2018年12月30日

今年の見納めは、韓国映画『ときめきプリンセス婚活記』と『いつか家族に』(咲)

今日は、お正月用の買い出しを兼ねて新宿に出かけて映画の見納め。
今年最後の映画は、ハ・ジョンウが監督・主演を務める『いつか家族に』と、先週から決めていました。
さて、せっかくなので、もう1本。
迷った結果、同じシネマート新宿で『いつか家族に』の前に上映する『ときめきプリンセス婚活記』(ホン・チャンピオ監督)に決定。お目当ては、バラエティ番組「1泊2日」などでお馴染みのイ・スンギ。
tokimeki.jpg

時代劇のラブコメと聞いていたのに、一人で観に来ている男性が8人ほど。あとは、女性二人連れが2組に私と、大きな劇場なのに寂しい入り。年の瀬で忙しい?
さて、物語は・・・ 干ばつから民を救うには、陰陽のバランスを保つためソンファ王女(シム・ウンギョン)を結婚させるべきと進言を受けた王様。相性の合う花婿の裏付けを占術のカリスマ監察官ソ・ドユン(イ・スンギ)に依頼。
ソンファ王女は、顔も知らない相手と結婚したくないと、王宮を抜け出し、花婿候補たちの顔を見に行くのですが、そこで出会うのが、監察官ソ・ドユン。最初は王女と気づかず行動を共にするのですが、ある時、生年月日を偽らずに王女が言ったために、ソ・ドユンは王女だと知ります。あれこれあって、ソ・ドユンは流刑の罪に。王女も意に沿わない相手と婚礼の儀に臨むのですが、そこはお決まり、ハッピーエンドに。「自由になりたい」という王女の思いを汲んだ王様にも拍手。
ほんわかした気分で、ロビーに出たら、『いつか家族に』を待つ中に、思いもかけずイラン繋がりの知り合いの男性が。今年、201本目の映画だとか。お勤めしながら、劇場でこの本数はなかなかすごいです。

『いつか家族に』の方の入りは、まずまず。少し安心します。
itsuka kazokuni.jpg

時代は、1953年、朝鮮戦争終結直後。貧しいサムグァン(ハ・ジョンウ)は、ポップコーン売りの美しい女性オンナン(ハ・ジウォン)に一目惚れ。彼女に羽振りのいい恋人がいるのを知りながら、血を売ってお金をつくり、強引にプロポーズ。結婚にこぎつけ、3人の息子に恵まれるのですが、長男が前の恋人に似てると皆に噂され、まさかと思いながら血液検査したら、ほんとに元カレの子だった! それからは、「アジョシ(おじさん)」と呼ばせ、なにかと実の子二人と差別。ところが、羽振りのいい実の父親が脳炎で倒れ、祈祷師から息子が祈れば治ると言われ、実の父親のもとに行くのですが、自分にとっての父は育ての父のほう。やがてその子も脳炎に罹り、地方の病院では埒が明かずソウルの病院に。入院費用を捻出するために、サムグァンは血を売りながらソウルをめざします。
原作は、中国でベストセラーとなった余華の「血を売る男」(河出書房新社)。
血を売るといえば、作家の五木寛之さんを思い出します。
戦後の皆が貧しかった時代、お金を作るのにてっとり早いのは、男性だったら売血だったのですね。
帰り道、新宿の地下道で「献血、夕方の今なら空いてます」と、献血ののぼりを持った日本赤十字社の方が呼び掛けてました。かつて、血が売れたことを若い人たちは想像できるでしょうか・・・

それにしても、どちらの映画にも占術師やら祈祷師やら・・・ 韓国は時代を経ても、そういった人たちの存在が大事なのですね。

今年最後の映画も観終わったので、これから今年のベストテンの選出です。




posted by sakiko at 22:02| Comment(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月23日

アニメを観に行く(白)

日比谷に大きなシネコンができて、試写のついでに行きやすくなりました。
で、観て来たのがこの2本。結構自前でも観ているんですよ〜。

『グリンチ』主人公のグリンチの声はベネディクト・カンバーバッチ。この方は人間以外の役もいろいろとやってくれます。ホビットではドラゴンの声と動きもやっていましたっけ。作品紹介はここ。2000年の実写版ではジム・キャリー主演、メイクが怖い妖怪っぽくて子どもが泣きそうな熱演でした。
今回はアニメなので、1957年発表の原作絵本のキャラが生きています。愛犬と山奥に住んでいるグリンチの発明品の数々が面白いのと、クリスマスで賑わう町がもうとても可愛くて、これはアニメがぴったりです。
"Grinch" という英語はもともとあったものでなく、この絵本キャラが定着して「意地悪で不機嫌で、他人が楽しんでいるのを台無しにする人」というような普通名詞としての意味が後付けされた、と最近ネットで知りました。へ〜。12月14日から公開中。

sugar.jpg
(C)2018 Disney. All Rights Reserved.

『シュガー・ラッシュ オンライン』2013年の『シュガー・ラッシュ』の続編です。当時書いた作品紹介はここ。これは時間がちょうどよかった吹き替え版を観ました。声優陣にびっくりでした。
今回の目玉は、ヴァネロペがインターネットの世界で「ディズニー映画のプリンセスたち」と出会うシーン(いろいろと可愛い)と、カーレースのシーン(すごい&シャンクがカッコイイ)。もう一つ、ネットユーザーには思わず笑えるネットのネタ。
ヴァネロペとラルフは壊れてしまったゲーム機のハンドルをイーベイで見つけて、その代金を稼ぐために動画サイトの「いいね」(ハートマーク)を集めます。しつこいポップアップ広告や怪しいサイトなど、このへんの一連が「あるある」ですごくおかしい。

仲良しすぎてヴァネロペに依存していたラルフの「弱点(闇の部分)」が集まって膨れあがってくる場面では、隣で観ていた親子の3歳くらいの女の子が怖がってわんわん泣いていました。あれは小さな子には怖いわ。画面の音も大きいので、目立ちませんでしたが。
これはリッチ・ムーア監督はじめ『ズートピア』(2016)と同じチームの製作なんです。ただただ面白いだけでなく、ちゃんと問題も内包されています。私が感じた裏テーマは女子の成長と自立。ラルフが父で愛娘がヴァネロペ、とも見えました。
大人も子どもも楽しめるので、超おすすめ!!12月21日から公開中。(白)
posted by shiraishi at 11:54| Comment(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

ナデリ監督の『タングスィール』のあとは、「企画上映 美術監督 木村威夫」で『春泥尼』 (咲) 

今日は、東京フィルメックス最終日。アミール・ナデリ監督が革命前に撮ったイラン映画『タングスィ―ル』が追加上映されたので、朝早くから頑張りました。
これはもう、ほんとに凄い映画でした。上映に向けて、粘り強く交渉してくださった市山さんはじめ、関係者の皆さまに感謝です。
ナデリ監督が黒澤明監督の映画に憧れて、少しでも近づこうと作っただけあって、黒澤作品をそれほど観ていない私にも、映像や音楽など、あちこちに黒澤監督を感じました。
(映画の内容や、Q&Aについては映画祭報告ブログで後日お届けします。)

『タングスィ―ル』の余韻に浸りながら、京橋の国立映画アーカイブまで歩いていきました。
企画上映「国立映画アーカイブ開館記念 生誕100年 映画美術監督 木村威夫」の最終日で、1時半からの『春泥尼』がお目当て。原作は、今東光の『春泥尼抄』。阿部豊監督の作品で、岡田真澄、二谷英明と、私好みの二枚目俳優に惹かれて観に行った次第。(招待券をいただいていたという事情もありましたが!) 尼僧役の筑波久子、左幸子のお二人も素敵でした。
貧しい農家に生まれ、尼寺に預けられ尼僧となるも、男の誘惑に落ちて尼寺を追われる春枝の物語。1958年のモノクロ作品。
黒澤監督に影響を受けたナデリ監督作品のあとに、久しぶりに、味わい深い古き良き日本映画に触れることができて、いい選択だったと幸せな気分に♪

今年生誕100年を迎えた映画美術の巨匠木村威夫(1918-2010)の企画上映は、今日が最終日でしたが、企画展示は、来年1月27日まで開催されています。
TakeoKimura_Flyer700.jpg
国立映画アーカイブ開館記念 生誕100年 映画美術監督 木村威夫
会場:国立映画アーカイブ 展示室(7階)
会期:2018年10月16日(火)−2019年1月27日(日)
http://www.nfaj.go.jp/exhibition/takeokimura/


映画が終わって、まだ3時過ぎ。
せっかく都内に出てきたので、花園神社で三の酉を味わってきました。
DSCF7748 sannotori s.JPG

DSCF7751 hanazono s.JPG

posted by sakiko at 21:50| Comment(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月22日

前回投稿後の毎日

試写鑑賞は今月まだ15本。
毎日焦げそうに暑くて、冷房のきいたところに行きたいものの、炎天下に出るまでに一大決心が要ります。
順に作品紹介ブログにアップしていきます。どれも充実した作品でした。
あいまに見逃していた3本を劇場で。

『焼肉ドラゴン』 在日の方々のご苦労と逞しさを垣間見ました。
映画・観劇仲間と久しぶりに一緒ですが、いつもバラバラに好きな席で観ています。
この日はなんの打ち合わせもしていないのに、通路際席に4人縦並びになっていて大笑いしました。

『エヴァ』 イザベル・ユペールが娼婦のエヴァ、ギャスパー・ウリエルが新進の劇作家に。最初に出会うシーンからすでに貫禄負けしています。ギャスパー・ウリエルは『かげろう』(04)で来日した20歳くらいのころ、試写室に顔を出してくれて「アラン・ドロン後の久々の美青年」だと喜んだ記憶あり。今も引き続き活躍中です。

『ジュラシックワールド』 ジュラシックパークのシリーズはなぜか見逃したままでしたが、これは大画面で観たくてTOHOシネマズへ行ってきました。人間が恐竜をなんとかしようなんておこがましい。人間はちっぽけなのに欲望ばかりが大きい。

17日は「SKIP国際デジタル映画祭2018」上映作品『ザ・ラスト・スーツ(仮題)』パブロ・ソラルス監督に(咲)さんとインタビュー。
前日の映画祭でのQ&Aはこちらです。
とってもきさくでお喋り好きな監督でした。公開は今年中。(白)

IMG_6193.jpg

主演のミゲル・アンヘル・ゾラさんを「ほんとは若くてカッコイイんだよ」と監督
posted by shiraishi at 15:40| Comment(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

劇場で、話題の2本『ブリグズビー・ベア』と『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』

bea.jpg

『ブリグズビー・ベア』デイヴ・マッカリー監督、カイル・ムーニー(脚本・主演)
25歳のジェームスは両親と3人で、外界から閉ざされたシェルターの中で暮らしていた。「ブリグズビー・ベア」が活躍するテレビ番組と両親から全てを学び、ネットでベアのファンたちと語るのが楽しみな毎日。ある日、警官隊が踏み込み、両親は逮捕されてしまう。「助け出された」ジェームスは、実は赤ちゃんのときに、子どものない夫婦に誘拐され、育てられていたのだ。本当の両親と妹、初めての外の世界に戸惑うジェームスは、何がなんだかわからない。これまでの生活を否定され。新しく適応させられることになり、二つのギャップに辛い日々を送る。

いわば監禁されて純粋培養されたジェームス。偽の両親に彼らなりの方法で愛されて、素直な青年に育っています。本当の家族も突如戻ってきた息子との時間を埋めようと努力します。これがなかなか上手くいかないのですが、ジェームスの心のよりどころだったべアがそのけん引役となりました。
監督と主演の2人は「サタデー・ナイト・フィーバー」で人気のコンビ。育ての父親にスター・ウォーズのルーク役マーク・ハミル。息子のために語る声がいいです。映画愛がいっぱいつまった作品。
http://www.brigsbybear.jp/
(C)2017 Sony Pictures Classics. All Rights Reserved.
★6月23日より公開中

『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』ロン・ハワード監督
SWシリーズの人気キャラ ハン・ソロにスポットを当てたもう一つの物語。ハン・ソロ誕生秘話&チューバッカ&ファルコン号との出会い、などなど。
若き日のハン・ソロを演じるのは、『ヘイル、シーザー!』(2016)で注目されたオールデン・エアエンライク。ハリウッドでアクション俳優になるのを夢見て、地方からやってきた新人役でした。訛りが強くて、監督(レイフ・ファインズ)に何度も何度も直されて・・・という場面が忘れられません。
CGもアクションも旧3部作(1977、80、83年)とは桁違いなので、もう一度戻って見比べたら面白いはず。ハンの恋人キーラにエミリア・クラーク。『ターミネーター:新起動 ジェニシス』でサラ・コナー役。「ゲーム・オブ・スローンズ」の姫デナーリス・ターガリエンで大ブレイクしたのでした。ランドの相棒ドルイドL3-37、タンディ・ニュートンと女性たちがお飾りでなく、きちんと活躍するのが、旧作との大きな差。映画界も変化しています。

https://starwars.disney.co.jp/movie/hansolo.html
★6月29日より公開中
posted by shiraishi at 10:38| Comment(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする