2021年03月27日

絵手紙展

IMG_5334.jpg

IMG_5341.jpg


3月25日(木)から29日(月/12時まで)阿佐ヶ谷の地域区民センターで絵手紙展開催しています。
シネジャに関わるより前に、井荻の区民集会所の文化講座で講師をしたのが始まり。自主講座になって30年も経ったそうです。生徒さんに言われてびっくり。入る者拒まず、出る者追わずでのんびり+ゆるい教室ですが、1回目からこれまで続けてくれた方が3人。いつも7,8人がこじんまりお喋りしながら描いています。こんなヘボ先生なのに、ずっと一緒にやってくれてありがたい限り。

会場は阿佐ヶ谷駅から数分、駅から近くて区民は申し込んで抽選にあたればお借りできます。コロナ禍でたまたま空いていたこの日程で30年の節目に展示ができました。
今日は体験コーナーが賑わいました。絵はちょっと、という方も切ったり貼ったり、塗り絵をしたりと楽しんでいただけます。
ついでのときにどうぞお立ちよりください。(白)

posted by shiraishi at 19:55| Comment(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月24日

イラン暦1400年のお正月 (咲)

Nowruz1400 concert.jpg

イラン暦では太陽が春分点を通過する瞬間に新年を迎えます。
日本時間、西暦2021年3月20日(土) 午後6時37分28秒に、イラン暦14世紀最後となる1400年を迎えました!
イラン時間、午後1時7分28秒。今年は、日本もイランも起きている時間だったので、その時間におめでと〜メッセージが飛び交いました。

イラン大使館のイラン文化センター主催で、毎年、イランから伝統音楽団を招いて祝賀祭が開かれるのですが、去年はコロナの感染が広がり始めた頃で、予定されていた催しは直前に中止に。今年は、ZOOMで開催?と思っていたら、3月22日(月)の夜にみなとパーク芝浦1階のリーブラホールで開催するとの案内をいただきました。同時にインスタグラムでも配信。
伝統音楽団の来日はまだ無理なので、イランで録画した伝統音楽団「ソリューシェ・モッラーナー」の演奏を上映。「録画なので、歌詞に日本語訳をつけることができました」とイラン文化センターの森島聡さん。
楽曲「春を告げるタスニーフ(バラード)」
また、テヘランのヴァフダットホールで上演された詩人エルファーン・ナザルアハーリーによる「世界より大きな心の物語」も上映されました。こちらは、テヘラン交響楽団の演奏で、ペルシア語と日本語により物語朗読が行われたもの。日本語の朗読を担当された在イラン日本大使館の角 潤一さんも帰国中で会場にいらしたのですが、イラン流でリハなしのほぼぶっつけ本番だったとのこと。そうとは思えない素晴らしい朗読でした。こちらでご覧いただけます♪

夜だし、コロナも心配だし、家でインスタライブを観るつもりだったのですが、大学の2年後輩より、「会場が家から歩いて5分なので車椅子生活の妻を連れて行きます」とのメールをいただき、それならばと私も会場に行った次第でした。動画ながら、大きな画面で、音響もよくて臨場感がありました。後輩に感謝です。

P1320360 nouruz 1400.JPG

お正月の飾り「ハフトスィーン」も立派でした。

1席おきで先着百名だけど、そんなに来ないでしょうと主催者の方はおっしゃっていたのですが、ちょうど百名位集まりました。
久しぶりに、知り合いの方たちにもお会いすることができました。

終わってから、会場から5分の後輩のお家にお邪魔しました。
後輩が駐在した、エジプト(カイロ)、イラク(モスル)、アブダビ、インド(デリー)の話をいろいろ聞いて楽しいひと時でした。ところ変わればの話がすごく面白かったですが、長くなるので割愛。

後輩のお家、なんと、私が22年前に希望退職で辞めた会社のすぐ裏手でした。
会社の入っている芝浦シーバンスや東芝ビルの脇を通って浜松町駅へ。懐かしかったです♪ もう20年以上前?と、時の経つ早さにびっくりです。
posted by sakiko at 22:13| Comment(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月21日

やっとパソコンを買いかえました(暁)

1月末(2021年)にやっと、パソコンをウインドウズ7からウインドウズ10に買いかえました。2020年1月14日にウインドウズ7のサポートが終了するというので、2019年末くらいから買いかえを考えていたのですが、映画祭などの記事書きが終わって一段落したらと思っていたら、1月末にも原稿書きが終わらず、シネマジャーナル本誌の編集が2月から始まり、それが4月中旬まで続き、そのあとと思ったら、新型コロナの影響で6月末まで外出もままならなくなり、それでは7月か8月と思って、その間に3,4か所の販売店めぐりをして8月末には買おうと思っていたら9月になり、10月の映画祭シーズンが始まってしまったので結局買いに行けず、映画祭記事が終わる頃ということで、今年の1月末にやっと買いかえられたというしだい。それにシネマジャーナルHPの更新が毎週日曜日なので、月曜から金曜日の合間にと思っていたらタイミングが合わず、とうとう買いかえは今年1月末になってしまいました。今回で4台目のパソコンです。
ほとんど毎日パソコンを使っていたし、我が家の机のスペースも狭いし、持ち歩いて電車や喫茶店での作業も多かったし、母の介護もあって八王子の実家に帰ることも多かったので、外でもネット環境を使えるというのが最優先項目でした。なのでこれまでノート型のパソコンを使っていました。最初のパソコンは、シネマジャーナルスタッフのUさんから安く譲ってもらった東芝のDynabookというパソコンだったのですが、以来、今回までずっと東芝のDynabookを使っています。
今回、自分でできるところはできるだけ自分でと思い、officeやウイルス対策ソフトなどの設定を自分でできたらと思ったけど、2月初めにパソコンが来てマニュアルを見たらわからない言葉ばかりで、これは自分ではいつまでたっても設定が終わらないと思い、結局、専門家にお願いしました。なので、私の手元に戻ってきたのは2月16日。それからパソコンをいじっているのですが、まだ、なかなか慣れず、メールのやりとりにも苦労しています。返信しかしていません。打ったものを下書きに保存したり、添付データ入れるにはどこから入っていったらいいかとか、ほんとに基本的な操作方法もわからず(笑)、ワードに至ってはまだ使っていません(笑)。
これまでのウインドウズ7はYouTubeやオンラインでの動画などは映像が止まってしまい見ることができなかったのですが、これからは見ることができるようになるといいのですが、動画の確認はこれから。最近の映画試写はオンラインでというのが多くなってきているので、オンラインで見ることができないと、なかなか対応が難しいです。でも、パソコンを使っていることが多いので、映像まで見ている時間があるかどうか。これまでも睡眠時間が4時間くらいなのに、家で映画を見るとなると、もっと睡眠時間を削らなくてはならないので、どうなることやらです。ネット状況や動作状況が早くなったので大丈夫だといいのですが…
それと、今度のパソコンはCD、DVDドライブがないこと。これまでのものはCDドライブ付きだったので、中国、香港、台湾などで買ってきたDVDをパソコンで見ていたのですが、今回、別売でと思ったら、今のDVDドライブは日本のDVDしか対応できないといわれ、まだ買わないでいます。DVDなどを海外で買ってきてもなかなか見る機会はなかったのですが、それでも見ることができる環境を用意しておかないと買ってもみることができません。今のところ、家にあるDVDデッキが中国製だったので、中華圏のDVDやVCDも見ることはできますが、これが壊れたら、せっかく買ったDVD,VCDたちを見ることができなくなってしまうので、その対策も考えなくてはなりません。お店の人からは現地のDVDプレイヤーを買うしかないと言われているのですが、そんなに見る機会もないので、パソコンでなんとかならないかなと思っています。あるいはウインドウズ7のCDドライブは壊れて使えないけど、その前に使っていたXpのCDドライブを使うか。でもこれはCDドライブであってDVDではないような気がする。同好の友人たちに相談するしかないかな。
今回、実はスマホも一緒に買いかえたので、両方覚えなくてはならず、よけい頭混乱状態です。私のスマホはウイルコムのPHS流れで、このスマホは1月31日まで、2月1日からは電話やメールが使えなくなるというので、仕方なく変えることになってしまい、両方いっぺんに買いかえるハメになってしまいました。なぜそういうことになったのかというと、スマホはY-モバイルを使っていたけど、もしかしてパソコンで使っているUQ-モバイルに変えようかなという思いもあったから。両方UQなら月500円安くなるというのがあったのでそうできたらと思ったのですが、UQのほうには使いたいスマホの機種がなかったので、それはあきらめ、Y-モバイルの簡単スマホにしたのでした。ほんとはこれまでのスマホも使いこなせていなかったので変えたくはなかったけど、電話もメールも使えなくなると言われては変えないわけにはいかずでした。この前のPHSからスマホに変えたときも、前の電話機が使えなくなるというので変えたけど、5,6年で変えろというのは、私にとっては厳しいことです。頭がついていけません(笑)。
posted by akemi at 20:25| Comment(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月03日

新年おめでとうございます

IMG_5100 (2).jpg

コロナに振り回された2020年でした。みなさまいろいろな思いを抱えて新年を迎えられたことと思いますが、残念なことにまだ収まりそうもありません。非常事態宣言を要請中の一都三県、昨年の宣言中よりずっと深刻なのですよね。医療関係の皆様に感謝しつつ、政府には交代要員増加や超過勤務手当など、労苦に報いる判断をしてほしいと願っています。私たちは予防につとめて下支えをしたいものです。

シネマジャーナルは年一回の本誌を発行しています。昨年は映画館が閉まるという前代未聞の状況になりました。内容にも影響があるはずです。4月にはお届けできるように(あっというまです。きっと)原稿をぼちぼち準備していきます。ウェブはこれまで通り、随時アップいたしますので、今年もご愛顧のほどよろしくお願いいたします。
年末に(咲)さんが書いていたベストテン、シネジャも1月末にはブログに発表いたします。コロナのせいで鑑賞本数が減った方が多いと思いますが、10本にこだわらずベスト5でもOKです。配信で観た方もその旨お書き添えの上、お知らせくださいませ。

みなさまの健康とお幸せを祈ります。(白)







posted by shiraishi at 19:42| Comment(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月31日

黒豆を煮ながら、今年観た映画を振り返りました  (咲)

コロナの感染がますます心配な中での年越しとなってしまいました。
今年は忘年会も冬至の集まりもなかったので、年賀状は元旦に届くという25日までに、ほぼ出し終えました。まさに生存確認という感じ。
試写は25日の『越年 Lover』が最後でした。
その時点で、この1年に観た映画が、291本。
ここ数年、400本以上観ていたのですが、今年はコロナのあおりを受けて、ぐっと減りました。あと一息、300本目指そうと、ちょっと頑張りました。
28日には、お正月の買い物がてら立川に行って、『GOGO(ゴゴ) 94歳の小学生』を観てきました。
gogo-poster-sr-thumbnail2.jpg
94歳のGOGOが、ひ孫と同じ緑の制服を着て教室で勉強したり、遠足に行ったり・・・ とても微笑ましかったです。試験に落ちてしまい、目が見えないし、もう学校やめるというのですが、白内障の手術を受けて、一気に視界が広がり、また頑張ろうと立ち直ります。私も3年前に右目の白内障の手術を受けたので、この場面、気持ちがすごくよくわかりました。白内障の手術をためらっている方、ぜひ!
教育の大切さを教えてくれる、ほっこりする映画というのが本筋です。

29日は、都内で午後遅くに用事が出来たので、その前にシネマート新宿で『クローゼット』を観ました。ハ・ジョンウとキム・ナムギルに惹かれて選んだのですが、「クローゼットの扉が開き、娘が姿を消した---」というキャッチコピーから察するべきでした。ホラー好きのミッキーさんにお任せしたい映画でした。ハ・ジョンウとキム・ナムギルは、もちろん素敵でした♪

300本には、やっぱり届かないかなと思いながら、観た映画のリストをチェックしたら、ベストテンに入れたかった映画が1本漏れていて、もう一度、点検したら、さらに3本抜けていて、あと1本で300本と判明♪
締めを何にするか迷って、ちょうどテレビで24日に放映した『巴里の屋根の下』(1930年)を録画していたので、これに決定! 中学生の頃、家に帰ると3時から毎日洋画を放映していて、『巴里の屋根の下』は何度も観た懐かしい映画。とはいえ、50年以上前のことだし、当時は色恋もまだわからぬ身。違う印象を持ちました。ルネ・クレール監督の初のトーキー映画で、随所に無声映画時代の雰囲気を感じました。
男たちが取り合う美女が、ルーマニア人だったということも初めて知りました。ルーマニア語も出てきて興味津々。パリって、ほんとに色々な国の人たちが住む町なのだなと。

恒例の「映画野郎」さんのベストテンに、今年も友情出演枠でお声をかけていただいて、締め切りが12月31日だったので、昨日は、黒豆を煮ながらベストテンを絞り込んでみました。野郎目線で選ばないといけないので、本来の私のベストとは少し違います。発表をお楽しみに♪

さて、この作業中に、観た映画リストに2回観た作品が2回ともカウントされていたのが判明。
あ〜あと1本観ないと300本にならない!
できれば、ほっこりする後味のいい作品を今年の締めにしたいと、オンライン試写の案内をいただいている中から、『43年後のアイ・ラヴ・ユー』をチョイス。
妻を亡くし一人暮らしの70歳のクロードは元演劇評論家。かつて恋仲だった女優リリィがアルツハイマーを患い施設に入っているのを知り、自分もアルツハイマーを装って入居。リリィの記憶を呼び戻そうと孫娘も巻き込んで作戦を実行するという物語。
冒頭、悪友シェーンとの会話は薬のことばかりで、この年になるとそうなるよねと。でも、かつての恋人の消息を知って色めきだつのです。
人生まだまだ・・・と、はい、ほっこり勇気づけられました♪

『43年後のアイ・ラヴ・ユー』は、1月15日公開。
監督:マルティン・ロセテ
公式サイト

今年も、あと1時間半。
この1年ありがとうございました。
2021年が、コロナも収束して良き年になることを祈るばかりです。
来年もどうぞよろしくお願いします。



posted by sakiko at 22:27| Comment(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする