2020年02月04日

2019年 第93回 キネマ旬報ベスト・テン発表

■日本映画ベスト・テン第1位 『火口のふたり」
(監督:荒井晴彦 配給:ファントム・フィルム)

■外国映画ベスト・テン第1位 『ジョーカー』
(監督:トッド・フィリップス 配給:ワーナー・ブラザース映画)

■文化映画ベスト・テン第1位 『i-新聞記者ドキュメント-』
(監督:森達也 配給:スターサンズ)

■読者選出日本映画ベスト・テン第1位 『半世界』
(監督:阪本順治 配給:キノフィルムズ)

■読者選出外国映画ベスト・テン第1位 『ジョーカー』
(監督:トッド・フィリップス 配給:ワーナー・ブラザース映画)

【個人賞】
日本映画監督賞 白石和彌 『ひとよ』『凪待ち』『麻雀放浪記2020』
日本映画脚本賞 阪本順治 『半世界』
外国映画監督賞 トッド・フィリップス『ジョーカー』
主演女優賞 瀧内公美 『火口のふたり』
主演男優賞 池松壮亮 『宮本から君へ』
助演女優賞 池脇千鶴 『半世界』
助演男優賞 成田凌 『愛がなんだ』『さよならくちびる』ほかにより
新人女優賞 関水渚 『町田くんの世界
新人男優賞 鈴鹿央士 『蜜蜂と遠雷』『決算!忠臣蔵』
読者選出日本映画監督賞   阪本順治 『半世界』
読者選出外国映画監督賞   トッド・フィリップス 『ジョーカー』
読者賞 ライムスター宇多丸、三沢和子 連載『2018年の森田芳光』
特別賞 和田誠(映画の素晴らしさや愉しさを広く伝え、多くの映画ファンを育てた功績に感謝をこめて)

★GYAOで過去の受賞作の無料配信開始!
作品によって期間が異なりますので、ご確認ください。こちら
posted by shiraishi at 21:51| Comment(0) | 映画雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月22日

第74回毎日映画コンクール

受賞作品・受賞者が決定しました!

★日本映画大賞 「蜜蜂と遠雷」(石川慶監督)
★日本映画優秀賞 「新聞記者」(藤井道人監督)
★外国映画ベストワン賞 「ジョーカー」(トッド・フィリップス監督)

★男優主演賞 成田凌「カツベン!」
★女優主演賞 シム・ウンギョン「新聞記者」
★男優助演賞 吉澤健「凪待ち」
★女優助演賞 池脇千鶴「半世界」
★スポニチグランプリ新人賞 鈴鹿央士「蜜蜂と遠雷」
★スポニチグランプリ新人賞 関水渚「町田くんの世界」
★田中絹代賞 風吹ジュン

★監督賞 石川慶「蜜蜂と遠雷」
★脚本賞 阪本順治「半世界」
★撮影賞 クリストファー・ドイル「ある船頭の話」
★美術賞 磯田典宏「カツベン!」
★音楽賞 RADWIMPS「天気の子」
★録音賞 藤本賢一「半世界」

★アニメーション映画賞 「海獣の子供 」(渡辺歩監督)
★大藤信郎賞 「ある日本の絵描き少年」(川尻将由監督)
★ドキュメンタリー映画賞 「えんとこの歌 寝たきり歌人・遠藤滋」(伊勢真一監督)

★TSUTAYAプレミアム映画ファン賞 日本映画部門 「凪待ち」
★TSUTAYAプレミアム映画ファン賞 外国映画部門 「ジョーカー」

★特別賞 宮本まさ江 (衣装)
<表彰式>
2020年2月13日、ミューザ川崎(神奈川県川崎市幸区大宮町1310)

<公式HP>
https://mainichi.jp/mfa/
posted by shiraishi at 05:00| Comment(0) | 映画雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月15日

第43回日本アカデミー賞優秀賞 発表

授賞式は3月6日。テレビでも放映されます。
作品一覧はこちら
この中から最優秀受賞が決まります。
その前に作品をぜひ見直してね。

https://www.japan-academy-prize.jp/index.php
posted by shiraishi at 19:02| Comment(0) | 映画雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

昨年最後の映画と今年初の映画(白)

IMG_2663.jpg

昨年12月末でTOHOシネマズの「1ヶ月フリーパス」サービスが終了しました。
これは映画マイレージを6000マイルためたら、1ヶ月間全国のTOHOシネマズ(六本木ヒルズは除く)で観放題というサービスです。なくなると聞いて、最初で最後に入手しようと、計算しつつせっせと劇場に観に行きました。1分1マイル、120分の作品なら120マイル。6000マイル貯めるには2時間ものを50本です。TOHO上映の長尺大作は、私はほぼ試写で観られないので、ちょうど良かったです。
11月末、めでたく6000マイルを越えて、1ヶ月間試写と取材の合間に通いました。字幕・吹き替え両方観たり、これまで未見の『妖怪ウォッチ』まで22本観ることができて充実した1ヶ月でした。おかげで今年の試写・劇場合わせた鑑賞本数は380本と前年を更新。

昨年最後の映画は試写が(暁)さんと同じドキュメンタリー『世界で一番貧しい大統領』、劇場は『アナと雪の女王2』吹き替え版。
今年初の映画は6日の試写『ジョジョ・ラビット』が満席で入れず、同じくあぶれたKさんと二人その足で六本木ヒルズのTOHO『男はつらいよ50 お帰り 寅さん』に。これが初劇場映画になりました。
『男はつらいよ』シリーズは1969年に第1作が作られてから50年。22年ぶりの50作目です。渥美清さんをはじめ、亡くなられた方々が若い姿のまま映画の中にいました。全作品観ていますが、記憶はおぼろ「ああ、こんなシーンもあった、こんな人もいた」と懐かしく観ました。
寅さんは回想シーンと満男の幻想の中に出てきますが、どこでどうやって亡くなったのかは描かれていませんでした。それぞれの思い出の中に生きているということなんでしょうね。
初試写は8日に『エキストロ』(日本)フェイクドキュメンタリー、『衝動 世界で唯一のダンサオーラ』(フランス)ドキュメンタリーでした。
今年はどんな映画、どんな方々に出会えるのか楽しみです。そのためには元気でいなくてはいけません。
みなさまも健康第一、ご機嫌よく過ごせる一年でありますように。(白)
posted by shiraishi at 13:47| Comment(0) | 映画雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月28日

報知映画賞 発表!

映画賞の先鞭、報知映画賞が発表になりました。表彰式は12月中旬。

作品賞・邦画部門:『蜜蜂と遠雷』(監督:石川慶)
作品賞・海外部門:『ジョーカー』(監督:トッド・フィリップス)
アニメ作品:『天気の子』(監督:新海誠)
主演男優賞:中井貴一『記憶にございません!』
主演女優賞:長澤まさみ『マスカレード・ホテル』『コンフィデンスマンJP ‐ロマンス編‐』
助演男優賞:成田凌『チワワちゃん』『愛がなんだ』『さよならくちびる』
助演女優賞:小松菜奈『来る』『閉鎖病棟―それぞれの朝―』
監督賞:佐藤信介『キングダム』
新人賞:鈴鹿央士『蜜蜂と遠雷』
新人賞:玉城ティナ『Diner ダイナー』『惡の華』
特別賞:『翔んで埼玉』(監督:武内英樹)

https://www.hochi.co.jp/award/hochi_eigashou/
posted by shiraishi at 16:21| Comment(0) | 映画雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする