2018年08月26日

『カメラを止めるな!』上田慎一郎監督 SKIPシティでの仲睦まじいご夫婦の姿を思い出す (咲)

21日の火曜日、渋谷でちょうど時間が空いたので、これは観に行くしかない!と、やっと『カメラを止めるな!』を観てきました。全国190館以上に広がったとはいえ、この日までユーロライブでもやっていたので、あえてユーロライブで拝見。もしかして、「映写係」をしているイスラーム映画祭主宰の藤本さんに会えるかなと思った次第。(はい、お会いできました!)

火曜日はサービスデーで、誰でも1200円。(シニア料金で他で観たほうが安い!)
そのせいか、観客のほとんどが若い人。9割方埋まってました。

何が、また観なければ!・・・というほど観客を魅了させるのか?
固唾を飲んで画面を観守り、最初は???と思っていたのですが、途中から、あ〜これはまた観なければ!と。
「生き返り割り」(リピーター割り)が適用される劇場があるのも納得。

この日は、生き返りの方が少なかったのか、前半で笑い声は出ませんでした。ほんと、もう一度観たら、初めて観たときにはなんでもなかったのに、思わず笑ってしまいそうな場面多々。構成の上手さに唸ります。
それに、ゾンビ映画かと思ったら、そうでもない。
家族のこと、映画製作のこと、いろんな要素が詰まった映画でした。

大ヒットで盗作疑惑まで出てきましたが、エンドロールに「原案」としてちゃんと記載されていました。原案の当事者の方と、ちゃんとしたやりとりがあったか・・・が問題になっているのだと思います。

テレビに登場することも多くなった上田慎一郎監督。
あ、このお顔、見覚えある! 
「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016」のクロージング・セレモニーで印象的だった方でした。

スタッフ日記 2016年7月29日付
今年も熱かったSKIPシティ国際Dシネマ映画祭  (咲)
http://cinemajournal.seesaa.net/article/440536294.html
に書いているのですが、関連部分を、こちらに挙げておきます。

7月24 日(日)、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016のクロージング・セレモニー。
アニメーション部門、短編部門、長編部門の順で、各賞が発表され表彰式が行われました。
(中略)
こぼれ話を少々。

アニメーション部門 最優秀作品賞『こんぷれっくす×コンプレックス』のふくだみゆき監督と、短編部門で奨励賞を受賞した『テイク8』の上田慎一郎監督はご夫婦。
上田監督が、「妻がアニメのグランプリを取ったので、自分も何か貰わないと帰った時の酒の味が違うので助かった」と語り、会場の笑いを誘いました。
P1150145 gofuufu.JPG
P1150168 closing.JPG
集合写真を撮る際にも、並んで座って仲睦まじいところをみせてくださいました。

****
今や、大ヒットで奥さまにおおいばりで、美味しいお酒を飲んでいることでしょう。
ちなみに、仕事に熱中すると食べることを忘れてしまうのだそうです。奥様から、「プレゼントは是非、すぐに食べられるものを!」との言葉があったとか。
この話を教えてくれた(白)さんによる初日舞台挨拶の様子はこちらで!
映画をご覧になった方は、今すぐお読みください。
そうでない方は、映画をご覧になってからどうぞ!

『カメラを止めるな!』初日舞台挨拶@新宿 K's シネマ
http://cineja-film-report.seesaa.net/article/460166103.html

posted by sakiko at 13:01| Comment(1) | 映画雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月19日

『空飛ぶタイヤ』に、立入検査された日を思い出す (咲)

夏コミケの時に、ミッキーさんとあれこれ映画の話をしている中で、『空飛ぶタイヤ』がタイトルからイメージするのと違って、硬派な社会派ドラマだと知りました。(白)さんやミッキーさんの作品紹介を読んで、なんとなくそうかな〜と思いつつ、見逃していた作品。
6月15日公開でしたが、丸の内ピカデリーでまだ上映しているのがわかって、観に行くことに。 
都内に出るのに、映画1本ではもったいないので、時間や場所の合う試写を探して、日比谷の東宝本社で『ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間』を拝見。
「ちいさな英雄」をテーマにした短編アニメ3本立てで、大人にも楽しめる作品でした。声の出演が、尾野真千子さんや、オダギリジョーさんと豪華。8月24日から公開。夏休みの終わりに、ぜひ親子でどうぞ!
http://cinemajournal-review.seesaa.net/article/461171821.html

2時前に終わって、3時45分からの『空飛ぶタイヤ』まで時間があるので、さぁ〜ゆっくりランチ・・・と、ミッドタウン日比谷に行ってみたら、人、人、人・・・
平日なのに何故?と思ったら、この日は8月14日。お盆休みの真っ只中でした。
新しいスポットだから、見物客も多いのですね。

さて、『空飛ぶタイヤ』。 公開から2ヶ月経ってますが、そこそこの入り。
soratobu.jpg
(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

よく晴れた日の午後、運送会社のトラックのタイヤが突然はずれて飛んで、子供連れの母親が亡くなってしまいます。整備不良の容疑をかけられた運送会社の若き赤松社長(長瀬智也)は、同様の事故があったことを耳にし構造欠陥では?と、自ら調べ始めます。
トラックのメーカーであるホープ自動車のカスタマー戦略課・沢田課長(ディーン・フジオカ)は居留守を使ってなかなか会おうとしませんが、そのうち、同僚などの言葉から、会社ぐるみで欠陥を隠していることを知り内部告発します。
熱血社長の長瀬智也さん、いかにもエリート会社員のディーン・フジオカさんの二人はもちろん、出演者の俳優さん皆それぞれにご自分の役を体現していて、見ごたえのある映画でした。
(白)さんとミッキーさんの作品紹介と感想もどうぞお読みください。

『空飛ぶタイヤ』作品紹介 (白)
http://cinemajournal-review.seesaa.net/article/460017810.html

ミッキーの毎日・映画三昧
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/article/459866916.html

ところで、映画の中で、まざまざと会社に勤めていた時代を思い出した場面が一つ。
それは、欠陥隠しの内部告発を受けて、立入検査が入るところ。

ある日、タイプを打っていたら、どやどやと5〜6人の男性が受付も通さずに入ってきて、「〇〇部長をお願いします」と、身分証明書を見せながら言うのです。失礼な人たちだなと思ったら、某役所の方たちでした。
「はい、そこから動かないで!」と、映画そっくりの場面が繰り広げられたのでした。
ある疑惑があっての立入検査だったと後から知りました。後処理が大変だったのを思い出します。
今では、それも同僚と集まると結構楽しい語り草。私は下っ端だから関係ないけど、私の机の中の私物まで一つ一つチェックされました。案外、手掛かりになるメモがあったりして??




posted by sakiko at 21:00| Comment(0) | 映画雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

是枝監督パルムドール受賞!

第71回カンヌ国際映画祭授賞式が現地時間19日にフランスで行われました。
コンペティション部門に出品されていた是枝裕和監督作『万引き家族』が最高賞となるパルムドールを受賞。
日本人が受賞するのは1997年の今村昌平監督作『うなぎ』以来21年ぶり。
詳細はこちら
manbiki.jpg

(C) 2018『万引き家族』 製作委員会

『万引き家族』HP
http://gaga.ne.jp/manbiki-kazoku/
6月8日よりTOHO系にて公開です。
予告編だけで泣いています。『誰も知らない』を思い出すなぁ。
posted by shiraishi at 08:43| Comment(0) | 映画雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

第90回アカデミー賞発表 (千)

アカデミー賞の速報が出ました!!
https://academy.yahoo.co.jp/news_list.html
チリ映画の『ナチュラルウーマン』が外国語映画賞を受賞しました。おめでとうございますー☆! シネジャ作品紹介:http://cinemajournal-review.seesaa.net/article/457008506.html
現在も劇場公開中ですので、ぜひぜひ足を運んで欲しいです。監督とダニエラさんの到着風景がyoutubeにupされてます(スペ語ですが…)  関東は春の恵み=雨。がやってきそうな気配ですが ロサンゼルスはキラキラしてる・・・



posted by chie at 13:10| Comment(0) | 映画雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

ゴールデン・グローブ賞 闘う女性を描いた映画が続々受賞 『スリー・ビルボード』『シェイプ・オブ・ウォーター』『女は二度決断する』 (咲)

1月7日に行われたゴールデン・グローブ賞授賞式では、女優たちが黒いドレス姿で登場し、映画界で相次ぐセクハラや、いまだに続く女性差別に意思表示。

それを応援するかのように、ゴールデン・グローブ賞でドラマ映画部門作品賞、脚本賞など4冠に輝いた『スリー・ビルボード』は、娘をレイプで殺された母親が無力な警察に立ち向かう物語。11日に試写で拝見することができました。レイプ現場でもある町外れの野原に立つ3つの看板に、犯人を捕まえられない警察を批判した広告を出す母親。それでもなかなか動かない警察署に放火までしてしまうのです。そんな彼女を応援する男性も現われます。果敢に闘う姿は凄まじいけど、なんとも小気味いい物語。
three billboard.jpg
『スリー・ビルボード』2月1日(木)公開
公式サイト:http://threebillboards.jp

この日、続けて観た『シェイプ・オブ・ウォーター』もゴールデン・グローブ賞で監督賞と作曲賞を受賞した作品でした。こちらも一人の無力な女性が権力に対して闘う物語。舞台は米ソ冷戦時代の1962年。アメリカの極秘研究所で清掃員として働く女性が、ソ連に対抗するためにアマゾンから連れてこられた特異な“彼”に恋する物語。その彼が実験の犠牲になることを知り、なんとか助けようと闘うのです。こちらは、ファンタジー。
shape of water.jpg
『シェイプ・オブ・ウォーター』 3月1日(木)公開 
公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/shapeofwater/

17日、外国語映画賞を受賞したドイツ映画『女は二度決断する』を試写で拝見したら、これまた女性が闘う物語でした。ヒロインはトルコ移民(おそらく二世)の男性と結婚したドイツ女性。外国人を排斥しようとするネオナチのテロで、夫と息子が犠牲になってしまいます。彼女は爆弾を仕掛けたと思われる女性と声を交わし、顔も覚えていたのですが、証拠不十分で犯人夫婦は無罪に。無念を晴らそうと自ら犯人を追いつめる姿が凛々しく、痛いです。トルコ系ドイツ人のファティ・アキン監督の作品。
onnnawa nido.jpg
『女は二度決断する』 4月14日(土)公開
公式サイト:http://www.bitters.co.jp/ketsudan

3作とも、社会の片隅で静かに暮らしていた女性が果敢に意思表示する物語。
黙っていては、なにも前に進まない! 私も頑張らなくちゃ。



posted by sakiko at 21:46| Comment(0) | 映画雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする