2020年07月12日

『マルモイ ことばあつめ』そして、『世宗大王 星を追う者たち』  (咲)

東京での公開を待ちわびていた『マルモイ ことばあつめ』。
7月10日(土)、シネマート新宿で12:10からのトーク付きの回に妹と一緒に行ってきました。妹は、主演のユ・ヘジンさんの大ファン。新宿には近づきたくないけれど、やっぱり大画面で早く観たいという次第。
marumoi.jpg

*物語*
1940年代、日本統治時代の朝鮮半島。使用を禁止された朝鮮語の辞典を、命がけで作った人たちの物語。
朝鮮語学会の代表、リュ・ジョンファン(ユン・ゲサン)は、ハングルで書かれた書籍を扱う書店を営みながら、周時経氏の遺した原稿を基礎とした辞典作りをしている。父は親日派で、息子である彼にも創氏改名するように圧力がかかっている。全国の朝鮮語を集めて、何を標準語にするかの作業を進めているが、協力してくれていた教師などがどんどん逮捕されたりして離れていく。
そんな折、中学生の息子の学費のために、ジョンファンのかばんを盗んだパンス(ユ・へジン)を、ひょんな縁で朝鮮語学会の雑用係として雇うことになる。何度も刑務所に入ったパンスのムショ仲間が各地方の方言の生き字引として手助けする・・・

シネジャ 作品紹介

◆上映後トーク
真鍋祐子さん(東京大学教授)と佐藤結さん(映画ライター)が登壇。
映画の背景となった日韓併合時代や、映画の内容について30分程、トークが行われました。
1910年、日韓併合。
1919年、31独立運動。
独立運動の流れで、1921年、ハングル学会結成。
1937年、日中戦争。国家総動員。
1939年、朝鮮語教育や、新聞での朝鮮語使用禁止。

「ことばあつめ」は、暴力によらず、民族を守ろうとする運動。
映画は、1945年に日本が負け、1947年に辞書が完成したところで終わっています。
「その後の朝鮮戦争と南北分断を思って、韓国の人たちは映画を観て、切ない思いだったのではないでしょうか」と、お二人が語られたのが印象に残りました。

映画は、文字の読めない人物を主人公にしていて、その彼が文字を読めるようになって、小説「運のいい日」を読み、他者の人生を共有し涙ぐんでいる場面を描いていることにも、真鍋祐子さんは感じ入ったとおっしゃっていました。


◆『世宗大王 星を追う者たち』
その文字「ハングル」を作ったのは、世宗大王(1397年〜1450年)
難しい漢字ではなく、庶民にも簡単に読み書きが出来るように、1446年に表音文字である訓民正音(ハングル)を制定しました。
sejong daioo.jpg

映画『世宗大王 星を追う者たち』では、その世宗大王が奴婢であった科学者チョン・ヨンシルを武官として重用し、明国の影響下にあった時代に朝鮮独自の暦を作れるよう、水時計や天体観測機器を開発したことが描かれています。
民のことを思い、誰にでも読み書きできる文字を考案しようとしたこともあわせて描かれています。
世宗大王をハン・ソッキュ、科学者チョン・ヨンシルをチェ・ミンシクが演じていて、『シュリ』以来20年ぶりの共演というのも話題です。

監督:ホ・ジノ(『四月の雪』『ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女』
2019年製作/133分/G/韓国
配給:ハーク
公式サイト:http://hark3.com/sejong/
★2020年9月4日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開



posted by sakiko at 19:32| Comment(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月10日

『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』を観てきました

rainyday.jpg

これは試写がなくて、劇場に観に行きました。
ティモシー・シャラメ、エル・ファニング、セレーナ・ゴメスという当代の人気若手スターが出演。

ウェーブのかかった髪に憂い顔のシャラメくんは、ちょっと風変わりな大学生ギャツビーで、高いIQをギャンブルで無駄遣いしています。これが強くてギャンブラーでも暮らしていけそう。実家もお金持ちで、ぼろ儲けしたあぶく銭は彼女と豪遊。
同じ大学の彼女アシュレー(エル・ファニング)は銀行家の娘で、ゆくゆくは結婚相手にと「ママが」推しています。アシュレーは学校新聞の取材で有名監督に会いに行くことになり、マンハッタンが地元のギャツビーは案内を買って出ます。喜んで週末のお泊りデートの計画を立てるギャツビーですが、彼女は監督や脚本家、はてはスターにまで気に入られて、予定をドタキャン。ギャツビーは八の字眉です。マンハッタンを歩くうちに地元の友達チャン(セレーナ・ゴメス)に再会して、アシュレーとは違った魅力を感じます。

ウディ・アレン監督らしいお洒落な映画で、雨の中シャラメくんに町案内をしてもらった気分です。美術館デートもあり。
酔っ払ったエル・ファニングは可愛いし、映画界の内側をちょっと覗けます。しかし、ウディ・アレン監督を彷彿とさせるような脚本家役が誰かはすぐにわからず。ジュード・ロウだったとは〜!おでこがUの字+こんなに髪が後退していたっけ。
舞台がマンハッタンなせいか、綺麗でおしゃれな家や人々ばかりが登場します。映画界とセレブ界を少しは皮肉ってもいるのですが、ほんの香辛料程度。少女漫画のようなロマコメ、キャストのファンの方おすすめ。

監督・脚本:ウディ・アレン
撮影:ヴィットリオ・ストラーロ
出演:ティモシー・シャラメ、エル・ファニング、セレーナ・ゴメス、ジュード・ロウ、ディエゴ・ルナ、リーヴ・シュレイバー

2019年/アメリカ/カラー/92分/PG12
配給:ロングライド
c2019 Gravier Productions, Inc.
https://longride.jp/rdiny/
★2020年7月3日(金)より公開中
posted by shiraishi at 13:52| Comment(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月07日

『その手に触れるまで』 ダルデンヌ兄弟が描いたイスラーム過激派に洗脳された少年  (咲)

sonoteni.jpg

カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した『その手に触れるまで』は、ダルデンヌ兄弟が、過激なイスラームの思想にのめり込んだ少年を描いた作品。2月末から試写が始まっていたのに、なかなか観にいけないでいるうちに、緊急事態宣言が出て、試写室はお休みに。
公開まで待とうと思っていたのですが、これはやっぱり気になる・・・と、オンライン試写で拝見させていただきました。

何より、イスラーム教徒でないダルデンヌ兄弟が、どのように描いたのかが一番の関心事でした。細部にわたって、イスラームにも様々な解釈があることが散りばめられていて、イスラーム世界において過激な思想が一般的なものでないことを伝えようとする気遣いが感じられました。

*物語*
ベルギーで暮らすモロッコ移民の家庭で育った13歳のアメッド。放課後クラスのイネス先生から別れの握手を求められて、「大人のムスリムは女性に触れない」と拒否する。
母は、「イマーム(モスクの導師)に洗脳されて以来、礼拝ばかり」と嘆く。ちょっと前まではゲーム好きの普通の少年だったのに!
イネス先生がアラビア語の歌謡曲を教材にすることを提案したとイマームに伝えると、「歌で学ぶのは冒涜。教師は背徳者」と言われ、アメッドはイネス先生を聖戦のターゲットとすることを決意する。
殺人未遂に終わるが、アメッドは少年院に送られる。
更生プログラムとして農場での実習に通い、少女ルイーズから手ほどきを受けるうちに、アメッドの気持ちが少しずつ変化していく・・・


*注:主人公の名前 アメッドという表記、とても気になっています。 ここでは、プレス資料に従いました。Ahmed アフメド、アラビア語表記からだと、アフマドと、いずれにしても h の音を発音します。 フランス語だと hは発音しないからか??  また、ッ と詰まりません。
*****

このあとの結末をどう解釈していいのか、いまだ咀嚼できてなくて、もやもやしています。
観た方と語り合いたい気分です。

そも、アメッドがなぜここまで過激なイスラームの解釈を信じるようになったのか、多くは語られていません。殉教した従兄に見習ってサウジアラビアのメディナに留学したいという言葉から、従兄に感化されたのも一つの理由だと推測できます。
さらに、イマームが殉教した従兄を見習えと炊きつけているのでしょう。
何があっても礼拝の時間をきっちり守りたいアメッドですが、事情があれば別の時間に礼拝してもいいはずです。
イネス先生の「クルアーンには、他の宗教との共存を説いていると父から教わった」という言葉に対し、「イマームからユダヤとキリスト教徒は敵だと教わった」と語る場面がありました。ユダヤとキリスト教徒は同じ啓典の民とされています。アッラーは、アラビア語で神様(唯一神)のこと。アラブ人のキリスト教徒にとっても、神様はアッラーなのです。

あと、興味深かったのが、放課後クラスでアラビア語の歌謡曲を教材にすることについて親たちが語り合う場面。
クルアーンに出てこない日常に使う現代的なアラビア語を学べば就職にも有利という者。
一方で、クルアーンを学ぶのも大事。アラビア語を学ぶのは良い信徒になるためという者。
クルアーンは、7世紀に古典アラビア語で書かれていて、今もそのまま変わっていません。日常に使う文語であるフスハー(正則アラビア語・現代標準アラビア語)は。古典アラビア語を基盤に、現代社会に対応する語彙を加えたもの。

少年院に着いた時に、持っていたアラビア語の本をアラビア語のわかる係官がチェックします。「ハディース(預言者ムハンマドの言行録))はOKだけど、信憑性の薄いものもある。あとで話そう」と言われます。
ハディースは、ムハンマドが日常生活の中で語った言葉やその行動について様々な人が見聞きしたことの言行録。礼拝の仕方から、日々の暮らしでの振る舞い、戦争など、多岐にわたってムスリムとしてあるべき姿の指針になるものなのですが、原則口伝の上、イスラームの伝播と共に加えられたものもあって、信憑性の薄いものもあるという次第。
クルアーンやハディースをどう解釈するかで、同じムスリムでも行動が変わってきます。過激派は自分たちの解釈に従って行動しているというわけです。

アメッドの父親は家族を捨てて出て行ったらしいのですが、父親がいなくなってから、母親はスカーフをしなくなり酒浸り。姉も肌をかなり出した服装。それに対しても、アメッドは文句をいいます。恐らく、父親は敬虔なムスリムとして、妻や子どもに常日頃さまざまなことを押し付けていて、アメッドはそれを見て育ったという下地もあったのかもしれません。

ところで、4月末にNHK BS世界のドキュメンタリーの再放送で「テロの街の天使たち 〜ブリュッセル6歳児日記〜」(英題:Gods of Molenbeek、フィンランド制作、2019年)を観ました。ベルギーのイスラーム教徒が多く住むモレンビーク地区に住む少年たちを追ったドキュメンタリーで、モレンビークはダルデンヌ兄弟が本作の舞台に想定した場所。
「テロは私たちイスラーム教徒が起こしたものではありません」のアナウンスが流れていたのが印象的でした。
ヨーロッパでは、社会に不満のある若者などがイスラームに改宗し、過激な行動に走ることもあると聞きます。移民のムスリムの家庭に生まれて、差別や偏見を受けて過激思想に走る若者もいるでしょう。そういった人たちを本来のイスラーム教徒とは思いたくない気持ちもわかります。

◆映画の背景 (公式サイトより)
ベルギー、ブリュッセル西部に位置するモレンベークは、10万弱の人口のうちイスラム教徒が5割程度、地域によっては8割を占め、その多くがモロッコ系。(2016年時点)
そこに暮らす一部の過激派のイスラム教徒や、モレンベークを拠点として利用した過激派が、15年のパリ同時多発テロや16年のブリュッセル爆発に関与した。クリント・イーストウッド監督が『15時17分、パリ行き』のタイトルで映画化したタリス銃乱射事件の犯人もブリュッセルから列車に乗車している。ここ数年、ブリュッセルはヨーロッパにおけるテロリズムの交差点と化している。

********

ダルデンヌ兄弟は、本作で過激なイスラーム思想に捉われた少年を主人公にしましたが、13歳という過敏な年齢。何かの思想や物にのめり込んでしまった青少年をどう救うかという普遍的な物語と捉えることもできそうです。


『その手に触れるまで』
原題:LE JEUNE AHMED 英題:YOUNG AHMED
監督・脚本:ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ(『ある子供』『ロルナの祈り』)
出演:イディル・ベン・アディ、オリヴィエ・ボノー、ミリエム・アケディウ、ヴィクトリア・ブルック、クレール・ボドソン、オスマン・ムーメン

2019年/ベルギー=フランス/84分/1.85:1 
後援:ベルギー大使館  
配給:ビターズ・エンド
c Les Films Du Fleuve – Archipel 35 – France 2 Cinéma – Proximus – RTBF
公式サイト:http://bitters.co.jp/sonoteni/
★2020年6月12日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー!




posted by sakiko at 17:55| Comment(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月24日

『イップ・マン 完結』公開に向けて、お家で過去3作 (咲)

前にも書いた通り、テレビやパソコンで映画を観るのはあまり好きじゃないのですが、ムービープラスで、ドニー・イェン演じるイップ・マンのこれまでの3作を放映するとわかって、これは観なくてはと頑張りました。

ipp man 4.jpg

ウィルソン・イップ監督がドニー・イェンとタッグを組んで描いたイップ・マンの4作目にして最終章である『イップ・マン 完結』(原題:葉問4 Ip Man4)は、本来なら5月8日(金)公開予定でした。それにあわせての企画なのでしょう。
首都圏での外出自粛も解除されそうなので、近いうちに公開日も決まりそうですね。

下記に決まりました!
★2020年7月3日(金)より新宿武蔵野館ほかロードショー

公式サイト:https://gaga.ne.jp/ipman4/


◆『イップ・マン 序章』(原題:葉問 Ip Man)2008年製作。
1930年代の中国広東省佛山。イップ・マンは裕福な家で育ち、詠春拳の達人として人々の尊敬を集めていましたが、日中戦争勃発で邸宅を日本軍の司令部として使用されることになってしまいます。財産も没収されたイップ・マンは、生きるために慣れない力仕事をすることに・・・ その後、空手の名手である日本軍将校の三浦と対決し、勝ったがために撃たれてしまいます。 (日本人としては、どうにも居心地の悪い展開)

◆『イップ・マン 葉問』(原題:IP MAN 2)2010年製作
1949年、イップ・マンは英国統治下の香港に移住し、詠春拳の武館を開こうとしますが、なかなか思うようにいきません、武館が軌道に乗ってからも、様々な問題が襲い掛かります。
香港の人々の反英感情が高まる中、イギリス側の面子を保とうとする意向で、イップ・マンはイギリス人ボクサーとの生死を賭けた闘いに挑むことになります。
(これまた、なんともつらい展開)

『イップ・マン 序章』は、2010年10月の第23回東京国際映画祭で上映された後、すぐには公開されていません。2011年2月12日に公開された、『イップ・マン 葉問』が新宿武蔵野館で観客動員が5000人を突破したため、同劇場で2月19日に一般公開されたそうです。
映画祭で観たのか、劇場公開時に観たのか、思い出せません・・・
どっちにしても、そんなに前なの?と、びっくり。ついこの間観たような気がします。


◆『イップ・マン 継承』(原題:IP MAN 3)2015年製作
今日、録画しておいたのをやっと観ました。
実は、奥様とのエピソードが描かれたIP MAN 3が、一番好きです。これまでの2作品でも、端々にイップ・マンの奥様への優しい心遣いが描かれていますが、本作では、癌に冒された奥様との最後の日々を描いているので、物語の核になっているといえます。
詠春拳にはげむイップ・マンは、もちろん素敵ですが、奥様と手をとりあってダンスする姿は実に優雅です。

ドニー・イェンを初めて認識したのは『ワンス・アポン・ア・タイム 天地大乱』(1992年、ツイ・ハーク監督)でした。リー・リンチェイ(ジェット・リー)演じる黄飛鴻(ウォン・フェイフォン)の敵役で、眼光鋭く、嫌な悪人に見えたのですが、決めポーズがリーリンチェと負けず劣らず華麗で、「この人、凄い!」と印象に残りました。

礼節をわきまえ、物腰が柔らかいながら、詠春拳の技の鋭さが際立つドニー・イェンのイップ・マンは、ほんとに素敵です。まさにはまり役だなぁ〜と惚れ惚れします。

そして、これから公開になる『イップ・マン 完結』は、病に冒され、余命宣告を受けたイップ・マンが、一人残される息子の行く末を案じて、アメリカに息子の居場所を探しにいく物語。愛弟子のブルース・リーとも再会します。イップ・マンシリーズの最終章も涙なしには観られません。

『イップ・マン 完結』公式サイト:https://gaga.ne.jp/ipman4/
シネジャ作品紹介



posted by sakiko at 22:26| Comment(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月26日

松本卓也監督 中編作品上映会と試写(白)

25日(土)
20200112164325596-thumbnail2.jpg

上映会のうち観る予定の『欲望の怪物』は17時から5丁目のアットシアターで。赤ちゃんを抱っこして受付にいらっしゃるのは、松本監督夫人かな。6か月くらい?赤いほっぺで可愛い!いつのまにかパパになられていました。
作品は「欲望が叶う」という願掛け人形(粘土職人よっちゃん作)を取り合う大人たちの話。主演の加藤万里奈さんは「口笛演奏家」で、トークの後ギターとライブしてくださいました。こんな素敵な口笛を聞いたのは初めて。

松本監督には2011年の『花子の日記』でインタビューして以来、何度かお目にかかっています。2017年『ミスムーンライト』取材のときは、おしゃべりに花が咲いて別れた後で、写真を撮り忘れたのに気づいてご本人に送っていただくという失態を演じました。このとき代わりにトップ用の画像を撮ってくださった後藤龍馬さんに、帰りしなに会えてやっとお礼を言うことができました。2年越し…。

IMG_2823.jpg

この取材のときに「次はバイオレンス映画」と聞いていた作品が試写の『ダイナマイト・ソウル・バンビ』。どんなバイオレンスかと想像もつきませんでしたが、映画を製作する映画でした。松本監督扮する山本監督(間違えそう)は、自主映画を作ってきて、初めて商業映画のスタッフ・キャストとコラボします。気合が入りすぎて物言いがきつく、暴走しがち。周りがハラハラしています。そのきしみの過程をメイキングとして撮影していく先輩のカメラで語っています。この先輩が「腹に一物、手にカメラ」で腹黒そう。何か起きそうな予感。これは中編でなく、劇場にかけたい長編。いつもの松本監督作品と一味違いますが、誰の真似でもないオリジナル。一般上映なるといいですね。

上映会に行く前に、新宿のTOHOシネマズで『キャッツ』(吹き替え版)を観ました。
ミュージカルは着ぐるみにメイクですが、映画実写版はCGを駆使しています。全米ではコケたとか、いい評判が少ないようでしたが、新しい生き物「猫人間」に目が慣れるか慣れないかかなぁ。私はそんなに違和感ありませんでした。吹き替え版はヒロインの葵わかなさんはじめ、みんなうまいです。ウィンくんのミストフェリーズ(いい役!)も良かったし、2月からの「ウェスト・サイド・ストーリー」が楽しみ〜。(白)
posted by shiraishi at 21:04| Comment(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする