2021年01月17日

2020年最後に観た映画『越年 Lovers』と2021年最初に観た映画『きらめく拍手の音』(暁)

2020年最後に観た映画は、京橋の試写室で観た『越年 Lovers』(郭珍弟/グオ・チェンディ監督・脚本。劇場公開 2021年1月15日)でした。
岡本かの子の短編小説集を元に、3組の不器用な男女の「恋の行方」と「年越し」が、台湾、山形、マレーシアを舞台に描かれていた。3話オムニバス。
何も考えず、事前にプレスシートも見ずに観た作品だったけど、思いかけず、私が行ったところがいっぱい出てきてうれしかった。
第一話は台北、マレーシアが舞台。会社の帰りに、社内で男性の同僚にいきなりビンタをくらった女性。次の日、その男性の部署に行くと彼は昨日でやめたという。なぜ彼がそんなことをしたのか、わけがわからないまま、目撃していた同僚の女性に連れられ、彼が住んでいるという迪化街(ディホアチエ)へ。台湾の下町で問屋街という雰囲気の街。実は去年2月春節の頃に台湾の「平渓天燈祭り」に行ったのだけど、その時に迪化街も訪ねた。コロナで海外渡航ができなくなるぎりぎりのタイミングで、前日まで行くのを迷ったけど、この天燈祭りは10年以上前から行きたかった祭りだったので台湾行きを決行した。そして迪化街にある、日本軍慰安婦にされた台湾女性たちの資料館「阿媽の家」も訪ねた。その時にこの問屋街を歩いたので、この映画に迪化街が出てきた時には、こういう感じだったな、私が歩いた所かもしれないないと思いながら観た。乾燥食品が多く並んでいたけど、さすがに問屋街。干しシロキクラゲを買おうと思ったら、最低単位だけで、スーツケース半分くらいになりそうだったので、1個単位で買えるか掛け合ってみた。Okだったので3個買ってきたけど、まだまだ残っている。もう1年たつので早く食べてしまわなくては(笑)。

場面写 (2).jpg
迪化街の雰囲気 c2020 映画「越年」パートナーズ

第二話は山形が舞台。2015年以来、山形国際ドキュメンタリー映画祭に3回行っているけど、行った場所や名物が出てきてうれしかった。山形駅前の風景、山形交通のバスセンター、蔵王温泉、ロープウェイ、蔵王スキー場地蔵岳山頂、樹氷、玉こんにゃくと稲花(いが)餅などなど。しかもこの稲花餅を食べていた喫茶店は、私も入った喫茶店「コーヒーショップさんべ」だった。そこで私も稲花餅を食べた。稲花餅を食べたいなと探したけど、蔵王温泉のバス停のそばで食べられるのはここしかなかった。5年前だったけど懐かしい。そして映画祭会場である美術館がある霞城(かすみじょう)公園。山形市内。そういえば雪の時期の山形には、ずいぶん行ってない。また樹氷を見に行きたいと思った。
場面写 (1).jpg
蔵王のロープウェイ c2020 映画「越年」パートナーズ

第三話に出てきた彰化は行ったことがないけど、台湾中部の町のよう。牡蠣の養殖が盛んな地方なのか、ここに出てきた、亡くなった母がやっていた店では「牡蠣そうめん」が名物だったらしい。牡蠣というのはこんなに暑い地方でもあるのかと思った。実は今、けっこう生牡蠣にはまっていて、ここ数年、7月には千葉県旭市の磯牡蠣祭りに行っているけど、これまでに食べた生牡蠣で一番おいしいと思ったのは、10年くらい前に台湾に行った時、基隆の夜市で食べた「味噌で味付けした生牡蠣」。日本の牡蠣と台湾の牡蠣は何か種類が違うのかも。もっとも、私が初めて生牡蠣を食べたのは30年くらい前で、竹富島(沖縄八重山諸島)の沖合いの干潟。大潮の時に行き、岩に生育している牡蠣をほじって食べた。思えば、ここは基隆に近いかも。この時に初めて「牡蠣って生で食べられるんだ。なんて美味しいんだ」と思ったから、南の地方のものですね。
この作品は、東京では1月15日から新宿バルト9で公開されている。
・『越年 Lovers』 シネマジャーナルHP 作品紹介
・『越年 Lovers』公式HP

そして、2021年、最初に観た作品は『きらめく拍手の音』。これは山形国際ドキュメンタリー映画祭2015でアジア特別賞を獲った作品だったけど観る機会がなかった作品。1月9日から15日までの1週間限定上映会がポレポレ東中野であるというので出かけた。日本公開されていないと思ったら2017年に公開されていた。
この作品は聾唖の両親を持ったイギル・ボラ監督が両親を撮ったドキュメンタリー。聾唖という障害があり、社会の中でいろいろ闘い、苦労しながら、試行錯誤しながら二人の子供を育ててきた両親の姿を追っていた。両親のために、小さい頃から社会との通訳者をしてきたイギル・ボラ監督自身のたどってきた道を示したものでもあった。ほんとに大変だったと思うけど、しかし、この家族は明るい。観ているこちらも希望が湧いてくる。正月早々いい作品を観た。
イギル・ボラ監督.jpg
イギル・ボラ監督(2015年山形国際ドキュメンタリー映画祭にて)

でも今、街はまだ新型コロナで特別警戒中。1月8日から1ヶ月は、また自粛生活をと言っている。でも去年4月の自粛生活のようにというわけにはいかない。東京では、今は1日2000人を超える新規感染者がある状態にもなっているので、前より感染率は高い。それでもずっと家にこもっていると身体に悪い。去年は4〜6月の2ヶ月の自粛生活で、身体の調子が悪くなったり、食欲もなくなってしまった。それを踏まえて今度は、違う形で乗り越えていかなくては。それにしても、もう1週間近く映画に出かけていない。試写も観たい作品もあるのに、やはり電車に乗って出かけるのに躊躇している(暁)。


posted by akemi at 21:15| Comment(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月26日

『相撲道〜サムライを継ぐ者たち〜』をドルビーアトモスで(白)

11月26日(木)

『相撲道〜サムライを継ぐ者たち〜』が特別上映されるので、TOHOシネマズ日本橋のチケットを予約して出かけました。
スクリーン8の大きな画面で、坂田監督自慢の音響で観られる!とワクワク。
1席空けですが、満席でした!!
国技館の入り口から、カメラはずんずんと中に入り、土俵近くまで降りて行きます。
わ〜〜んという歓声やどよめきに包まれます。ああ、最初っから音が違う!
この音響システムならば、どこでも砂かぶりだそうですが、席は3列目です。
(チケットとったときすでにかなり埋まって1-3列しか空きがなかった)
力士がぶつかる音! その迫力たるや! 思わず目をつぶりたくなるほど。
野菜を刻む音!ハンバーグを焼く音! 
ちゃんこがほんとにおいしそう…じゅる。

sumo8.jpg
(C) 2020「相撲道〜サムライを継ぐ者たち〜」製作委員会

試写で観ているのに、またまた引き込まれて観ました。
面白かったし凄かった!
テレビ観戦でなく、生で観たような臨場感、没入感ありました。

上映終了すると拍手が起きました。
監督どこかで聴いていないかな、と思ってたらスルスルと登場して(笑)来場感謝のご挨拶。満席になってすごく嬉しそう、出口でお見送りまで。
普通の上映も良いのですが、ドルビーアトモスだと倍加します。
ぜひまた特別上映して、たくさんの人に体験してほしいものです。

作品紹介 
http://cinejour2019ikoufilm.seesaa.net/article/478173575.html
監督インタビュー
http://cineja-film-report.seesaa.net/article/478178805.html

posted by shiraishi at 23:10| Comment(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月18日

『異端の鳥』今もどこかで他者が排除されている世界を憂う (咲)

10月13日(火)、『異端の鳥』鑑賞。169分の長尺!
ナチスのホロコーストから逃れるために疎開した少年が差別と迫害に抗い、生き抜く・・・と公式サイトにあり、気になっていた映画。残念ながら試写の案内をいただかなかったので、公開されたら早く観に行きたいと待ち構えていました。日比谷シャンテまで行くつもりでいたら、我が家の最寄り駅高幡不動から多摩モノレールで11分の立川でも同時公開! 立川高島屋の8階に去年6月に出来た「kino cinema立川高島屋S.C.館」。観やすくて、綺麗な映画館です。87席のスクリーン1に、30人強。平日の午後2時過ぎからの時間帯に、なかなかの注目度!?

終始、まさに固唾をのんで見守りました。
森の中、犬を抱えて走る少年。追手に追いつかれ、犬を焼かれてしまいます。冒頭から強烈な映像。
「僕を迎えに来て」と書いた紙を帆にした小舟を川に流す少年。家の片隅にあるピアノで「エリーゼのために」を弾く姿からは、育ちの良さを感じさせてくれます。家の主の女性を叔母さんと呼んでいて、どうやら親から預けられたらしい。火事で家が焼け、叔母さんも亡くなり、居場所を求めて放浪の旅へ。
墓場にはイコンと八端十字架。正教を信じる東欧のどこからしい。
行く先々で、不吉、吸血鬼などと蔑まれ、暴力を受ける少年。
「おまえはロマ(ジプシー)か?」と聞く者もいて、少年がユダヤ人だとはっきりわかるのは、映画が始まって1時間位。
何の説明も読まずに映画を観ると、なぜ少年がこれほどまでに残虐にいじめられるのか解せないことでしょう。少年は見るからに異質とも思えません。それにしたって、ユダヤ人だからという理由で叩きのめしていいはずはありません。
原題は「ペインティッド・バード」。鳥にペンキで綺麗に色付けして、鳥の群れの中に放ったら、鳥たちが寄ってたかってつついて殺してしまう場面があります。まさに異質なものを排除する構図。モノクロの映画なのに、ここだけはカラフルな鳥が目に見えるようでした。
(なお、下記のポスターの鳥は、色を塗られた鳥ではありません)

itannno tori.jpg

ポスターにある、地中に埋められて顔だけ出している少年。
第7回東京フィルメックスで上映されたイラン映画『りんご、もうひとつある?』(2006年)に、そっくりな場面があったのを思い出しました。地中に埋められた男女。目の前にりんごが一つ。そんな画でした。バイラム・ファズィル監督が、「もちろん安全に二人を埋めて撮ったよ」と語っていました。この映画も人間の残虐性を描いたものでした。

『異端の鳥』では、少年が移動するにつれ、ドイツ兵やソ連兵が出てきて、戦争中であることがわかります。村人たちが家財道具をまとめて逃げようとしているところに、兵士たちが押し寄せ、家を破壊し、人々を殺害する場面もありました。今まさに火を噴いているアルメニアとアゼルバイジャンの人々のことが頭をよぎりました。戦争で被害にあうのは庶民・・・ 虚しいです。

ところで、『異端の鳥』で使われている言語は、ドイツ兵やソ連兵はそれぞれの母国語ですが、その他の人々が話しているのは人工言語「スラヴィック・エスペラント語」。
原作のイェジー・コシンスキの小説の中で、物語の舞台は「東ヨーロッパのどこかで特別な言葉が話される場所」とされ、明確に述べられていないことから、舞台となる国や場所を特定されないようにヴァーツラフ・マルホウル監督が配慮したもの。

暴力の応酬が続く『異端の鳥』ですが、中には少年を救う人物も出てきて、人間の良心も見せてくれます。自分とは異質な他者を憎むのではなく、違いを認め思いやる心があれば、世界は平和なのにと思わずにはいられません。

モノクロの映像が素晴らしかったですが、内容はかなりつらいものでした。
最後には希望が見えて、ほっ!
ぜひご覧くださいとは言い難いですが、見ごたえのある忘れられない映画です。


シネジャの作品紹介

ミッキーの毎日映画三昧


異端の鳥(原題:The Painted Bird )
監督・脚本:ヴァーツラフ・マルホウル
原作:イェジー・コシンスキ「ペインティッド・バード」
出演:ペトル・コラール、ステラン・スカルスガルド、ハーヴェイ・カイテル、ジュリアン・サンズ、バリー・ペッパー、ウド・キアー

2018年/チェコ・スロヴァキア・ウクライナ合作/スラヴィック・エスペラント語、ドイツ語ほか/169分/シネスコ/DCP/モノクロ/5.1ch/
配給:トランスフォーマー
COPYRIGHT @2019 ALL RIGHTS RESERVED SILVER SCREEN ČESKÁ TELEVIZE EDUARD & MILADA KUCERA DIRECTORY FILMS ROZHLAS A TELEVÍZIA SLOVENSKA CERTICON GROUP INNOGY PUBRES RICHARD KAUCKÝ
公式サイト:http://www.transformer.co.jp/m/itannotori/
★2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー




posted by sakiko at 04:05| Comment(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月20日

トルコ映画『父と息子』トルコ料理付き上映会 (咲)

9月20日からアジアフォーカス・福岡国際映画祭が始まりました。コロナ禍でゲスト登壇はなく、上映のみの開催ですが、やっぱり行きたい! 毎年福岡でお会いする方たちにも会いたい! 20日から1泊2日で行くことを画策していましたが、数日前に父に打診したら難色を示され諦めました。シネジャのミッキーさんが、5日間全日程参加されるので、報告を楽しみにしたいと思います。

アジアフォーカスのサイトに、「コロナ禍のアジア映画」として、ゆかりのある外国の監督たちからのビデオメッセージがアップされています。中でも、トルコのレイス・チェリッキ監督の言葉にはほろっとさせられました。
こちらで視聴できます。
https://www.youtube.com/channel/UCvkoNYt0vET4kQj4oSIAAFg/

で、予定が空いてしまった20日に開催されるトルコ映画上映会を見つけたので、参加してきました。
第14回トルコ発シルクロード・シネマ・トリップ〜トルコ映画『父と息子』
というイベント。
このシリーズ、実は前から気になっていたのですが、トルコ料理付きで3000円(リピーターは2500円、ペアなら二人で5000円などの割引あり)は、ちょっと高いと敬遠していたのです。今回は福岡に行ったつもりで、奮発♪

会場は、代々木上原の東京ジャーミィ(モスク)隣りのユヌス・エムレ インスティトゥート東京(トルコ文化センター)。
P1310112 jami.JPG
(トルコ文化センターから観たモスク)
このところ、モスクへは私は京王線笹塚駅から歩いて行くのですが、笹塚駅を降りて道すがら、イチジク「博多とよみつひめ」が目に飛び込んできました。398円♪ 毎年、映画祭の合間に中洲川端商店街の八百屋さんで買っていたイチジクです。お値段も博多なみにお安くて、アジアフォーカスに行けなかったご褒美かなと。

受付開始の1時半ちょっと前に到着。
会場は、ユヌス・エムレ インスティトゥート東京 地下1階ホール。
かつてトルコ人学校のあったところに、去年新築された建物。地下があるのは知りませんでした。階段式の立派なホール。キャパ126席。コロナ感染予防で、定員40名での開催。

席を確保して、2階のギャラリーで開かれている「ミニアチュール(細密画」「テズヒープ」作品展を観にいきました。友人の青木節子さんはじめ皆さんの緻密で美しい作品にうっとり。

2時。『父と息子(Babam ve Oğlum)』上映会開始。
上映前に、主催者 KeyNotersさんの女性の方から、本作が公開時、トルコ映画史上最高の観客動員数を記録した金字塔的作品で、涙なしには観られない映画、ハンカチのご用意をと。
『父と息子』は、このシリーズの第1回に上映された映画。ユヌス・エムレ インスティトゥート東京の岡部誠一さんから、今回、日本語字幕をよりわかりやすいものに変えたこと、最後の歌の字幕も忘れずにみてくださいと一言ありました。

『父と息子(Babam ve Oğlum)』
監督:チュアン・ウルマック
出演:フィクレット・クシュカン、チェチン・テキンドル、フメイラ
2005年/トルコ/128分

*物語*
新聞記者サードゥック。編集長が臆病で原稿を没にされたと臨月の妻に嘆く。真夜中に妻が産気づくが、車が1台も通らない道端で、妻は男の子を産み落として亡くなってしまう。夜が明け、軍の車が来て、クーデターが起きたと教えられる。
その後、収監され拷問を受けるサードゥック。出所し、姉ファトマと暮らし、息子デニズの面倒をみてもらっていたが、ある日、サードゥックは姉に実家に帰ると伝える。
父フセインは大地主。跡を継いでほしいと、農学部で学ぶためにイスタンブルに行かせたのに、報道を学んでアナキストになったとフセインは不機嫌だ。刑務所に入っていたのを知らなかったと母。息子と孫を、フセイン以外の一族は大歓迎する。
一方、デニズは、父が自分をここに置き去りにするのではと不安でならない。実は、サードゥックは拷問で身体を壊し、行く末が心配でデニズを連れて帰ってきたのだった・・・

原題Babam ve Oğlumは、「私の父と私の息子」の意味。
サードゥックを主人公に、その父フセインと息子デニズの3世代の物語。父が息子を、息子が父を思う気持ちはすれ違いながら、寄り添っていく様に胸が熱くなりました。
サードゥックは、親も認めた許嫁のビルギュルを捨ててイスタンブルに行ってしまい、何年も泣いていたビルギュルは結局メフメットという男と結婚。病床にいるサードゥックに会いにきたビルギュルは、息子にサードゥックと名付けたかったけど夫に悪いから別の名にしたと打ち明けます。「心の中では息子はサードゥックよ」と。好きだった人の名前をこっそり付けることってありそう・・・

上映が終わって、KeyNotersさんの女性とユヌスエムレの岡部誠一さんが再び登壇。30分にわたって映画の背景や出演者について解説してくださいました。

サードゥックの奥さんが産気づいたのは、1980年9月12日の軍事クーデターがあった日。1970年代後半の政治混乱に終止符を打つため、参謀総長ケナン・エヴレン率いる軍首脳が起こしたもの。左翼を中心に約65万人が拘留され、23万人が起訴され、約300人が刑務所で亡くなったそうです。サードゥックも犠牲者の一人という次第。
1983年後半に民政移管されるまで、トルコは軍事政権下にありました。
私が初めてトルコを訪れたのが、1983年のGW。日本の旅行会社主催のツアーだったのですが、バスが道中あちこちで検問にあい、一度、アンカラ近くの軍の施設に行ったのを思い出しました。荷物検査だったように思います。その後、ユルマズ・ギュネイ監督の『路』を観たら、バスが軍に止められる場面が出てきて、まさに同じ!と。  
思えば、暗い時代だったはずなのに、トルコの人たちは旅人を優しくもてなしてくれました。

サードゥックの実家の地名は出てこないのですが、ヒントになるのが車のナンバープレイト。「35 DM 510」とあるのですが、35はイズミル県。
上映前に流れていた歌は、イズミル出身の国民的歌手セゼン・アクスだったとのこと。どうりで懐かしいと思ったのでした。

最後に出演者の紹介がありました。
印象に残った兄サリム役のYetkin Dikincilerさんは、このサリム役でブレイク。「オスマン帝国外伝〜愛と欲望のハレム〜 」シーズン4の第9話から出演しているとのことで写真を見せてくれたのですが、え?この人だったのと。
P1310124 sleiman.jpg
また、スレイマン大帝役のHalit Ergençさんも、『父と息子』に出ていたのですが、わからなかった・・・ というか若かった。

解説も終わり、2階の本に囲まれたカフェに場所を移して、美味しいトルコ料理をいただきながらの交流会。モスクの見える窓辺の席でご一緒させていただいた3人の女性たちは、前にこの映画上映会でお知り合いになったとのこと。楽しいひと時を過ごすことができました。
P1310135 turkey.jpg
メニューは、映画にちなんでイズミル・キョフテ(エーゲ海沿いの街イズミル風ハンバーグ)がメイン。野菜たっぷり添えたトマトソース味。
サイドメニューは、ラハナ・サラダ(ちょっと酸っぱくて辛いキャベツサラダ)、セブゼ・クザルトマ(野菜の揚げ物にヨーグルトソースかけ、姉のファトマさんが泣きながら作っていたものだそう)、フムス(ひよこ豆のペースト)、イルミック・ヘルワ(セモリナ粉のデザート。これもイズミル風)
今回からコロナ対策で、お弁当容器に入れての提供になったそうです。食べきれない量だったので、メインを半分持ち帰りました。

次回、「第15回トルコ発シルクロード・シネマ・トリップ〜『ハッピーエンドができるまで(Patron Mutlu Son Istiyor )』は、10月16日(日)14:00〜1700。
カッパドキアを舞台に繰り広げられるラブコメです。
https://silkroad15.peatix.com/

posted by sakiko at 23:55| Comment(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月23日

「存在を知ってもらいたい」2本(白)

『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』 『パブリック 図書館の奇跡』の2本を有楽町で観てきました。不要不急の外出になっちゃうんでしょうか?私には必要なんです〜。そんな映画ファンで劇場は満席になっていました。定員半分以下なので収入も半分以下です。内容はリンクした作品紹介を見てね。
brit.jpg
原作本「ブリット=マリーはここにいた」(早川書房)も読みました。紹介所の女性とのやりとりがずっと続いたり、事件が起きたり、もっと起伏があります。ブリット=マリーの内心も詳しく書かれています。本と映画は別物、と思う人が読んでも面白いですよ。

『パブリック 図書館の奇跡』では寒波の夜にホームレスの人たちが図書館に居座ります。シェルターが満杯であふれた人たちですが、昼間いた女性はいないんです。年取った人や女性は優先されたのかな?エンタメ作品としても面白いし、社会派映画としても見ごたえがあります。
この2本に共通していたのが、「ここにいる」「存在している」と知ってほしいということでした。
逆に言えば「認めてもらえない」「関心を持たれない」のが人間として寂しい、辛いということなんですね。(白)




posted by shiraishi at 15:07| Comment(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする