2020年06月04日

31年前の6月4日 ホメイニー師ご逝去、そして天安門事件  (咲)

1989年6月4日(日)は、私が何をしていたかを覚えている数少ない日の一つ。
その日は、ファルシー会(日本イラン文化交流協会の前身)主催で、浅草界隈の散策会でした。隅田川を眺めながら、お昼を食べているときに飛び込んできたのが、ホメイニー師ご逝去のニュース。赤いスカートを穿いていたのですが、あるイラン人の方から「ホメイニー師が亡くなるのを知っていたの?」と痛烈なジョークを言われました。
同席していたイランの方たちが同じスタンスだとわかっているからこその言葉なのですが、なんと答えていいのやらと、ちょっと戸惑ったのを思い出します。

没後31年を迎え、イラン・イスラム共和国大使館文化参事室(イラン文化センター)主催でバーチャル・セミナー「ホメイニー師の人物と立場」が開催されます。
khomeini seminar.jpg
日時:2020年6月6日(土)17:00〜19:00
Zoomを利用してのセミナーですが、zoomアプリをインストールしていなくても、
bit.ly/IranbunkaZoom
にアクセスすることで、簡単に参加できます。

詳細はこちらで


そして、もう一つ。1989年6月4日、中国では天安門事件が起こりました。
ちょうど1か月前の5月4日に、天安門広場に行ったばかりだったので、え? あそこで?と、とても身近に感じたのでした。
そも、北京はウィグルの旅の中継点で、1泊するだけの予定でした。ところが、ウルムチ界隈の砂嵐のため、飛行機が飛ばず、北京でもう1泊することになって、丸一日、北京で過ごすことになってしまったのです。添乗員さんが、ツアー参加者の希望の多かった故宮と天安門広場、そして私の希望を聞いてくれて景山公園に連れていってくれました。
天安門広場では、大勢がここに集まった時には、広場のところどころに即席トイレになるような工夫がしてあって、なるほど中国らしい!と感心したものです。

あれから31年。
香港で毎年開かれていた天安門事件追悼集会も、新型コロナウィルス感染予防の名目で、9名以上の集会が禁止され、これまでのような形でできなくなってしまいました。それでも、8名以下で集まったり、自主的に意思を表明しながら歩いたりと、キャンドルを手にした香港の人たちの姿に胸が熱くなります。
中国では、当時を知る人も口にせず、若い世代は何があったかも知らないとか。
31年前、勇気を持って立ち上がった人たちがいたことを忘れないでいたいと思います。


追記:
イラン大使館のペルシア語の名通訳である稲見誉弘さんから、ホメイニー師のご命日について、下記のような情報をいただきました。

逝去の日は、ホメイニー師の公式サイトなどを閲覧しても、西暦1989年6月3日土曜日(イラン暦1368年ホルダード月13日22時20分)とあります。
イランの人に聞いてみたところ、亡くなった日(命日)は、確かに6月3日ですが、イランでは亡くなった日ではなく、「埋葬された日」を基準とし、日本で言うところの「亡くなった日」とするようです!
ホメイニー師は翌日の6月4日に埋葬されたため、4日を、「逝去の日」とするとのことでした。


posted by sakiko at 17:57| Comment(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月31日

緊急事態宣言は解除されたけれど(暁)

5月25日(月)に東京も緊急事態宣言は解除されたけれど、生活が元にもどるには時間がかかりそうです。映画館の開館や映画試写の開始なども、これから少しづつです。でもすぐ対応できるように、とりあえず来ている試写状を元に6月5日くらいからの試写日程を組み込めるものは組み込んでみました。それにしても、約2ヶ月間だったので、最終試写だいぶ終わっていますね。何作品かは、今後の試写日程とか予定とか連絡が来ていますが、なかなか情報わかりません。とりあえず6月5日までの最終試写日程があるものについて問い合わせたりしています。
それによると、まず『追龍』が6月1日(月)となっていて、明日だったので、試写はないかもと思い、フリーマンに問い合わせたところ、試写があるとのことだったので、明日動けたら行ってみようと思います。これは3月の試写の時に大阪アジアン映画祭とぶつかっていていけなくて、4月になったらと楽しみにしていたのですがいけなかったものです。それ以前に、2年前香港に行った時、1週間後か2週間後の公開で残念ながら香港で見ることができなかったという作品でもあるし、アンディファンでもあるので、宣言解除後、最初に見ることができたらとても嬉しい。もう2年香港に行っていないのでDVDもゲットしていなくて見ていなかったので。写真家森山大道さんを撮ったドキュメンタリー映画『過去はいつも新しく、未来は常に懐かしい』も6月4日が最終試写だったので、問い合わせたところこちらは試写は中止で、仕切りなおしといったところ。ほかにもあるけど、2週目以降のものについては大丈夫かもしれないけど、やはり確認してからでないと行けないかも。それにしてもつい最近動きだしたけど近場しか行っていないので、遠出できるかどうか不安ではあります。
家の外に出てもふらふら歩いている状態で(笑)、遠くには行けないかもしれません。しゃきっとしたいと思ってもだれてしまった体はなかなか元に戻らないかもしれません(笑)。
すぐに映画が観にいけそうなので、それに備えなくては。

それにしても、2ヶ月もあったのに、家の中は片付かずでした。たくさん溜まってしまった映画のチラシやパンフレットの整理や捨てる作業、やらなくてはと思いつつ、少ししか進んでいません。以前は、映画チラシなどは、なんでも持ってきたりしていましたが、それでもこの数年は自分が興味ありそうな作品をなるべく選んでもらって来ているので、捨てるはのやはり「捨てるぞ」と強い心をもたないと迷う場合が多いです。でも狭い家では置くところもなく、早めに断捨離をしなくてはと思っています。

posted by akemi at 21:19| Comment(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月20日

103号の訂正です。(白)

お手元に103号が届いたみなさまへ

完成して発送をすませた後に訂正が出てしまいました。
すみません。

P29の冒頭部分 以下が抜けておりました。
申し訳ありません。お詫びして訂正いたします。

『喜劇 愛妻物語』足立紳監督/百十七分
          コンペティション 


校正、入稿前の点検で見落とし、完成してから(ここでよく見つける)
も気づかず、記事を書いたスタッフからの指摘でようやく判明。
集まっての人海戦術ではけっこう見つけるのですが、ウェブだけだと
目も節穴化してきて…。
いいわけしている場合ではありません。
以後いっそう気をつけます。(白)

IMG_3395.jpg

キュウリグサ
(ワスレナグサと同じムラサキ科。花は似ていますがずっと小さい)
posted by shiraishi at 13:41| Comment(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月17日

まだ家にこもっています(暁)

持病持ちの私は、4月3日以来、もう1ヶ月と2週間家にこもっています。4月7日には非常事態宣言が出て、5月14日には非常事態宣言が解除された県もあるけど、東京はまだそれが解かれていません。東京では新型コロナウイルスに感染した人数が最高200人(1日)越えたこともあるけど、昨日の東京都の感染者数は14人(5/16)とのことで、ここ数日二桁が続いているよう。そろそろ東京都も非常事態宣言が解除されるのか…。
1ヶ月くらい閉じていた映画館も16日(土)から開け始めたところも出てきました。しかし東京都の映画館はまだなのかも。そして公開作も続々延期で、上映日程がわからない作品が続出。なので作品紹介も書くに書けず状態。試写室も閉じられ、4月は試写中止で、5月も中止連絡が続いている。やはり5月中も中止かも。
そのおかげでネットを通しての試写が増えている。でもWI-Maxで動かしている私のパソコンは動画は動きが鈍く、オンラインでの動画はちょっと無理。動きが鈍く、時々止まってしまうのです。なのでネットを通じての映画は見ることができません。今、使っているウインドウズ7を10に変える計画は去年からあったのだけど、新しいパソコンに慣れるのに1ヶ月はかかると思うので、なかなかそんなに時間に余裕がある時期がなく、本誌の編集も終わった今が変え時なんだけど、今は外に行けなくて、買い替えはまだ先になりそう。今はテレワークとかいう家で仕事をする流れになっているらしく、パソコンがけっこう出ているとのことで、品薄状態でもあるみたい。生産が追いつかない状態のようなので、6月中のパソコンゲットも難しいかも。なんとか6月下旬までには手に入れたいけど…。7月、8月でパソコンに慣れないと、また9月初めからの映画祭シーズンが始まってしまう。
それにしても、動きがにぶくなってしまった我が家のパソコンは、いろいろ不便状態。立ち上げやスイッチを切るときに時間がかかるのもあるけど、途中でなんだかフリーズ状態になってしまい、その間は何も手をつけられず状態になってしまいます。それに、今回、「ミニシアターエイド」への募金をしようと思ったのに、何度挑戦しても、決済直前までしか進めず、そこでストップしてしまい、募金できずでした。数日かかって、10数時間挑戦したのだけど、最後の最後、クレジット決済のところで先に進まず、空しく繰り返していました。その間、シネジャスタッフにも相談したりしたのですが解決できずでした。運営するサイトにも質問したら、クレジットのデータが違うか、PCのブラウザーが原因かもしれないとのことだったので、これまで使っているInternet Explorerが古いバージョンでだめかもしれないと言ってきたので、Google Chromeに変えたらと出てきたので入れてみたけれど、まだ慣れていなくて勝手がよくわからず状態。しばらくは両方でいくしかないかも。

家にいることがほとんどなので、家にある食料などを点検したところ、ラーメン、蕎麦、そうめんなどの乾麺やお茶の在庫がけっこうあることが判明。特にお茶は、最近、日本茶やほうじ茶などは結構飲んでいるのだけど、紅茶やジャスミン茶、ウーロン茶などはあまり飲まず、香港や台湾で買ってきたお茶や、道の駅、地方で買ってきたごぼう茶などが結構残っていることを発見(さらに蕎麦茶も後で発見!)。もう2年以上前に買ってきたものも多く、早く飲まないとおいしくなくなってしまうと、このところ、毎日いろいろな種類のお茶を飲みまわしている。ジャスミン茶などは、もう半年以上飲んでいないかも(笑)。それに香港や台湾で買ってきたお茶も、もう2年くらいたっているかも。早く飲まないと美味しくなくなってしまう。特に台湾で買ってきたお茶は高いものなので、香りが良いうちに飲まなくては。
この2ヶ月くらい、なんだか何を食べても美味しくなく、舌の状態が変かも。「コロナに感染すると味がわからない状態があるかも」みたいな情報が出た時にはヒヤッとしたけど、私は、もう2ヶ月以上その状態。外出できるようになったらトンカツや寿司を食べたいな。その時にはおいしく感じられるようになっているといいのだけど。
それにしても今年は山菜のてんぷらは食べられないかも。5月下旬ころに動けたら、まだ山菜料理を食べられる宿にいけそうだけど、6月すぎないと東京からの移動は無理かな。5月ならまだタラの芽のてんぷらに間に合いそうだけどなあ。6月になるとさすがに天然物は無理か。そのころだと根曲がり竹かな。
でも、動き出したら、それはそれで、今まで止まっていたものがどっとくるからさらに忙しくなりそう。試写もいっぱいたまっているし、試写で見損なった公開作を追うのに、これまで以上に多く見ることになりそう。その前に、借りたDVDを早くみなくては。でもDVDで見るのどうも苦手だな。さらにパソコンで映画を見るなんていうのは、ちょっと厳しいかも。いつもパソコンで作業をしながらTV(録画したもの)を見ているので、パソコンを使えないのは時間がもったいない。それにしても家にいる間にずいぶん録画したものを見たので、今は残り時間が40時間くらいになったけど、いつも10時間以内になってしまい、早くたまっているものを見ないと、その後の録画ができないという状態になり自転車操業状態。非常事態宣言が終わるまでに50時間くらい残るようにがんばってTV録画を見てしまわなくては(笑)。



posted by akemi at 21:01| Comment(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月15日

シネマジャーナル103号ができました(白)

IMG_3521.jpg

想定外のできごと満載の春、なんとか発行にこぎつけました。
相変わらずの校正見落としに冷汗かきつつ、きのう今日と発送作業をしています。
郵便も流通もちょっと遅れ気味のようすです。それでも来週中には定期購読の方へは到着するかと思います。
書店や映画館への委託は(閉鎖中のところ多々)再開後になりますので、また少し後でしょうか。
年報のうえ、ページ数が限られていますので取材した全ては掲載できず。
ウェブのみの記事も多いです。ウェブはカラー写真が使え、文字数制限はありません。
手元に残るのがいいか、どうかはその人によりますね。

本誌は年金シスターズ(もっと若いスタッフもいますが本業がある)が続けられるだけ続けていく予定です。
どうぞご愛読・応援のほどよろしくお願いいたします。(白)
posted by shiraishi at 11:38| Comment(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする