2021年07月23日

『親愛なる君へ』 基隆で育った母の最期を想う (咲)

メイン_TR_LMT6539.jpg

c 2020 FiLMOSA Production All rights

台湾映画『親愛なる君へ』
莫子儀(モー・ズーイー)が同性愛者の主人公を演じているということだけしか知らずに拝見。映画が始まって程なく、低い山に囲まれた港町が映り、あ、基隆!と、もう感無量でした。

_LMT9384.jpg

c 2020 FiLMOSA Production All rights

基隆は、私の母が7歳から終戦の年までの10年間を過ごした町。外国航路の船長をしていた祖父が家族と常に暮らせるようにと見つけたのが、基隆港での水先案内人の仕事でした。基隆は、深い入り江になっていて、天然の良港。祖父は水先案内人として、来港した大型船を迎えるたびにコーヒーを振舞われ、胃を荒らしてしまったらしく、おそらくそれがもとで戦争の終わる少し前に亡くなってしまいました。母と祖母はすぐにでも神戸の家に帰りたかったようですが、戦況悪化で沖縄を経由して本土に戻るのはとても無理。敗戦後、台湾に住む日本人は引き揚げることになり、祖母は早々に9月初めの引揚船に乗れるように手配。祖父が水先案内人だったことから伝手があったようです。祖母があんなに急がなければ、もっとゆっくり荷物の整理ができたのにと母によく聞かされました。
日本に持ち帰れるのは、一人行李一つ。大急ぎで必要なものをまとめて、暑いのに服や靴下は何枚も重ねて身に着けたそうです。内地は甘いものが不足しているらしいと、砂糖をお土産にと缶に入れたのですが、砂糖の入った行李を船に積む時にクレーンが海に落としてしまい、砂糖は塩になってしまったのよと後々まで嘆いていました。
一人っ子だった母は、祖父にとても可愛がられたようです。休みの日に、基隆の港の入り口付近の岩場に釣りに連れていってもらったこと、台湾は果物が豊富だから昼食は果物だけにしようと言ったものの数日しか続かなかったこと、戦争が終わったら世界一周の船旅に連れていってあげると言っていたことなど、ほんとによく聞かされました。母は子ども心に、内地での暮らしが懐かしくて、りんごやみかんが届くのが楽しみだったとか。また、祖母が露店の食べ物は不衛生だからと、台湾の美味しいソウルフードを食べさせてもらえなかったそうです。

さて、映画『親愛なる君へ』

サブ1_LMT7152_CC.jpg

c 2020 FiLMOSA Production All rights

*まずは物語を公式サイトより*
老婦・シウユーの介護と、その孫のヨウユーの面倒をひとりで見る青年・ジエンイー。
血のつながりもなく、ただの間借り人のはずのジエンイーがそこまで尽くすのは、ふたりが今は亡き同性パートナーの家族だからだ。
彼が暮らした家で生活し、彼が愛した家族を愛することが、ジエンイーにとって彼を想い続け、自分の人生の中で彼が生き続ける唯一の方法であり、彼への何よりの弔いになると感じていたからだ。
しかしある日、シウユーが急死してしまう。
病気の療養中だったとはいえ、その死因を巡り、ジエンイーは周囲から不審の目で見られるようになる。
警察の捜査によって不利な証拠が次々に見つかり、終いには裁判にかけられてしまう。
だが弁解は一切せずに、なすがままに罪を受け入れようとするジエンイー。
それはすべて、愛する“家族”を守りたい一心で選択したことだった…

監督・脚本:チェン・ヨウジエ(鄭有傑)
監修:ヤン・ヤーチェ
出演:モー・ズーイー、ヤオ・チュエンヤオ、チェン・シューファン、バイ・ルンイン
2020年/台湾/カラー/106分/シネマスコープ/5.1ch/華語・台湾語
原題:親愛的房客/英題:Dear Tenant
配給:エスピーオー、フィルモット
配給: エスピーオー、フィルモット
★2021年7月23日(金・祝) シネマート新宿・心斎橋ほか全国順次公開
シネジャ作品紹介


今は亡き同性パートナーの弟は、借金から逃げて上海に住んでいて、旧正月で実家に帰ってきても、母親から「家を売りたいの?」「お金がいるの?」と全く信用されていません。
その弟から、ジエンイーは財産狙いで介護しているのかと問い詰められるのです。ヨウユーは叔父さんより、ジエンイーを二番目のパパと呼んで慕っていて、血縁より心の繋がりが大事だと感じさせてくれます。
“国民のおばあちゃん”と呼ばれる名女優チェン・シューファン(陳淑芳)さん演じるシウユーが「痛い痛い」と苦しむのをなんとかしてあげたいと思うジエンイーや孫。
この場面で、10年前の夏、首に出来た癌が悪化して、「痛いから、なんとかして〜」と叫んでいた母を思い出しました。代わってあげることもできず、私には何もしてあげられなくて歯がゆい思いでした。結局、病院が受け入れてくださることになって、7月下旬の今日のような暑い日に入院。モルヒネを打って痛みは止めてもらうことができましたが、程なく意識がなくなり、9月9日に亡くなりました。
11月に入って、母宛に年賀状をくださっていた方たちに母が亡くなったことをお知らせしたところ、すぐにご連絡をくださったのが、佐賀や石垣島に住む基隆時代のご友人たちでした。敗戦で日本の各地に引き揚げてばらばらになってしまった基隆の同級生たち。70歳を過ぎる頃までは、1年に数回、どこかで集まっていました。台湾人の同級生の方たちとも、ずっと親交が続いていました。母にとっては、神戸に次ぐ故郷。
基隆の風景が美しく映し出された『親愛なる君へ』。母と一緒に観たかったとしみじみ思いました。

_LMT9832.jpg

c 2020 FiLMOSA Production All rights

ジエンイーが間借りしているシウユーの家は、少し高台に建っていて、上記の画像で窓から港が見えています。(こんな風に海が見えるところに住みたい♪)
位置はおそらく湾のどん詰まり。左手に基隆駅があるところ。母の暮らしていた家は、この位置から見ると右手の丘の中腹。現在、基隆中正公園のある位置のちょっと下あたりだと思います。当時は、戦争中で港を見下ろせる山の上に登ることは禁止されていたそうです。

ところで、ジエンイーを演じた莫子儀(モー・ズーイー)には、『台北に舞う雪〜Snowfall in Taipei』(霍建起監督)が2009年の東京国際映画祭で上映された折に、宮崎暁美さんがインタビューしています。(シネマジャーナル78号に掲載) 私にも声がかかったのですが、指定の時間に、どうしても優先したい予定があって、同席するのを諦めました。その翌日、東京国際映画祭のオープニング・グリーンカーペットを沿道で取材。霍建起監督が『台北に舞う雪』の出演者一行を引き連れて歩いてきたのですが、監督には前日インタビューしたばかりで顔を覚えていてくださっていて、私の正面に一行を連れてきてくださいました。そうして撮れたのが、この写真です。

TIFF2009 taipeini mauyuki.jpg

『台北に舞う雪』一行。
左から莫子儀(モー・ズーイー)さん、童瑶(トン・ヤオ)さん、霍建起(フォ・ジェンチイ)監督、陳柏霖(チェン・ボーリン)さん、楊祐寧(トニー・ヤン)さん (撮影:景山咲子)

その時に、一番左端の素敵な彼は誰?と思ったのが、莫子儀(モー・ズーイー)でした。
予定を無視してでもインタビューに同席するべきだったと悔しかった次第です。
あれから時を経て、落ち着いたいい役者さんになったと感慨深いです。


posted by sakiko at 20:00| Comment(0) | 映画雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月11日

津軽三味線にひかれて観た映画『いとみち』 (咲)

7月7日(水)、1時から渋谷・映画美学校で『ミッドナイト・トラベラー』の試写。アフガニスタンのハッサン・ファジリ監督が身の危険を察知し、家族と共に難民として3年がかりでドイツにたどり着くまでの過程をスマートフォンで記録したもの。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019で審査員特別賞を受賞した作品で、その折に観ていますが、もう一度拝見。9月11日に公開されます。詳細は、また後日。

さて、この日、試写はこれ1本。何かもう1本映画をと検索したら、試写室と同じビルにあるユーロスペースで3時10分から『いとみち』がありました。

tsugaru itomiti.jpg

ちょうど、高校の同級生のT.S.君から、津軽の旅の写真が届いて、その中に津軽鉄道金木駅で撮った『いとみち』のポスターがあったこともあって触発された次第です。
5月末頃に、シネジャのメンバーの中で、津軽三味線が出てくる映画として話題になっていましたが、メイドカフェのメイドが津軽三味線?!と、実は思い切り引いていたのです。でも、観た人たちの評判はいいし、なにより若い頃から何度か訪れた津軽が舞台。青森出身の横浜聡子監督が津軽弁にこだわったことも気になって、思い切って観てみました。

*物語*
相馬いとは弘前市の高校に通う16歳。母方の祖母と、民俗学者の父と3人で五能線沿線の板柳で暮らしている。津軽弁の訛りが激しくて、授業で本を読めば皆に笑われる。祖母や亡き母に仕込まれた津軽三味線は青森大会で審査員特別賞をもらったほどの腕前だが、しまい込んでいたら皮が破れてしまった。修理代の捻出と、引っ込み思案の性格を直したいと、学校や家から離れた青森市の「津軽メイド珈琲店」でバイトを始める。ところがせっかく慣れた頃にオーナーが逮捕され、店は存続の危機に。いとは、一念発起して、店で津軽三味線のライブをさせてくださいと申し出る・・・

公式サイト
シネジャ作品紹介

リンゴ園越しに見える岩木山に、あ〜この景色! と、弘前から五能線に乗った時のことを思い出しました。岩木山の裾野をぐるっとまわりこむように走っている五能線からは、ずっと岩木山が見えて、とても神々しいです。
豊川悦司さん演じる父は、津軽弁の研究もしている民俗学者なのですが、娘に「けっぱれ(頑張れ)」と励ましても、「ちょっと違う」と言われてしまいます。方言って、ネイティブじゃない人が口にすると、どこか違うものなのですね。
同じ青森でも、南部弁や下北弁とも津軽弁は違うそうですが、津軽の中でも城下町弘前の言葉はさらに柔らかい響き。かつて道に迷って尋ねた時に返ってきた言葉が、半分くらいしか意味がわからないながら、とても上品で感激したのを思い出しました。
『いとみち』の台詞も半分以上が津軽弁ですが、話の流れからなんとなくわかるという感じ。テレビの普及で方言がだんだんすたれていく中、方言を大事にした『いとみち』、いいなと思いました。

ところで、いとが板柳駅で料金表を眺める場面があります。青森まで770円! 弘前の高校に通っているので、五能線から奥羽本線に乗り換える川部までは定期券があるとしても、川部から青森まで590円。メイドカフェの時給は、恐らく千円位でしょうし、交通費は全額は支給されないだろうし・・・と余計な計算をしてしまいました。

tsugaru itayanagi.jpg

こちらは、1998年にT.S.氏が撮影した板柳駅。
私も冬に五能線に乗ったことがありますが、夏とは全く違う風情でした。

そして、『いとみち』の魅力は、なんといっても津軽三味線。いとを演じた駒井蓮さんは、本作のために猛特訓。おばあちゃん役の西川洋子さんは津軽三味線の巨星・高橋竹山氏の最初のお弟子さん。祖母といとの合奏シーンには、ほろりとさせられます。
激しく豪快なイメージのある津軽三味線ですが、魂の響きを感じます。

tsugaru anzu.jpg

T.S.君から送られてきた中に、「居酒屋の店員さんが皆、津軽三味線を弾ける若い人たちでした。変わり身に驚きました」と、こんな勇壮な写真がありました。
お店は、「津軽三味線ライヴハウス 杏」
津軽三味線の若手第一人者である多田あつしさんが代表。多田あつし&夢弦会のメンバーによる生演奏(マイクなし!)が楽しめます。
http://anzu.tsugarushamisen.jp/
次回、弘前に行ったら、ぜひ迫力ある生演奏を味わいたいと思います。津軽の郷土料理も楽しみです♪

さて、映画『いとみち』の最後、いとが父と一緒に岩木山に登ります。頂上は岩場になっていて、私が学生時代に行った時、あと頂上まで数十メートルのところで断念したのを思い出しました。
津軽を再訪しても、岩木山再挑戦は、もう無理ですねぇ・・・


posted by sakiko at 14:01| Comment(0) | 映画雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月27日

『食の安全を守る人々』完成披露のあとに『田舎司祭の日記』  (咲)

6月20日(日)10時半からの『食の安全を守る人々』完成披露プレミア上映会へ。
最終試写に伺えなくて、公開されたら・・・と思っていたのですが、上映後に関係者のトークもあるとの案内をいただいたので、いそいそと出かけてきました。

『食の安全を守る人々』
種子法廃止、種苗法の改定、ラウンドアップ規制緩和、そして表記無しのゲノム編集食品流通への動き・・・ 日本の農と食にこれまで以上の危機が押し寄せている。そんな中、本作は、日本で、海外で農と食の持続可能な未来図を描く人たちを追ったドキュメンタリー。
公式サイト:https://kiroku-bito.com/shoku-anzen
★2021年7月2日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町およびアップリンク吉祥寺にて公開


DSCF4664 2021-6-20 shokuno anzen.JPG

上映後、監督・撮影・編集を務めた原村政樹氏(写真右)と、プロデューサーの山田正彦氏(写真左)のトークが行われました。
食の安全が心配になる現状をずっしり感じた映画でしたが、お二人から「未来に希望を持って貰えるような映画を心掛けた」との言葉がありました。
食の安全を考えて実行する人たちがいる限り、未来は明るいと思いました。トークの模様は、別途お届けします。

会場が大井町だったので、キネカ大森でインド映画と思ったら、観たかった『グレート・インディアン・キッチン』の上映は、この日はなく、セシリア・チャン主演の香港映画『忘れえぬ想い』にしようかなと思ったのですが、久しぶりにもう一度観たいというワケでもなかったので、この間、満席で観られなかった『クルエラ』にしようと、新宿シネマカリテのサイトを見てみました。
上映中の映画の中に『田舎司祭の日記』がありました。チラシを見て、すごくそそられた映画です。14:15からという開始時間もばっちり! こちらに決定。
(20日の夕方、山手線が4時間にわたって止まるというアクシデントがあり、大森に行っていたら帰りが大変だったかも)

inaka sisai.jpg

『田舎司祭の日記 4Kデジタル・リマスター版』
(シネマカリテでは、2Kで上映)
原題:Journal d'un cure de campagne
監督:ロベール・ブレッソン
出演:クロード・レデュ,アルマン・ギベール,ジャン・リビエール,ニコル・ラドラミル
フランス/1951年/115分
製作から70年を経て、劇場初公開!


劇場の入口で、B4版の作品紹介の詳細が書かれたものをいただきました。
一般上映では珍しいですね。
お陰で、作品内容が書けます♪

北フランスの寒村に赴任してきた神学校を卒業したばかりの若い司祭。体調はすぐれないが、気力だけはあり、住民たちの悩みを聞き善行を行おうとするが、苦しい生活を送る村の人たちには、経験の浅い司祭を暖かく迎える余裕はない。
それでも、一日が終わると、ペンを執り、その日の出来事を記すのが日課だ。

楽しみは、子どもたち相手の教義問答の授業
青少年のスポーツクラブ設立支援を依頼に領主のもとを訪れ、幼い息子を亡くし沈んでいる夫人と出会う。夫が娘の家庭教師と浮気していることも、夫人を悩ませていることを知る。そんな夫人に成す術もない司祭。
領主の娘も父親の不貞を知って、司祭に激しく不満をぶちまける。
数日後、夫人から、司祭によって気持ちが救われたとの手紙が届き、喜んだのも束の間、夫人は狭心症で亡くなってしまう。
司祭自身の体調はますます悪くなり、赤ワインにパンを浸して食べることしかできなくなる。それを酒浸りになっていると誤解されてしまう。
血を吐き道で倒れた司祭は、医者に診てもらうため町に出る。
町で、かつて神学校で共に学んだが、今は神の道を捨て世俗的な暮らしをしている仲間に会う。彼の体力はもう限界を超えていた・・・

最後、Fin と出て終わり!
昔の映画は、そうだった! と懐かしく思い出しました。

実は、チケットをネットで購入する前に、「シネマカリテ スクリーン2の見やすい席」を検索したときに、「正面に向かって左奥に扉があるので、左の通路側はエンドロールの途中で出ていく人がいると落ち着かない」とあって、右の通路側を取ったのです。
(ヒューマントラスト有楽町で苦い思いをしたので! →その時のスタッフ日記
今回、あっけなく終わったので、まったく杞憂に終わりました。
長ったらしいエンドロールが続くより、こういう終わり方もいいものだなぁ〜と思いました。
なんとも寂しく息苦しい若い司祭の人生が、あとあとまで心に残っています。
味わい深い映画でした。



posted by sakiko at 18:23| Comment(0) | 映画雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月11日

『生きろ 島田叡―戦中最後の沖縄県知事』にリーダーのあるべき姿を思う。(咲)

1年1回発行のシネマジャーナル本誌104号の入稿日が間近に迫っているのですが、4月6日(火)、1時からロシアのアニメ『クー!キン・ザ・ザ』の最終試写があって渋谷まで出かけてきました。
2016年に観た実写版『不思議惑星キン・ザ・ザ デジタル・リマスター版』が何とも不思議な世界で面白かったので、これは絶対見逃せないという次第でした。
実写版の方がインパクトありましたが、アニメも負けず劣らず脱力系の作品で楽しみました。

この日の試写予定は、これ1本。渋谷まで行くので、何か観るべき映画はないかと検索したら、ありました! 
しかも、映画美学校試写室での『クー!キン・ザ・ザ』が終わってから8分後から、同じ建物3階のユーロスペースでの上映。

という次第で、『生きろ 島田叡―戦中最後の沖縄県知事』を観てきました。
これは見逃してはいけない映画でした。
『クー!キン・ザ・ザ』の試写で会ったK氏に、このあと、この映画を観ると言ったら、「順序が逆の方がいいんじゃないの?」と言われましたが、いえいえ、逆だったら、『クー!キン・ザ・ザ』を観ることができないほど衝撃を受けました。

『生きろ 島田叡―戦中最後の沖縄県知事』
監督:佐古忠彦 2021年/DCP/5.1ch/118分 
公式サイト:http://ikiro.arc-films.co.jp/
shimada akira.jpg

1945年(昭和20年)1月12日、大阪府内政部長(大阪府のナンバー2)だった島田叡氏は、沖縄県知事の辞令を受け取ります。前年の10月10日、米軍の大空襲で那覇は壊滅的な打撃を受け、前任の県知事は東京に行ったまま帰任せず空席になっていたのです。選挙で選ぶ今と違って、県知事は内務省官僚が任命されていたと知りました。

当然のことながら、家族全員から反対されます。
「これが若い者ならば、赤紙1枚で否応なしに行かなければならないのではないか。それを俺が固辞できる自由をいいことに断ったとなれば、もう卑怯者として外も歩けなくなる。俺は死にとうないから誰かが行って死んでくれとは、よう言わん」と決意を変えず、1945年1月31日、佐世保経由、沖縄へ。
着任してすぐ、県民の食糧不足を補うため、台湾に交渉して米を運んで貰います。沖縄の隅々まで行き渡る様、手配しますが、軍に横取りされたケースも多々あったようです。
沖縄南部の人たちを疎開させなければいけない戦況とわかっているのに、行政が滞っていた為に疎開できないでいたことにも心を痛めたようです。

佐古忠彦監督は、米軍上陸必至の死地であることを悟って県知事として赴任し、60万県民の命を委ねられた内務官僚・島田叡の人物像を、映像も音声も存在しない中で、当時を知る人々の証言で浮き彫りにしています。

玉砕しろと日本軍から散々言われてきた沖縄の人たちが、島田叡氏の「命を大事にしなさい」という言葉にびっくりしながらも、お陰で生き延びたと証言していました。

島田叡氏は、神戸市須磨の生まれで、父が長く勤務した兵庫高校の前身、神戸二中の卒業生でした。17歳で志願して、沖縄戦を経験した方が、やはり兵庫県出身で、島田叡氏は同郷であることを喜び、煙草を1本差しだそうとして、「未成年だね」と、紙に包んだ黒砂糖をくださったそうです。無事故郷に帰れよという思いが籠っていたのではないでしょうか。

家に帰って父に話したら、兵庫高校の正門近くに島田叡氏の銅像があって、有名な人物だと知っていたけれど、詳しい功績は知らなかったとのこと。以前は、校庭の奥にあるプールのそばにあった銅像が、校舎の建て替えの時に正門のそばに格上げになったことも教えてくれました。

島田叡氏は、沖縄戦組織的戦闘終結直後、摩文仁の軍医部壕を出てから消息を絶たれていて、どんな最期を迎えられたのかは不明です。
摩文仁の丘にある慰霊塔「島守の塔」に、島田叡の名が刻まれていて、本土出身の内務省の官僚が、個人名まで記され沖縄で慰霊の対象となっていることに、沖縄の人たちの思いを感じます。

映画は、日本軍が沖縄を捨て石にしたことも、またまたずっしり教えてくれました。
権力を持つ者のあるべき姿を考えさせられたドキュメンタリーでした。
生き証人のいるうちに映画を作ってくださったことに感謝です。


posted by sakiko at 19:39| Comment(0) | 映画雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月27日

オンライン試写(白)

IMG_5128.JPG

コロナ禍のため、試写室が閉まっていたのは去年のこと。緊急事態宣言が解かれてからは、入場前に検温、アルコール消毒をし、座席は1つ空きにして、と配給・宣伝さんも苦慮しながらぼちぼちと開いてきました。
一方配信やオンラインでの試写が増えて、きづけばコロナ前の1〜2割減くらいの数を観ていました。オンライン試写は日時指定のもありますが、自宅で好きな時間に見られるので、日時がバッティングしたり移動したりの問題がありません。それで数こなせます。
お客様にしてみれば、管理に心砕いている劇場はともかく、そこに行くまでの混みあった交通機関が心配な人や、今どこかで感染して家に持ち込んだら大変という気持ちもありますよね。

IMG_5209.jpg

作品紹介に劇場で観てくださいと書くのが毎回ジレンマです。ときどき自分も劇場に行って、鑑賞&現況確認。空席が多いと運営は大丈夫か心配になります。昨年スクリーン数も上映本数もぐんと減りました。こちら
ワクチン接種が始まっています。これが功を奏して収まってくれますように、と普段はしない神頼み。図書館では菜の花が、京橋の試写室の近くでは河津桜が咲いていました。春はちゃんと来ています。みなさまお大事に。(白)

posted by shiraishi at 19:11| Comment(0) | 映画雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする