離婚届にサインをもらい、離婚は成立します。
一方、ラモは、正月に行われる英雄叙事詩「ケサル王物語」の歌舞劇で、罪のために地獄に落ちた女性アタク・ラモの役を演じることになっていて、稽古に大忙し。積み深い女性の役はしたくないとごねるのですが、謝礼が結構な高額なのでやめるわけにもいきません。
ラモには小学生の甥っ子がいるのですが、その子が学校でいじめられると言って不登校に。それまたラモの悩みなのですが、実は、いじめられている理由を聞いて、ラモはびっくりします。ここからは、物語のキモなので明かしませんが、ラモとガベは無事結婚できるのかどうか、機会があったら、ぜひ映画をご覧ください。
Lhamo and Skalbe_2.jpg

『ラモとガベ(原題)』 
原題:拉姆与嘎贝 英語題:Lhamo and Skalbe
監督:ソンタルジャ
出演: ソナム・ニマ(ガベ)、デキ(ラモ)、スィチョクジャ(ジャシ)
詳細:https://note.com/moviola/n/ne5414579373d

posted by sakiko at 19:46| Comment(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月14日

『モルエラニの霧の中』やっと観に行けました(暁)

moruerani_poster_R.jpg
c室蘭映画製作応援団 2020

『モルエラニの霧の中』ずっと気になっていたのですが、なかなか観に行けずにいました。でも3月12日の岩波ホールでの最終上映に行くことができました。リニューアル後の岩波ホールにも初めて行きました。
最初の試写案内が来たのが11月でちょうど東京国際映画祭の最中だったので行くことができず、公開(2月6日)されたらと思っていたのですが、公開されたときには、またコロナの影響で自粛生活であまり外にもいけないでいました。それでも何度も行く計画を立てたのですが、3時間34分という長さの作品なので、思い切りが必要でした。それにもう少し長く上映が続くと思っていたので伸ばし伸ばしになっていました。
12日は12:30〜からの映画美学校(ユーロスペース地下)での『のさりの島』の試写のあと、ユーロスペースで公開されている『夏時間』の15時15分からの回を観て帰ろうと思っていました。この『夏時間』も試写を観そびれてしまっていた作品で、ちょうどこの日は時間が合ったので3Fのユーロスペースに上がって、映画までの時間、チラシを見ていたら、岩波ホールで13日から始まるチベット映画特集のチラシをみつけました。「ということは『モルエラニの霧の中』は今日まで?」と思い、岩波ホールに問い合わせたら「本日16時からの回が最終」と言われ、迷った末、まだ間に合うかもしれないと15時すぎに慌てて神保町に向かったのでした。今日、観なかったらまた観のがしてしまうかもしれないという気持ちでした。この作品は室蘭を舞台にした作品ということで、とても気になっていました。
*参照 特集上映<映画で見る現代チベット> 『ラモとガベ(原題)』日本初上映情報はこちら

岩波ホールに着いたのは映画開始5分くらい前でしたが、ほぼ満員状態(コロナの影響で座席は一人おきですが)でした。それに映画が終わった後に坪川拓史監督と出演者の菜葉菜さんが舞台挨拶に登場したのでびっくりしました。それで満員状態だったのかも。監督は50回目の舞台挨拶と言っていたけど、岩波ホールでの映画公開中、ほぼ毎日舞台挨拶していたのかしら。すごい!
moruerani_main__R.jpg
c室蘭映画製作応援団 2020

この作品は室蘭を舞台にして、室蘭とそこに住む人々を抒情的に描いた作品で、とても心に響きました。北海道が大好きで何度も行っているのですが、室蘭は通過地点で通ったことがあるというだけで行ったことがありませんでした。でも、この作品を観て、これまで室蘭に行ったことがないのを残念に思いました。監督はこの映画ができるまで7年もかかったと言っていましたが、その年月を経ての映画、時間の流れ、町の変化も感じました。室蘭を強調してはいないけど、この地に対する想いというのが伝わってきます。この地の景色、四季の移ろいの中に、ここに生きる人々の姿が映し出されます。プロの俳優さんも10数人出演しているけど、地元の方の出演も多いとのこと。時には本人も出ているというのを後で知りました。
室蘭と言えば、かつては鉄の町として栄え、室蘭工業地帯と学校では習った記憶があります。人口は1969年に18万人ということもあったけど、今は10万人以下という状態。かつて栄えた地方都市といった風情。12日の試写で見た『のさりの島』もかつて栄えた天草の商店街を舞台にした作品だったので、かつて栄えた日本の地方都市の衰退というのを考えさせられました。
「ここに生きる人々の息づかいを映画に残したい。そして、この街を知ってほしい」という監督の思いに、町の人たちが呼応してこの映画が作られたというのも納得の、ここに生きる人々の息づかいが感じられる作品でした。ここに生きる人の「記憶」が語られることで、観客の記憶にも残る作品に仕上がり、室蘭の姿が伝わってきました。
監督・脚本・音楽を務めたのは、長万部出身で、東京から北海道室蘭市へ移住した映画作家・坪川拓史。街の人々から聞いたエピソードを元に“七話連絡形式”の脚本を書いたそう。2014年に市民有志が映画製作応援団を結成し、資金を集め始めクランクイン。度重なる撮影中断を乗り越え2018年全編の撮影が終了。室蘭発の映画は完成しました。多彩な俳優陣の他、キャストの半数がオーディションで選ばれたり、街でスカウトされた演技経験の全く無い人々が出演しているそうです。
そして、公開前に亡くなってしまった大杉漣さんや小松政夫さんも出演しているのがうれしい。映画とともに永遠に映像が残ります。

moruerani_sub.1__R.jpg
c室蘭映画製作応援団 2020

※“モルエラニ”とは、北海道の先住民族であるアイヌの言葉。[小さな坂道をおりた所]という意味で、「室蘭」の語源のひとつと言われる。
モルエラニの霧の景色とともに、室蘭に生きた人々の想いが紡がれていく。映像抒情詩ともいえるような素敵な映画でした。
岩波ホールでの上映は終わってしまいましたが、まだ他の場所での上映が続くので、まだ観ていない方、ぜひ観に行ってみてくださいね。
全国順次公開中。これからの上映情報は下記をご覧ください。

『モルエラニの霧の中』公式HP
posted by akemi at 20:18| Comment(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月17日

2020年最後に観た映画『越年 Lovers』と2021年最初に観た映画『きらめく拍手の音』(暁)

2020年最後に観た映画は、京橋の試写室で観た『越年 Lovers』(郭珍弟/グオ・チェンディ監督・脚本。劇場公開 2021年1月15日)でした。
岡本かの子の短編小説集を元に、3組の不器用な男女の「恋の行方」と「年越し」が、台湾、山形、マレーシアを舞台に描かれていた。3話オムニバス。
何も考えず、事前にプレスシートも見ずに観た作品だったけど、思いかけず、私が行ったところがいっぱい出てきてうれしかった。
第一話は台北、マレーシアが舞台。会社の帰りに、社内で男性の同僚にいきなりビンタをくらった女性。次の日、その男性の部署に行くと彼は昨日でやめたという。なぜ彼がそんなことをしたのか、わけがわからないまま、目撃していた同僚の女性に連れられ、彼が住んでいるという迪化街(ディホアチエ)へ。台湾の下町で問屋街という雰囲気の街。実は去年2月春節の頃に台湾の「平渓天燈祭り」に行ったのだけど、その時に迪化街も訪ねた。コロナで海外渡航ができなくなるぎりぎりのタイミングで、前日まで行くのを迷ったけど、この天燈祭りは10年以上前から行きたかった祭りだったので台湾行きを決行した。そして迪化街にある、日本軍慰安婦にされた台湾女性たちの資料館「阿媽の家」も訪ねた。その時にこの問屋街を歩いたので、この映画に迪化街が出てきた時には、こういう感じだったな、私が歩いた所かもしれないないと思いながら観た。乾燥食品が多く並んでいたけど、さすがに問屋街。干しシロキクラゲを買おうと思ったら、最低単位だけで、スーツケース半分くらいになりそうだったので、1個単位で買えるか掛け合ってみた。Okだったので3個買ってきたけど、まだまだ残っている。もう1年たつので早く食べてしまわなくては(笑)。

場面写 (2).jpg
迪化街の雰囲気 c2020 映画「越年」パートナーズ

第二話は山形が舞台。2015年以来、山形国際ドキュメンタリー映画祭に3回行っているけど、行った場所や名物が出てきてうれしかった。山形駅前の風景、山形交通のバスセンター、蔵王温泉、ロープウェイ、蔵王スキー場地蔵岳山頂、樹氷、玉こんにゃくと稲花(いが)餅などなど。しかもこの稲花餅を食べていた喫茶店は、私も入った喫茶店「コーヒーショップさんべ」だった。そこで私も稲花餅を食べた。稲花餅を食べたいなと探したけど、蔵王温泉のバス停のそばで食べられるのはここしかなかった。5年前だったけど懐かしい。そして映画祭会場である美術館がある霞城(かすみじょう)公園。山形市内。そういえば雪の時期の山形には、ずいぶん行ってない。また樹氷を見に行きたいと思った。
場面写 (1).jpg
蔵王のロープウェイ c2020 映画「越年」パートナーズ

第三話に出てきた彰化は行ったことがないけど、台湾中部の町のよう。牡蠣の養殖が盛んな地方なのか、ここに出てきた、亡くなった母がやっていた店では「牡蠣そうめん」が名物だったらしい。牡蠣というのはこんなに暑い地方でもあるのかと思った。実は今、けっこう生牡蠣にはまっていて、ここ数年、7月には千葉県旭市の磯牡蠣祭りに行っているけど、これまでに食べた生牡蠣で一番おいしいと思ったのは、10年くらい前に台湾に行った時、基隆の夜市で食べた「味噌で味付けした生牡蠣」。日本の牡蠣と台湾の牡蠣は何か種類が違うのかも。もっとも、私が初めて生牡蠣を食べたのは30年くらい前で、竹富島(沖縄八重山諸島)の沖合いの干潟。大潮の時に行き、岩に生育している牡蠣をほじって食べた。思えば、ここは基隆に近いかも。この時に初めて「牡蠣って生で食べられるんだ。なんて美味しいんだ」と思ったから、南の地方のものですね。
この作品は、東京では1月15日から新宿バルト9で公開されている。
・『越年 Lovers』 シネマジャーナルHP 作品紹介
・『越年 Lovers』公式HP

そして、2021年、最初に観た作品は『きらめく拍手の音』。これは山形国際ドキュメンタリー映画祭2015でアジア特別賞を獲った作品だったけど観る機会がなかった作品。1月9日から15日までの1週間限定上映会がポレポレ東中野であるというので出かけた。日本公開されていないと思ったら2017年に公開されていた。
この作品は聾唖の両親を持ったイギル・ボラ監督が両親を撮ったドキュメンタリー。聾唖という障害があり、社会の中でいろいろ闘い、苦労しながら、試行錯誤しながら二人の子供を育ててきた両親の姿を追っていた。両親のために、小さい頃から社会との通訳者をしてきたイギル・ボラ監督自身のたどってきた道を示したものでもあった。ほんとに大変だったと思うけど、しかし、この家族は明るい。観ているこちらも希望が湧いてくる。正月早々いい作品を観た。
イギル・ボラ監督.jpg
イギル・ボラ監督(2015年山形国際ドキュメンタリー映画祭にて)

でも今、街はまだ新型コロナで特別警戒中。1月8日から1ヶ月は、また自粛生活をと言っている。でも去年4月の自粛生活のようにというわけにはいかない。東京では、今は1日2000人を超える新規感染者がある状態にもなっているので、前より感染率は高い。それでもずっと家にこもっていると身体に悪い。去年は4〜6月の2ヶ月の自粛生活で、身体の調子が悪くなったり、食欲もなくなってしまった。それを踏まえて今度は、違う形で乗り越えていかなくては。それにしても、もう1週間近く映画に出かけていない。試写も観たい作品もあるのに、やはり電車に乗って出かけるのに躊躇している(暁)。


posted by akemi at 21:15| Comment(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月26日

『相撲道〜サムライを継ぐ者たち〜』をドルビーアトモスで(白)

11月26日(木)

『相撲道〜サムライを継ぐ者たち〜』が特別上映されるので、TOHOシネマズ日本橋のチケットを予約して出かけました。
スクリーン8の大きな画面で、坂田監督自慢の音響で観られる!とワクワク。
1席空けですが、満席でした!!
国技館の入り口から、カメラはずんずんと中に入り、土俵近くまで降りて行きます。
わ〜〜んという歓声やどよめきに包まれます。ああ、最初っから音が違う!
この音響システムならば、どこでも砂かぶりだそうですが、席は3列目です。
(チケットとったときすでにかなり埋まって1-3列しか空きがなかった)
力士がぶつかる音! その迫力たるや! 思わず目をつぶりたくなるほど。
野菜を刻む音!ハンバーグを焼く音! 
ちゃんこがほんとにおいしそう…じゅる。

sumo8.jpg
(C) 2020「相撲道〜サムライを継ぐ者たち〜」製作委員会

試写で観ているのに、またまた引き込まれて観ました。
面白かったし凄かった!
テレビ観戦でなく、生で観たような臨場感、没入感ありました。

上映終了すると拍手が起きました。
監督どこかで聴いていないかな、と思ってたらスルスルと登場して(笑)来場感謝のご挨拶。満席になってすごく嬉しそう、出口でお見送りまで。
普通の上映も良いのですが、ドルビーアトモスだと倍加します。
ぜひまた特別上映して、たくさんの人に体験してほしいものです。

作品紹介 
http://cinejour2019ikoufilm.seesaa.net/article/478173575.html
監督インタビュー
http://cineja-film-report.seesaa.net/article/478178805.html

posted by shiraishi at 23:10| Comment(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする