2020年10月18日

『異端の鳥』今もどこかで他者が排除されている世界を憂う (咲)

10月13日(火)、『異端の鳥』鑑賞。169分の長尺!
ナチスのホロコーストから逃れるために疎開した少年が差別と迫害に抗い、生き抜く・・・と公式サイトにあり、気になっていた映画。残念ながら試写の案内をいただかなかったので、公開されたら早く観に行きたいと待ち構えていました。日比谷シャンテまで行くつもりでいたら、我が家の最寄り駅高幡不動から多摩モノレールで11分の立川でも同時公開! 立川高島屋の8階に去年6月に出来た「kino cinema立川高島屋S.C.館」。観やすくて、綺麗な映画館です。87席のスクリーン1に、30人強。平日の午後2時過ぎからの時間帯に、なかなかの注目度!?

終始、まさに固唾をのんで見守りました。
森の中、犬を抱えて走る少年。追手に追いつかれ、犬を焼かれてしまいます。冒頭から強烈な映像。
「僕を迎えに来て」と書いた紙を帆にした小舟を川に流す少年。家の片隅にあるピアノで「エリーゼのために」を弾く姿からは、育ちの良さを感じさせてくれます。家の主の女性を叔母さんと呼んでいて、どうやら親から預けられたらしい。火事で家が焼け、叔母さんも亡くなり、居場所を求めて放浪の旅へ。
墓場にはイコンと八端十字架。正教を信じる東欧のどこからしい。
行く先々で、不吉、吸血鬼などと蔑まれ、暴力を受ける少年。
「おまえはロマ(ジプシー)か?」と聞く者もいて、少年がユダヤ人だとはっきりわかるのは、映画が始まって1時間位。
何の説明も読まずに映画を観ると、なぜ少年がこれほどまでに残虐にいじめられるのか解せないことでしょう。少年は見るからに異質とも思えません。それにしたって、ユダヤ人だからという理由で叩きのめしていいはずはありません。
原題は「ペインティッド・バード」。鳥にペンキで綺麗に色付けして、鳥の群れの中に放ったら、鳥たちが寄ってたかってつついて殺してしまう場面があります。まさに異質なものを排除する構図。モノクロの映画なのに、ここだけはカラフルな鳥が目に見えるようでした。
(なお、下記のポスターの鳥は、色を塗られた鳥ではありません)

itannno tori.jpg

ポスターにある、地中に埋められて顔だけ出している少年。
第7回東京フィルメックスで上映されたイラン映画『りんご、もうひとつある?』(2006年)に、そっくりな場面があったのを思い出しました。地中に埋められた男女。目の前にりんごが一つ。そんな画でした。バイラム・ファズィル監督が、「もちろん安全に二人を埋めて撮ったよ」と語っていました。この映画も人間の残虐性を描いたものでした。

『異端の鳥』では、少年が移動するにつれ、ドイツ兵やソ連兵が出てきて、戦争中であることがわかります。村人たちが家財道具をまとめて逃げようとしているところに、兵士たちが押し寄せ、家を破壊し、人々を殺害する場面もありました。今まさに火を噴いているアルメニアとアゼルバイジャンの人々のことが頭をよぎりました。戦争で被害にあうのは庶民・・・ 虚しいです。

ところで、『異端の鳥』で使われている言語は、ドイツ兵やソ連兵はそれぞれの母国語ですが、その他の人々が話しているのは人工言語「スラヴィック・エスペラント語」。
原作のイェジー・コシンスキの小説の中で、物語の舞台は「東ヨーロッパのどこかで特別な言葉が話される場所」とされ、明確に述べられていないことから、舞台となる国や場所を特定されないようにヴァーツラフ・マルホウル監督が配慮したもの。

暴力の応酬が続く『異端の鳥』ですが、中には少年を救う人物も出てきて、人間の良心も見せてくれます。自分とは異質な他者を憎むのではなく、違いを認め思いやる心があれば、世界は平和なのにと思わずにはいられません。

モノクロの映像が素晴らしかったですが、内容はかなりつらいものでした。
最後には希望が見えて、ほっ!
ぜひご覧くださいとは言い難いですが、見ごたえのある忘れられない映画です。


シネジャの作品紹介

ミッキーの毎日映画三昧


異端の鳥(原題:The Painted Bird )
監督・脚本:ヴァーツラフ・マルホウル
原作:イェジー・コシンスキ「ペインティッド・バード」
出演:ペトル・コラール、ステラン・スカルスガルド、ハーヴェイ・カイテル、ジュリアン・サンズ、バリー・ペッパー、ウド・キアー

2018年/チェコ・スロヴァキア・ウクライナ合作/スラヴィック・エスペラント語、ドイツ語ほか/169分/シネスコ/DCP/モノクロ/5.1ch/
配給:トランスフォーマー
COPYRIGHT @2019 ALL RIGHTS RESERVED SILVER SCREEN ČESKÁ TELEVIZE EDUARD & MILADA KUCERA DIRECTORY FILMS ROZHLAS A TELEVÍZIA SLOVENSKA CERTICON GROUP INNOGY PUBRES RICHARD KAUCKÝ
公式サイト:http://www.transformer.co.jp/m/itannotori/
★2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー




posted by sakiko at 04:05| Comment(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月20日

トルコ映画『父と息子』トルコ料理付き上映会 (咲)

9月20日からアジアフォーカス・福岡国際映画祭が始まりました。コロナ禍でゲスト登壇はなく、上映のみの開催ですが、やっぱり行きたい! 毎年福岡でお会いする方たちにも会いたい! 20日から1泊2日で行くことを画策していましたが、数日前に父に打診したら難色を示され諦めました。シネジャのミッキーさんが、5日間全日程参加されるので、報告を楽しみにしたいと思います。

アジアフォーカスのサイトに、「コロナ禍のアジア映画」として、ゆかりのある外国の監督たちからのビデオメッセージがアップされています。中でも、トルコのレイス・チェリッキ監督の言葉にはほろっとさせられました。
こちらで視聴できます。
https://www.youtube.com/channel/UCvkoNYt0vET4kQj4oSIAAFg/

で、予定が空いてしまった20日に開催されるトルコ映画上映会を見つけたので、参加してきました。
第14回トルコ発シルクロード・シネマ・トリップ〜トルコ映画『父と息子』
というイベント。
このシリーズ、実は前から気になっていたのですが、トルコ料理付きで3000円(リピーターは2500円、ペアなら二人で5000円などの割引あり)は、ちょっと高いと敬遠していたのです。今回は福岡に行ったつもりで、奮発♪

会場は、代々木上原の東京ジャーミィ(モスク)隣りのユヌス・エムレ インスティトゥート東京(トルコ文化センター)。
P1310112 jami.JPG
(トルコ文化センターから観たモスク)
このところ、モスクへは私は京王線笹塚駅から歩いて行くのですが、笹塚駅を降りて道すがら、イチジク「博多とよみつひめ」が目に飛び込んできました。398円♪ 毎年、映画祭の合間に中洲川端商店街の八百屋さんで買っていたイチジクです。お値段も博多なみにお安くて、アジアフォーカスに行けなかったご褒美かなと。

受付開始の1時半ちょっと前に到着。
会場は、ユヌス・エムレ インスティトゥート東京 地下1階ホール。
かつてトルコ人学校のあったところに、去年新築された建物。地下があるのは知りませんでした。階段式の立派なホール。キャパ126席。コロナ感染予防で、定員40名での開催。

席を確保して、2階のギャラリーで開かれている「ミニアチュール(細密画」「テズヒープ」作品展を観にいきました。友人の青木節子さんはじめ皆さんの緻密で美しい作品にうっとり。

2時。『父と息子(Babam ve Oğlum)』上映会開始。
上映前に、主催者 KeyNotersさんの女性の方から、本作が公開時、トルコ映画史上最高の観客動員数を記録した金字塔的作品で、涙なしには観られない映画、ハンカチのご用意をと。
『父と息子』は、このシリーズの第1回に上映された映画。ユヌス・エムレ インスティトゥート東京の岡部誠一さんから、今回、日本語字幕をよりわかりやすいものに変えたこと、最後の歌の字幕も忘れずにみてくださいと一言ありました。

『父と息子(Babam ve Oğlum)』
監督:チュアン・ウルマック
出演:フィクレット・クシュカン、チェチン・テキンドル、フメイラ
2005年/トルコ/128分

*物語*
新聞記者サードゥック。編集長が臆病で原稿を没にされたと臨月の妻に嘆く。真夜中に妻が産気づくが、車が1台も通らない道端で、妻は男の子を産み落として亡くなってしまう。夜が明け、軍の車が来て、クーデターが起きたと教えられる。
その後、収監され拷問を受けるサードゥック。出所し、姉ファトマと暮らし、息子デニズの面倒をみてもらっていたが、ある日、サードゥックは姉に実家に帰ると伝える。
父フセインは大地主。跡を継いでほしいと、農学部で学ぶためにイスタンブルに行かせたのに、報道を学んでアナキストになったとフセインは不機嫌だ。刑務所に入っていたのを知らなかったと母。息子と孫を、フセイン以外の一族は大歓迎する。
一方、デニズは、父が自分をここに置き去りにするのではと不安でならない。実は、サードゥックは拷問で身体を壊し、行く末が心配でデニズを連れて帰ってきたのだった・・・

原題Babam ve Oğlumは、「私の父と私の息子」の意味。
サードゥックを主人公に、その父フセインと息子デニズの3世代の物語。父が息子を、息子が父を思う気持ちはすれ違いながら、寄り添っていく様に胸が熱くなりました。
サードゥックは、親も認めた許嫁のビルギュルを捨ててイスタンブルに行ってしまい、何年も泣いていたビルギュルは結局メフメットという男と結婚。病床にいるサードゥックに会いにきたビルギュルは、息子にサードゥックと名付けたかったけど夫に悪いから別の名にしたと打ち明けます。「心の中では息子はサードゥックよ」と。好きだった人の名前をこっそり付けることってありそう・・・

上映が終わって、KeyNotersさんの女性とユヌスエムレの岡部誠一さんが再び登壇。30分にわたって映画の背景や出演者について解説してくださいました。

サードゥックの奥さんが産気づいたのは、1980年9月12日の軍事クーデターがあった日。1970年代後半の政治混乱に終止符を打つため、参謀総長ケナン・エヴレン率いる軍首脳が起こしたもの。左翼を中心に約65万人が拘留され、23万人が起訴され、約300人が刑務所で亡くなったそうです。サードゥックも犠牲者の一人という次第。
1983年後半に民政移管されるまで、トルコは軍事政権下にありました。
私が初めてトルコを訪れたのが、1983年のGW。日本の旅行会社主催のツアーだったのですが、バスが道中あちこちで検問にあい、一度、アンカラ近くの軍の施設に行ったのを思い出しました。荷物検査だったように思います。その後、ユルマズ・ギュネイ監督の『路』を観たら、バスが軍に止められる場面が出てきて、まさに同じ!と。  
思えば、暗い時代だったはずなのに、トルコの人たちは旅人を優しくもてなしてくれました。

サードゥックの実家の地名は出てこないのですが、ヒントになるのが車のナンバープレイト。「35 DM 510」とあるのですが、35はイズミル県。
上映前に流れていた歌は、イズミル出身の国民的歌手セゼン・アクスだったとのこと。どうりで懐かしいと思ったのでした。

最後に出演者の紹介がありました。
印象に残った兄サリム役のYetkin Dikincilerさんは、このサリム役でブレイク。「オスマン帝国外伝〜愛と欲望のハレム〜 」シーズン4の第9話から出演しているとのことで写真を見せてくれたのですが、え?この人だったのと。
P1310124 sleiman.jpg
また、スレイマン大帝役のHalit Ergençさんも、『父と息子』に出ていたのですが、わからなかった・・・ というか若かった。

解説も終わり、2階の本に囲まれたカフェに場所を移して、美味しいトルコ料理をいただきながらの交流会。モスクの見える窓辺の席でご一緒させていただいた3人の女性たちは、前にこの映画上映会でお知り合いになったとのこと。楽しいひと時を過ごすことができました。
P1310135 turkey.jpg
メニューは、映画にちなんでイズミル・キョフテ(エーゲ海沿いの街イズミル風ハンバーグ)がメイン。野菜たっぷり添えたトマトソース味。
サイドメニューは、ラハナ・サラダ(ちょっと酸っぱくて辛いキャベツサラダ)、セブゼ・クザルトマ(野菜の揚げ物にヨーグルトソースかけ、姉のファトマさんが泣きながら作っていたものだそう)、フムス(ひよこ豆のペースト)、イルミック・ヘルワ(セモリナ粉のデザート。これもイズミル風)
今回からコロナ対策で、お弁当容器に入れての提供になったそうです。食べきれない量だったので、メインを半分持ち帰りました。

次回、「第15回トルコ発シルクロード・シネマ・トリップ〜『ハッピーエンドができるまで(Patron Mutlu Son Istiyor )』は、10月16日(日)14:00〜1700。
カッパドキアを舞台に繰り広げられるラブコメです。
https://silkroad15.peatix.com/

posted by sakiko at 23:55| Comment(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月23日

「存在を知ってもらいたい」2本(白)

『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』 『パブリック 図書館の奇跡』の2本を有楽町で観てきました。不要不急の外出になっちゃうんでしょうか?私には必要なんです〜。そんな映画ファンで劇場は満席になっていました。定員半分以下なので収入も半分以下です。内容はリンクした作品紹介を見てね。
brit.jpg
原作本「ブリット=マリーはここにいた」(早川書房)も読みました。紹介所の女性とのやりとりがずっと続いたり、事件が起きたり、もっと起伏があります。ブリット=マリーの内心も詳しく書かれています。本と映画は別物、と思う人が読んでも面白いですよ。

『パブリック 図書館の奇跡』では寒波の夜にホームレスの人たちが図書館に居座ります。シェルターが満杯であふれた人たちですが、昼間いた女性はいないんです。年取った人や女性は優先されたのかな?エンタメ作品としても面白いし、社会派映画としても見ごたえがあります。
この2本に共通していたのが、「ここにいる」「存在している」と知ってほしいということでした。
逆に言えば「認めてもらえない」「関心を持たれない」のが人間として寂しい、辛いということなんですね。(白)




posted by shiraishi at 15:07| Comment(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月12日

『マルモイ ことばあつめ』そして、『世宗大王 星を追う者たち』  (咲)

東京での公開を待ちわびていた『マルモイ ことばあつめ』。
7月10日(土)、シネマート新宿で12:10からのトーク付きの回に妹と一緒に行ってきました。妹は、主演のユ・ヘジンさんの大ファン。新宿には近づきたくないけれど、やっぱり大画面で早く観たいという次第。
marumoi.jpg

*物語*
1940年代、日本統治時代の朝鮮半島。使用を禁止された朝鮮語の辞典を、命がけで作った人たちの物語。
朝鮮語学会の代表、リュ・ジョンファン(ユン・ゲサン)は、ハングルで書かれた書籍を扱う書店を営みながら、周時経氏の遺した原稿を基礎とした辞典作りをしている。父は親日派で、息子である彼にも創氏改名するように圧力がかかっている。全国の朝鮮語を集めて、何を標準語にするかの作業を進めているが、協力してくれていた教師などがどんどん逮捕されたりして離れていく。
そんな折、中学生の息子の学費のために、ジョンファンのかばんを盗んだパンス(ユ・へジン)を、ひょんな縁で朝鮮語学会の雑用係として雇うことになる。何度も刑務所に入ったパンスのムショ仲間が各地方の方言の生き字引として手助けする・・・

シネジャ 作品紹介

◆上映後トーク
真鍋祐子さん(東京大学教授)と佐藤結さん(映画ライター)が登壇。
映画の背景となった日韓併合時代や、映画の内容について30分程、トークが行われました。
1910年、日韓併合。
1919年、31独立運動。
独立運動の流れで、1921年、ハングル学会結成。
1937年、日中戦争。国家総動員。
1939年、朝鮮語教育や、新聞での朝鮮語使用禁止。

「ことばあつめ」は、暴力によらず、民族を守ろうとする運動。
映画は、1945年に日本が負け、1947年に辞書が完成したところで終わっています。
「その後の朝鮮戦争と南北分断を思って、韓国の人たちは映画を観て、切ない思いだったのではないでしょうか」と、お二人が語られたのが印象に残りました。

映画は、文字の読めない人物を主人公にしていて、その彼が文字を読めるようになって、小説「運のいい日」を読み、他者の人生を共有し涙ぐんでいる場面を描いていることにも、真鍋祐子さんは感じ入ったとおっしゃっていました。


◆『世宗大王 星を追う者たち』
その文字「ハングル」を作ったのは、世宗大王(1397年〜1450年)
難しい漢字ではなく、庶民にも簡単に読み書きが出来るように、1446年に表音文字である訓民正音(ハングル)を制定しました。
sejong daioo.jpg

映画『世宗大王 星を追う者たち』では、その世宗大王が奴婢であった科学者チョン・ヨンシルを武官として重用し、明国の影響下にあった時代に朝鮮独自の暦を作れるよう、水時計や天体観測機器を開発したことが描かれています。
民のことを思い、誰にでも読み書きできる文字を考案しようとしたこともあわせて描かれています。
世宗大王をハン・ソッキュ、科学者チョン・ヨンシルをチェ・ミンシクが演じていて、『シュリ』以来20年ぶりの共演というのも話題です。

監督:ホ・ジノ(『四月の雪』『ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女』
2019年製作/133分/G/韓国
配給:ハーク
公式サイト:http://hark3.com/sejong/
★2020年9月4日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開



posted by sakiko at 19:32| Comment(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月10日

『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』を観てきました

rainyday.jpg

これは試写がなくて、劇場に観に行きました。
ティモシー・シャラメ、エル・ファニング、セレーナ・ゴメスという当代の人気若手スターが出演。

ウェーブのかかった髪に憂い顔のシャラメくんは、ちょっと風変わりな大学生ギャツビーで、高いIQをギャンブルで無駄遣いしています。これが強くてギャンブラーでも暮らしていけそう。実家もお金持ちで、ぼろ儲けしたあぶく銭は彼女と豪遊。
同じ大学の彼女アシュレー(エル・ファニング)は銀行家の娘で、ゆくゆくは結婚相手にと「ママが」推しています。アシュレーは学校新聞の取材で有名監督に会いに行くことになり、マンハッタンが地元のギャツビーは案内を買って出ます。喜んで週末のお泊りデートの計画を立てるギャツビーですが、彼女は監督や脚本家、はてはスターにまで気に入られて、予定をドタキャン。ギャツビーは八の字眉です。マンハッタンを歩くうちに地元の友達チャン(セレーナ・ゴメス)に再会して、アシュレーとは違った魅力を感じます。

ウディ・アレン監督らしいお洒落な映画で、雨の中シャラメくんに町案内をしてもらった気分です。美術館デートもあり。
酔っ払ったエル・ファニングは可愛いし、映画界の内側をちょっと覗けます。しかし、ウディ・アレン監督を彷彿とさせるような脚本家役が誰かはすぐにわからず。ジュード・ロウだったとは〜!おでこがUの字+こんなに髪が後退していたっけ。
舞台がマンハッタンなせいか、綺麗でおしゃれな家や人々ばかりが登場します。映画界とセレブ界を少しは皮肉ってもいるのですが、ほんの香辛料程度。少女漫画のようなロマコメ、キャストのファンの方おすすめ。

監督・脚本:ウディ・アレン
撮影:ヴィットリオ・ストラーロ
出演:ティモシー・シャラメ、エル・ファニング、セレーナ・ゴメス、ジュード・ロウ、ディエゴ・ルナ、リーヴ・シュレイバー

2019年/アメリカ/カラー/92分/PG12
配給:ロングライド
c2019 Gravier Productions, Inc.
https://longride.jp/rdiny/
★2020年7月3日(金)より公開中
posted by shiraishi at 13:52| Comment(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする