2015年07月12日

トルコの巨匠ジェイラン監督の映画とレクチャーでお腹いっぱいになったあと、東京ジャーミィで断食月の振る舞い料理 (咲)

7月8日(水)、『雪の轍』公開記念、ヌリ・ビルゲ・ジェイラン映画祭 オープニングイベント 昼の部へ。
9月29日(火)−10月3日(土)に開催される映画祭のオープニングとして上映されたのは、短編『繭』(1995)と『五月の雲』(1999)の2本。
IMG_20150712_0002.jpg
『五月の雲』を観たのは、どこだったか思い出せなかったのですが、2001年のアジアフォーカスだったと判明。監督の故郷を舞台に、両親や知り合いが借り出されて、カメラの前で四苦八苦していたとしか記憶にありませんでした。
最初に36歳の時に製作し、カンヌで認められた短編『繭(koza)』の上映。台詞や説明のないモノクロの美しい映像。あ、これは見覚えのある顔! 『五月の雲』に出演していた監督の両親の姿でした。
続いて上映された『五月の雲』で、舞台になっている村からチャナッカレの町に行く場面が出てきて、『繭』で出てきた船に乗っている場面は、ダーダネルス海峡をいく船だったのだろうとわかりました。ダーダネルス海峡に臨むチャナッカレの町は、32年前に初めてトルコに行った時に、最初に泊まった町。町の目抜き通りの真ん中にあった古い時計台や、湾曲した静かな海辺を懐かしく思い出しました。
上映後、トルコ研究者の野中恵子さんのレクチャー。ジェイラン監督の故郷は、トロイ遺跡にも近いチャナッカレ県の村と説明ありました。今のトルコ共和国建国以来、政教分離の世俗主義はいいとして、過去の遺産を否定してつぶしてきたことが語られました。オスマン帝国時代には、イスラームのもと、キリスト教徒もユダヤ教徒も、様々な民族が共に暮らしてきたのに、今のトルコ共和国はトルコ至上主義。古代ギリシャ哲学が生まれたのも、アナトリアの地。トルコもギリシャも元は一つ、同じ歴史を背負ってきたのに、トルコ共和国設立後、今のギリシャに住むイスラーム教徒と、トルコ共和国となった地に住むギリシャ系民族を住民交換するという理不尽な出来事がありました。
これまで映画やドラマなどの娯楽産業で歴史を描くことは国民に余計な知識を与えるとして避けられてきたのが、最近、この住民交換のことも含めて、映画で歴史が描かれるようになりました。きっかけとなったのは、10年程前のロシアから妻を迎えたスレイマン大帝を描いたドラマの大ヒット。過去を否定する必要はないという風潮が生まれ、オスマン帝国からトルコ共和国に変わったのは何だったのか?というテーマの映画やドラマが作られるようになってきたそうです。ジェイラン監督にも、他国とタイアップして歴史映画を是非撮ってほしいと野中さん。
P1070733.JPG
映画とレクチャーをたっぷり楽しんだあと、代々木上原の東京ジャーミィへ。ラマダーン月のイフタール(日没後の食事)が振る舞われるのがお目当て。思えば、このモスクはトルコ共和国の大きなバックアップで出来たもの。世俗国家トルコは、やっぱりイスラーム色の強い国なのだと感じた夜でした。
posted by sakiko at 10:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月29日

上半期を振り返って・・ (千)

今年も残り半年となりました。はは早い 💦 映画鑑賞記録メモを見ると レンタルDVD25本、スクリーン17本 計42本の鑑賞です。どんだけツタヤさんに貢献してるんでしょうか私・苦笑 5枚で千円につられてツイツイ借りちゃうんです 😃 で、なかでも印象的だったのは長谷川和彦監督の『太陽を盗んだ男』 茨城県東海村からプルトニウムを盗み アパートで手作り原爆。皇居前バスジャックやら国会議事堂に原爆ダミーを置いて日本政府を脅迫したり・・ そして今は亡き菅原文太さんの肉体派演技もさることながら主演のジュリーがステキ過ぎました。ジュリーー☆!








posted by chie at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月30日

中東映画研究会@東大で観た『ロンドン・リバー』で、多民族共生の世界実現を願う (咲) 

4月28日、根津神社で見頃のツツジを楽しんだあと、東京大学東洋文化研究所での中東映画研究会へ。
2013年6月に若手研究者の方たちを中心に始まった中東映画研究会(「映画から見る中東社会の変容」研究会)も、16回目を迎えました。
今回の題材は、パリ生まれのアルジェリア系ラシード・ブーシャーレブ監督による『ロンドン・リバー』。2009年、アルジェリア・フランス・イギリス合作の作品。
london river.jpg

*ストーリー*
2005年7月7日、ロンドンで同時多発テロが発生する。英仏海峡のガーンジー島で農業を営むエリザベスは、ロンドンで大学生活を送る娘ジェーンに何度も電話するが連絡が取れない。心配になってロンドンに赴いたエリザベスは、留守の部屋で娘がアラビア語を学んでいることを知る。同じ部屋で暮らしていた恋人の父親オスマンも、行方不明の息子を探しにフランスからやってくる。西アフリカ出身のイスラーム教徒のオスマンと、キリスト教徒のエリザベスの二人が、励まし合いながら子どもたちの行方を追う・・・

今回の研究会のテーマは、「共有」。
“子どもへの愛と喪失感、悲しみを「共有」することで宗教や文化の違いを乗り越える親たちの姿を描き出す本作を通して、「テロとの戦い」が政治的言説空間を占拠する困難な時代の多文化共生の可能性について考えてみたい”と、案内にありました。
上映後、パレスチナ・イスラエル研究の第一人者で、「対テロ戦争」とイスラームをめぐる排除の力学について長年研究してこられた日本女子大学教授・臼杵陽先生の的確なコメントをお聞きすることができました。

同時多発テロというと、ニューヨークでの9.11(2001年9月11日)が思い浮かびますが、ロンドンでもそういえばあったと思い起こします。
イギリスに住むパキスタン系イスラーム教徒が起こしたテロ。本作では、アラビア語を学んでいた恋人どうしの二人がムスリムのテロで亡くなるという非条理。
旅行代理店の担当者がシク教徒だったり、警察にアラビア語を話す北アフリカ系と思われる担当官がいたりと、イギリスが多民族多宗教国家であることも見せています。それは世界の縮図でもあって、「テロとの戦い」と欧米の政治家が叫ぶ背景に感じる「欧米⇔イスラーム」「文明⇔野蛮」といった二分法的世界観では、テロは撲滅できないことに気づかせてくれます。

エリザベスは娘がアラビア語を学んでいるのを知って、「なんと怖い」とつぶやきますが、これはまぁごく一般的な反応でしょう。特に最近では、ISIS(イスラーム国)の台頭もあって、ますますイスラームは怖いというイメージを持たれてしまうのが悲しいです。他者の宗教や民族を尊敬することから平和共存への一歩は始まると思うのですが、なかなか難しいですね・・・
(ちなみに私自身はムスリマではないですが、あちこち旅をしてイスラームの人たちの優しさを身をもって感じているので、イスラーム贔屓という次第!)

『ロンドン・リバー』は、調べてみたら「三大映画祭週間2014」で公開されていました。この映画祭、チラシはちゃんとゲットしたのに、うっかり行き損ねたら、『フィル・ザ・ヴォイド』(イスラエル)がよかったと聞いて悔しい思いをしたのでした。『ロンドン・リバー』も秀作でした。今年も三大映画祭週間があるなら、見逃さないようにしないと!

余談ですが、エリザベスの住むガーンジー島、どこかで聞いた名前と思ったら、ついこの間観た『わたしの、終わらない旅』で、坂田雅子監督の姉・悠子さんの住む島として出てきたのでした!

posted by sakiko at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月04日

『チベット天空の英雄 ケサル大王』を観て、チベットの現状を憂う (咲)

大学の先輩、麻田豊氏がfacebookで再三(しつこく!)紹介していて、ケサル大王って、どんな人物?と興味津々。昨日はケサル大王の前に、『天空の大巡礼を行く』も特別上映されるというので、2本続けて観れるチャンス!と、渋谷アップリンクに行ってきました。

『天空の大巡礼を行く』は、チベットの東の聖山アムニ・マチェンの12年に一度行われる大巡礼を追ったドキュメンタリー。西のカイラス山巡礼が3〜4日で出来るのに対し、こちらは、かつては9〜10日、交通の便が少しよくなった今でも6日位かかるとのこと。巡礼路の一部(3分の1位)に沿うように高速道路を建設中で、チベットの人たちが五体投地で巡礼しているそばで工事が進んでいる様子が映し出されました。環境破壊のひどさに涙が出ます。
標高4000mを越える巡礼路。出発地点に到着早々カメラマンが高山病にかかって帰ってしまい、大谷寿一監督自ら撮影したそうです。巡礼路を完走した監督、お見事です。

『チベット天空の英雄 ケサル大王』は、世界最長の英雄叙事詩「ケサル大王伝」の主人公ケサル大王を巡るドキュメンタリー。四川省のチベット地域を7年にわたって取材したもの。ゾクチェン寺で正月に行われる「僧侶百人ケサル仮面舞踏」は圧巻でした。チベットの人たちが誇るケサル大王とは何者か? そして、東チベットのおかれている惨状がよくわかる映画でした。
興味をお持ちになった方は、下記の二つのサイトをご覧ください。
公式サイト:http://gesar.jp/
アップリンクのサイト: http://www.uplink.co.jp/movie/2015/36219

上映後、大谷寿一監督が登壇。ゲストに小林秀英さん(僧侶 フリーチベット活動家)を迎えてのトークが行われました。資源があるために中国政府がチベットを欲しがった事情などもよくわかりました。
P1070420 tibet.JPG
僧侶 小林秀英さん(左)とチベットの旗の意味を説明する大谷寿一監督

明日5日(日)は10:45からの上映後に野口リンジンさんをゲストに迎えてトークが行われます。
6日(月)〜10日(金)、連日10: 45分上映開始
その後の上映についてはアップリンクのサイトでご確認ください。

P1070434.JPG
蛇足・・・
今日、さいたま市の見沼たんぼで、元中東ミニ博物館の常連仲間とお花見。
その中に、平成元年の春、チベットのツアーで知り合って以来の友人も。ラサの町で、私は空気が薄い分、心も軽くなってふわふわと歩き回っていました。同室だった彼女は高山病にかかり、夜、頭がガンガンして眠れなくて、ぐっすり寝ている私を絞め殺したくなったと言われたものです。(殺されず、ずっと友達♪)
27年前のラサには、まだ高層ビルもなく、まだまだのどかな雰囲気が残っていました。ニュース映像などで見る現在のラサは、ますます漢民族が入り込み、チベットの文化をないがしろにされているのを感じます。
『チベット天空の英雄 ケサル大王』では、東チベットの現状を突き付けられましたが、西チベットも同様でしょう。なんとも悲しい現実です。
posted by sakiko at 21:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月17日

今日はイラン映画『火祭り(原題Chaharshanbe Suri)』(アスガル・ファルハーディ監督)に描かれた日 (咲)

めっきり春めいてきましたが、イランが新年を迎える春分の日も、もうすぐです。
イラン暦では太陽が春分点を通過する瞬間に新年を迎えます。
今年の新年(イラン歴1394年)を迎える時間は・・・・
テヘラン 西暦2015年3月21日(土)  午前2時15分11秒
東京   西暦2015年3月21日(土) 午前7時45分11秒
天文学的に秒まで計算して発表されることに驚きます。
手帳やカレンダーにも、ちゃんと時間を掲載して売り出されます。
あちこちのWebサイトに、世界各地でノウルーズを迎える時間を掲示していたり、新年までのカウントダウンをしたりもしています。
http://www.7seen.com/  ここのページ、なかなか綺麗なのでご紹介!

という次第で、今年は真夜中に年が変わりますが、年によって、昼間になったり夕方になったりします。どんな時間であろうとも、家族皆でその時間を待ち構えてお祝いするそうです。

パナヒ監督の『白い風船』では、ラジオから新年まであと何時間何分・・・とバックにずっと流れていて、まだ明るい時に新年になります。実は、この映画を観た時に、まだ新年を迎える瞬間というのを知らなかったので、すごく不思議な感じがしました。

ちなみに、新年を迎える春分の日の前の水曜日(つまり、一年の最後の水曜日)は、アスガル・ファルハーディ監督の『火祭り』の原題である「Chaharshanbe Suri」を行う日。水曜日(Chaharshanbe)の夜(夕方に日が変わるので、日本の感覚だと、火曜日の夜)に、火の上を飛んで無病息災を願う行事です。イスラームの入る前の、ゾロアスター教の頃から続く行事だといわれていて、革命後、政府がイスラーム的でないと禁止したのですが、国民から伝統を大事にしろと文句が出て、数年前に合法化されました。日頃のうっぷんを晴らすがごとく、年々派手になって、花火や爆竹も登場するようになり、在イランの日本大使館も「外出注意」を出すほど。
パナヒ監督の『これは映画ではない』も、この日の出来事で、外では爆撃の音が・・・と、間違った解釈をしている方がいました。 

その国の事情を知らないで映画を観て誤解することはままあることですが、今回、フィルムセンターでの特集で『火祭り』を観た方がこんなことを書いていました。(一部抜粋して引用)
***
『火祭り』の後の『彼女が消えた浜辺』(09)を見た時に、語りのうまさには引き込まれながら、登場人物たちが美男美女でみんな裕福でバカンスを楽しんでいる様子がどこか引っかかった。ちょうど中国政府が推す中国映画で、いかにも中国は進んでますよと見せられる感じと近いものがあった。
『火祭り』はそれほどでもないが、それでも舞台となる家庭はかなりぜいたくだ。オートロックで外部の人間は入りにくいし(それが映画の鍵となる)、なによりその家族のアパートメントがたぶん200平米はゆうにある。
*** (引用終わり)

『火祭り』に出てくる住まいは、イランの中流階級の平均的な広さ。富裕層の家はもっと広い! イランの集合住宅でオートロックは昔から当たり前。(壊れていることもままあります!) 
『彼女が消えた浜辺』の登場人物も決して富裕層ではなく、中流階級。親戚や友達と誘い合って休暇に別荘を借りて過ごすのは、イランの人たちの普通の姿。
アジアフォーカスで上映された時にも、上映後に、登場人物は富裕層だと思ったという感想を述べた人がいました。監督は、「普通のクラスの普通の生活を描いています」と、私のインタビューの時にも明言しています。
http://www.cinemajournal.net/special/2010/about_elly/index.html

私がイランで訪れた友人たちの家も皆、広くて、絨毯を敷き詰めた部屋の片隅に食卓があって・・・という感じ。広々した絨毯の上に食布を敷いて大勢で食べたりもできる! なんといっても皆で集まるのが好きな人たちですから。(特に、革命後は外で男女一緒に騒ぐことができないので家で集まるのは気楽) カーテンや調度品なども、とてもおしゃれで、見た目にはとても優雅な暮らしに見えます。経済制裁などで、ほんとは色々大変かもしれないけれど! 
503家庭 ソフレ レイラさん.jpg
これも広い応接間の片隅!

最初に日本で公開されたイラン映画の多くが、どちらかというと貧困層や田舎を舞台にしたものが多かったので、日本に住むイラン人たちも、「どうしてこんな映画ばっかり公開するの?」と嘆いていました。それでも、マジッド・マジディ監督の『運動靴と赤い金魚』では山の手のお屋敷も出てくるし、『すずめの唄』でも、中流家庭のアパートメントが出てきて、貧富の差を見せています。

アフマディネジャード大統領時代には、映画製作にも何かとイチャモンがついて作り難かったようです。1年間に作られたイラン映画が出品されるファジル映画祭にも、イラン人の友人いわく「クソみたいな映画しか出てこなかった」そうですが、大統領が変わって、今年のファジル映画祭では、ベテラン監督から若手監督まで、素晴らしい作品が目白押しだったとのこと。
実は上記に引用した感想を書かれた方が、「先日のベルリンでは、映画製作と国外への渡航を禁じられているジャファール・パナヒの映画が金熊賞を取ったが、イランの監督はみな危機的な状況にある。アッバス・キアロスタミもモフセン・マフマルバフもバフマン・ゴバディもみんな海外に住んで、多くは外国資本で映画を撮っている」とも書かれていたのですが、確かにそういう状況もあるけれど、イラン国内で色々と制限のある中で素晴らしい映画を作っている監督も大勢いることも知ってほしいなと思う次第です。
posted by sakiko at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする