2018年04月29日

映画はぜひ劇場で

スティーブン・スピルバーグ監督が久しぶりに来日して、しばらく芸能ニュースでもちきりでしたね。同時に唯一日本から抜擢されたダイトウ役の森崎ウィンさんもあちこちに出ずっぱり。ああ、早く取材できてよかったと、胸をなでおろしました。いろいろ出演していた中では「しゃべくり007」が面白かった〜!

『クジラの島の忘れもの』インタビューはこちら
同 完成披露試写会舞台挨拶はこちら

『レディ・プレイヤー1』
この作品の話題が出た2016年に原作『ゲームウォーズ』を買って読み、中で取り上げられる映画のDVDを見直し、と首を長〜くして公開を待っていたのです。おまけに直に話を伺えたウィンさんが出ているのだから、期待は増すばかり。
完成したばかりのTOHOシネマズ日比谷の大きな画面で観ました。スピルバーグ監督が「パーソナルな作品」と語っていましたが、自分の好きなものをたくさん詰め込んで隅々まで監督の愛がこもっているようでした。すごいスピードで流れるシーンが続くので、できるものなら一時停止したくなります。これはきっと後でコメンタリーのついたDVD、ブルーレイが出るはず。ダイトウ出演シーンは原作と違っていたので、ホッとしました。精悍ウィンさんでした。
そして音楽、わりと早くに懐かしい“ I Hate Myself For Loving You”が流れました。女性ロック歌手のJoan Jett のオリジナルですが、私には香港スター劉コ華(アンディ・ラウ)「我恨我痴心」。1999年香港のコンサートでのシーンが甦ります(今動画を見るとちょっと恥ずかしい)。使われた曲が集まったサントラ盤がほしいです。

『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』
新作はたいてい金・土に封切られますが、私は公開した翌週月曜日に行きます(席を選んでゆったり観られる)。でもこれは公開初日に行きました。時間はちょうどでしたが、空席は前の1,2列にしか残っていません。それでも、いい!
シリーズはDVDで後追いもしてほぼ観ています。やっぱりこれまでの経緯を知っているほうが、断然楽しめますよ。
最強の敵サノスが無限の力を持つインフィニティ・ストーンを6つ集めるのを阻止するために、これまでのヒーローたちが結集。いやもうサノス強すぎ。「私の好きなあのキャラが〜」と胸が痛みます。ラストは次を予感させて終わるので、長いエンドロールを耐えてください。予測していたのか誰も席を立ちませんでした。さすが。

実はこの『アベンジャーズ〜』の前、午前中に『犬ヶ島』(ストップモーションアニメ)の試写がありました。犬好きな私は、たびたび泣いていて結構胸がいっぱいになっていたところに、このマーベルヒーロー全部盛りの映画です。もう何も入る余地がなくて、次の試写はとりやめにしました。

この連休中お時間のある方はぜひ大きな画面で映画をお楽しみください。テレビやモニターで観るのとは感動の度合いが違います。(白)
posted by shiraishi at 11:08| Comment(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

『マンハント』観てきました。オリジナルの『君よ憤怒の河を渉れ』上映されます

ジョン・ウー監督の『マンハント』(原題:追捕)が公開されているので観てきました。張 涵予(チャン・ハンユー)&福山雅治主演です。
去年(2017年)4月に行われたギャガラインナップ発表会2017に参加した時、呉宇森(ジョン・ウー)監督がゲスト出演して、この『マンハント』も、その中で紹介されました。
●PICT1434補正_R.jpg

シネマジャーナル100号にそのレポートが載っていますが(まとめ白石映子)、ジョン・ウー監督は『高倉健さんは私のアイドルでした。高倉さんと会えたとき「一度ぜひ一緒に仕事をしたい」と話していたのです。残念ながらその機会がないうちに亡くなられて、非常に悲しく辛かったです。どの作品でもいいから記念に彼の作品を映画化したいと思っていたところ、高倉さんが主演して中国で大ヒットした『君よ憤怒の河を渉れ』の再映画化のお話をいただいて、一も二もなく受けました。日本で撮影するのが長い間の夢でしたので、こちらの願いも叶ったことになります』と語っていました。
その記者会見で『大阪のおばちゃんは、いつもポケットにアメを入れていて、「アメちゃん食べる?」と聞くんですね。これはほかにはない素晴らしい文化です』と言っていたのが印象に残っています。

●PICT1429トリ_R.jpg

その後、『マンハント』情報は宣伝や配給さんからは入ってこなくて、ネット情報に疎い私は、1月ころ友人から2月に公開されると聞きびっくり。すでに試写も終わっていたので、公開待ちで観にいきました。
この作品は『君よ憤怒の河を渉れ』(1976年/佐藤純彌監督)を再映画化した作品ではあるけど、「元の作品と違い、日本人の刑事福山雅治と中国人の弁護士チャン・ハンユーの二人の設定にし、国や文化、育った背景が違っても人と人は仲良くなれることを強調したかった」と語っていた通り、日中合作の作品になりました。
そしてジョン・ウー印の白い鳩や二丁拳銃も登場し、日本が舞台とはいえ、ガンアクション炸裂の作品になっていました。大阪の街で、そんなシーンが撮れるとは思えなかったけど、大阪市の協力を得て撮影ができたそうです。監督の娘さんも殺し屋役で出演しています。(100号より引用あり)
『マンハント』公式HP

私が中国映画にはまった時、中国では文化革命後、『君よ憤怒の河を渉れ』が公開され、この映画に主演していた高倉健や中野良子がすごい人気というのを知ったのですが、この映画を観る機会がないまま長いことたってしまいました。
いつか観たいと思っていたのですが、今、日中平和友好条約締結40 周年記念 映画上映会、「特集 日中の架け橋となった映画たち」という企画があり、その中で、本日26日に『君よ憤怒の河を渉れ』が上映されることを知りました。これは観にいかなくては。皆さんもいかがですか。

「特集 日中の架け橋となった映画たち」
2月26日〜28日(全作品無料)
上映場所 神楽座(千代田区富士見2-13-12 KADOKAWA 富士見ビル1 階)
18:30~ 『君よ憤怒の河を渉れ』(151分) (※上映後、日中映画交流史の講演あり)
そのほかの作品は下記参照ください。

2/26
12:30~ 「砂の器」
15:30~ 「人間の証明」
18:30~ 「君よ憤怒の河を渉れ」 (※上映後、日中映画交流史の講演あり)

2/27
12:30~ 「レッドクリフ Part I」
15:30~ 「レッドクリフ Part II –未来への最終決戦−」
18:30~ 「敦煌」 (※上映後、日中映画交流史の講演あり)

2/28
12:30~ 「菊豆(チュイトウ)」
15:30~ 「山の郵便配達」
18:30~ 「初恋のきた道」 (※上映後、日中映画交流史の講演あり)
※全席自由席、先着順


posted by akemi at 05:51| Comment(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

レスリー・チャン追っかけ仲間と息を殺して観た『欲望の翼』 (咲)

yokubouno tubasa 2.jpg

(C) 1990 East Asia Films Distribution Limited and eSun.com Limited. All Rights Reserved.

ウォン・カーウァイ監督が1990年に放った名作『欲望の翼(原題:阿飛正傳)』。
昨年、確か東京フィルメックスのころに、ある試写に行って、宣伝さんからチラシを渡され、懐かしい画像に思わず手が震えました。13年ぶりにデジタルリマスター版でスクリーンに復活を知らせるチラシでした。

レスリー・チャンが歌手も俳優も引退を決めて、これを最後と出演したのに、この作品で香港電影金像奨の最優秀主演男優賞を取ったことが、俳優復帰を決めさせたともいわれている作品。
『男たちの挽歌』以来、可愛いレスリー・チャンにぞっこんだった私にとって、『欲望の翼』のレスリーは、それまでの出演作とも違う、妖しい魅力を放っていて、ぞくっとしたものでした。
何度観たことかわからない映画だけど、これは絶対スクリーンで観たい!
そう思っていたら、阿吽の呼吸で、レスリー・チャンを共に追いかけ、あの4月1日には共に泣いたお仲間と一緒に観に行こうと話がまとまり、5人で観に行きました。

観に行く数日前から、いくつかの場面を思い浮かべては涙していたのに、いざル・シネマの椅子に座って観はじめたら、もう、画面に釘付けで、不思議なことに涙は出ませんでした。

映画が終わって、皆、それぞれにいろんな思いが駆け巡って、しばらくは何も言えない放心状態。皆、ほんとにレスリー愛してましたからね。
yokuboono leslie.jpg

(C) 1990 East Asia Films Distribution Limited and eSun.com Limited. All Rights Reserved.

居酒屋に入り、やっと言葉が戻り、「あの表情よね」と、わいわいがやがや。
「咲さん、一睡もしてなかったよね」と隣に座っていたKさん。(映画を観てるとき、私がよく寝るのを知ってる友!)
「私たち、頑張ったよね」と、レスリーを追いかけて、香港でも日本でもよく走ったことを笑って語り合いました。
このお仲間は、レスリーが遺してくれた大事な宝物。一緒に観に行けてよかったなと思いました。

暁さんによる作品紹介『欲望の翼』
http://cinemajournal-review.seesaa.net/article/456514172.html
ル・シネマで、まだまだ上映中! 全国でも!



posted by sakiko at 10:09| Comment(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

新年おめでとうございます。今年もどうぞご贔屓に。

IMG_0493.JPG

おとそ気分もぬけて初仕事が始まっているころですね。
いつもならベストテンのとりまとめをしているころですが、本誌発行が春なのでのんびりしています。ウェブに特別枠を設けるという話も出ていますので、決まり次第お知らせできるかと思います。もう少しお待ちくださいませ。

(咲)さんにならって「昨年最後の映画」をあげると、岡崎京子原作を二階堂ふみ&吉沢亮主演で映画化した『リバーズ・エッジ』試写。20年以上も前の原作ですが、十代の閉塞感&虚無感が少しも古びずに伝わってきました。ちょうど行定 勲監督が取材を受けにいらしていて一言ご挨拶。2月16日公開。
「今年初の映画」は劇場で『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』。シリーズをずっと観てきたので、懐かしいキャスト、散りばめられているシーンも楽しみました。翌日は原作(西岸良平)も好きな『DESTNY 鎌倉ものがたり』(山崎貴監督)。妖怪造型と美術・装飾が凝っていて一時停止して見たくなります。まだまだ上映中。

初試写は(美)さんお奨めの『スリー・ビルボード』(マーティン・マクドナー監督)。人気と聞いていたので、かなり早めに行きました。予想通りすぐに満席。レイプされて殺された娘の母親が、捜査の進展がないのに怒り、道沿いの3枚の立て看板に警察への抗議文を掲示する。母親をフランシス・マクドーマンド、警察署長をウッディ・ハレルソン、すぐに暴力をふるう警官をサム・ロックウェル。アメリカではたった4館での上映からスタート、次々に拡大公開になったというのが納得の作品でした。2月1日公開。

今年も心震える作品に出会えますように。(白)
posted by shiraishi at 14:07| Comment(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

鎌倉市川喜多映画記念館で古い中国映画の上映があります(暁)

川喜多記念映画文化財団の方からメールをいただきました。
鎌倉市川喜多映画記念館で古い中国映画の上映があるそうなので、興味がある方はぜひ行ってみてください。

鎌倉市川喜多映画記念館にて9月26日から10月1日にかけて中華電影関連の4作品を上映いたします。
当時の時代背景を考えると複雑なところはありますが、川喜多長政が精一杯とりくんだこととして、また歴史として貴重な作品を皆様に観ていただけたらと思っています。
鎌倉市川喜多映画記念館 http://www.kamakura-kawakita.org/

●上映作品
『狼火は上海に揚る』(春江遺恨)(1944年/監督:稲垣浩)
『萬世流芳』(1943年/監督:ト万蒼 他)
『鉄扇公主』(1941年/萬氏兄弟)日本語吹き替え版
『木蘭従軍』(1939年/卜万蒼)

●上映日時
9月26日(火)13:00- 『萬世流芳』
9月27日(水)10:30- 『木蘭従軍』、14:00- 『狼火は上海に揚る』
9月28日(木)14:00- 『西遊記 鉄扇公主の巻』
9月29日(金)14:00- 『狼火は上海に揚る』
9月30日(土)13:00- 『萬世流芳』+トークイベント(刈間文俊先生)
10月1日(日)10:30- 『西遊記 鉄扇公主の巻』、
13:30- 『木蘭従軍』+トークイベント(石川/セキ・セン先生)

今回は、東京大学の刈間文俊先生、上海戯劇学院映画芸術センターの石川先生のトークイベントを企画しています。
posted by akemi at 02:36| Comment(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする