2018年02月12日

節分の日に、父と福島菊次郎さん写真展 (咲)

2月3日(土)父と一緒に近くの高幡不動尊の節分会へ。
まずは、奥の院から年男年女やゲストが、お坊様に先導されて歩いてくるのを参道でお迎え。このところ毎年通っていて、立ち位置もばっちり!
ゲストの照英さんや相田翔子ちゃんからも手渡しで豆をいただきました♪
DSCF4347 setsubun 320.jpg

1時の回の豆撒き見物を終えて、府中へ。
暁さんから、府中グリーンプラザで反権力の報道写真家、福島菊次郎さんの写真展が開かれていると聞いて、ランチをとりがてら、見に行くことにした次第。

映画『ニッポンの嘘 報道写真家 福島菊次郎90歳』(長谷川三郎監督)で、その生き様が描かれた福島菊次郎さん。
写真展のタイトルは 「福島菊次郎が問う『戦後』原爆・基地・三里塚」

kikujirou.jpg

受付で、いつお亡くなりになったのか確認したら、2015年9月に94歳で旅立たれたとのこと。菊次郎さんは、1921年生まれ。父は一つ下の1922年生まれ。「95歳です」と受付の方にお伝えしたら、「まぁ〜お元気で」と感心されました。
「目も見えにくくなったし、耳も聴こえにくくなりました」と父。
「聴く耳は前から持ちませんから」と私。
「え?」と、ほら、父には聴こえていませんでした。

そんな父ですが、菊次郎さんが追い続けた広島の被爆者の方の姿を食い入るように見て、「よく撮ったね」と。
自衛隊の写真からは、「“自衛隊は軍隊じゃない”という政府の主張がまやかしだということが伝わってくるね」と。
戦争の時代を生きた同世代だからこそ、菊次郎さんの写真に込めた思いは、実感として父に伝わったようです。誘っていってよかったなと思いました。

写真展のことを教えてくれた暁さんとも、会場でばったり。
父と一緒に気骨ある写真展を見られたのも暁さんのお陰。感謝です。

その暁さんによる『ニッポンの嘘 報道写真家 福島菊次郎90歳』長谷川三郎監督インタビューは、こちらでお読みください!
http://www.cinemajournal.net/special/2012/nipponnouso/index.html

posted by sakiko at 12:17| Comment(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

神様、仏様にたくさんお参りしたお正月♪ 良い年になりますように!(咲)

新年もあっという間に7日。
皆さま、どんなお正月をお過ごしでしたか〜?
遅ればせながら、今年もどうぞよろしくお願いします。

私はといえば、妹が大晦日も元旦も仕事が入ってしまい、30日から妹の孫を預ることに。小学3年生の男の子。子守りは大の苦手の私ですが、タブレットが子守りを一手に引き受けてくれました。孫のママからは一日15分と言われているのが、我が家では使い放題♪ (ほんとは制限しないといけないのでしょうけど!)
かくして、95歳の父は曾孫と迎える元旦に大喜び。

DSCF4200 320.jpg
元旦の午後、3人で近くのお宮さんに初詣。
DSCF4202 320.jpg
普段は誰もいない小さな八幡神社。
巫女さんが駆け上がっていきました。
2月3日から全国公開される映画『巫女っちゃけん。』の試写を観逃したことを思い出しました。去年のアジアフォーカスでも上映されたのですが観てなくて、どんな映画か気になる〜

2日は束の間帰ってきた妹も一緒に、高幡不動尊にお参り。
4日、ようやく孫のママに受け渡すために横浜へ。
府中で降りて大國魂神社でお参りして、府中本町駅から南武線で横浜へ。
6日ぶりにママに会って嬉しそうな男の子。やれやれ〜
中華街で食事して、関帝廟にお参り。

6日、父がこれまで一度も行ったことのない西新井大師にお参りしたいというので一緒に行くことに。
父はシルバーパス。私は都営一日乗車券。
西巣鴨から都バスで西新井大師前へ。
DSCF4212 okunoin 320.jpg
賑やかな境内ですが、裏手の奥の院、如意輪堂(女人堂)、権現堂の並ぶ辺りは意外にひっそり。どれも小さな祠ですが、古くて趣が。

都バスで3つ目の江北4丁目に戻り、舎人ライナー江北駅から日暮里へ。
日暮里から都バス錦糸町駅前行きに乗って「二天門」で下車して、浅草神社と浅草寺にお参り。
いつもは外国人率の高い浅草も、さすがに日本人が多い!
DSCF4237 320.jpg
浅草寺に大きなワンちゃん出現! CMでもお馴染みのあの白いワンちゃん。

都バスで上野松坂屋前に出て、先日、『マスターズ』主演のカン・ドンウォンの取材をしたTOHOシネマズ上野の入っているビルで夕食。

そんなこんなで、お正月、神様や仏様にたっぷりお参り♪
どうぞ良い年になりますように!

それにしても、今年に入って映画はまだ観てなくて、テレビで『群盗』を10分ほど観ただけ。カン・ドンウォンにハ・ジョンウ、やっぱり素敵♪ と思いながら、チャンネルを変えなくてはならなかったのでした。
初映画は、9日になりそう!



posted by sakiko at 21:37| Comment(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

巣鴨駅から歩いて95秒の古民家ギャラリーへ (千)

先日、巣鴨にopenしたギャラリー「アルエナイ」へ行ってきました。駅近と聞いてたけど、なかなか分かりづらく、、路地を入った所に築100年近い古民家の、まず1階はタコ焼き屋さんで… たこ焼きとお酒をいただきつつ2階が展示スペースになってました。こんな空間が豊島区内にあるんですね、びっくり面白かったです!!

cropped-17800348_729255337247644_9112405608717429869_n-1.jpg
たこ焼き をごちゃん公式:http://ogojun.com/

2階展示スペース内に何故か出張万年筆屋さんが… 千石にある、こちらも創業100年近い「川窪万年筆店」のオーナーさんでした。川窪さんは映画やテレビなどで使われる小道具として万年筆を提供しているかたで映画も大好きなんだそうです。と、お聞きして早速、フリーペーパーを置かせていただきました。有難うございました!! 川窪さんの万年筆、とても素敵です。欲しいなあと思いつつも、ぜんぜん手書きなんてしなくなってしまった昨今なので… 万年筆でお手紙を書く、とゆう色んな意味で余裕も欲しいです…。今度は千石にある工房にも伺ってみたいと思いました。美味しいコーヒーまでいただきました ご馳走様でした☆ (千)

◆ 川窪万年筆公式:http://kawakubofp.com/

posted by chie at 00:00| Comment(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

シネジャのフリーペーパー?!! (千)

以前より暖めていた企画、シネジャのフリーペーパー版を先日、発行いたしました☆ とは言え準備号ですので今後、改善してゆくかと思われます… カレイなる創刊号は来年1月末に発行予定です。とりあえず、この準備号を持ってヤマガタ入りしますー!! ヤマガタの詳細はコチラで
http://cinemajournal-review.seesaa.net/article/453513743.html
既にヤマガタ滞在中の(暁)さん(美)さん、待っててください★

DSC_0707.JPG
*実際はモノクロです、、


posted by chie at 00:00| Comment(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

山ドキ・ネタ  (千)

山形ネタ続きます、すみません・苦笑
隔年開催されているドキュメンタリー映画のお祭り、今年もシネジャから(暁)さん(美)さん、そして私(千)が参加予定です。こちらのblogで随時レポートしたい予定ですが… 特に画像に関してはblogゆえ容量に制限がありますので… シネジャfbページにアルバムを作りました!! そちらに画像はバシバシupしたい予定です?! またインスタとツイッターからも流しますので、いずれもアカウントをお持ちのかたで、ご興味のあるかたはフォローしていただけたら嬉しいです☆

◆ facebook シネマジャーナル
https://www.facebook.com/%E3%82%B7%E3%83%8D%E3%83%9E%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%AB-cinema-journal-495206017512429/

◆ twitter
https://twitter.com/chierinsunshine

◆ instagram
https://www.instagram.com/chie_yamamura/


yidff2017p3.png


山形国際ドキュメンタリー映画祭 公式web
https://www.yidff.jp/home.html




posted by chie at 00:00| Comment(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする