2021年09月05日

ショーレ・ゴルパリアンさんの自伝本「映画の旅びと イランから日本へ」 (咲)

eigano tabibito.jpg

映画を通じて、イランと日本の架け橋としてご活躍されてきたショーレ・ゴルパリアンさんから、自伝を書きましたとご案内をいただきました。
9月1日にみすず書房から発刊されたご本がさっそく届いて、目次をみて、気になるところを読んでみたら、面白くて、結局、最初から一気に斜め読みしてしまいました。
(6日の午前中に『WHOLE/ホール』の監督さんたちへのインタビューを控えていて、準備しなくてはいけないのに・・・!)

映画にかかわる前のショーレさんの若いころの人生は、衝撃でした!
日本人男性を追いかけて来日。イラン・イラク戦争の時期だったこともあって、約10年日本で暮らした後、失恋も相まって帰国。イランでご結婚するも、ショーレさんが日本の永住権を取っていたことから、ご主人に日本に行こうと言われ、1991年12月に再来日。ご本人は不本意だったようですが、お陰で私たち日本人は、多くのイラン映画を観る機会に恵まれることになりました。
2度目の来日で、最初にイラン映画に関わる仕事をされたのは、1992年。モフセン・マフマルバフ監督の『サイクリスト』の日本語字幕。
私が初めてショーレさんにお会いしたのは、1995年のアジアフォーカス・福岡映画祭でイラン映画特集が組まれた時のことでした。
ショーレさんの歩みには、私自身のそのときそのときの思い出が蘇りました。
まさに、日本におけるイラン映画の歴史に重なります。

shoreh kiarostami.jpg
2010年 東京フィルメックス
『トスカーナの贋作』上映後のキアロスタミ監督の和やかなQ&A

shoreh naderi.jpg
2013年 第26回東京国際映画祭
左より、『ルールを曲げろ』ベーナム・ベーザディ監督と主演のネダ・ジェブライーリさん、アミール・ナデリ監督、ショーレ・ゴルパリアンさん


なにより興味深かったのが、キアロスタミ監督とアミール・ナデリ監督とのエピソード。
対照的な二人の巨匠の素顔がとてもよくわかります。ショーレさんが、個性的な巨匠たちのお相手でご苦労されたことも! 

ぜひご一読いただければと思います。
(ちょっとお高いので、図書館へのリクエストでも!)

***************

『映画の旅びと イランから日本へ』
著者:ショーレ・ゴルパリアン
みすず書房
発行日 2021年9月 1日
定価 3,960円 (本体:3,600円)
頁数 272頁
ISBN 978-4-622-09033-5
Cコード C0074
https://www.msz.co.jp/book/detail/09033/

目次
はじめに

序章 イランに生まれて
二つの町で/革命前のイラン映画/革命前夜

第1章 イランから日本へ
日本に行きたい/昭和最後の日本で/イラン大使の秘書として/イラン人と日本人

第2章 日本からイランへ
しばし日本とお別れ/日本のドラマをイランへ/イラン映画のニューウェーブ

第3章 再び日本へ
異国で子どもをかかえて/イランの映画を日本へ/クロサワとキアロスタミ

第4章 キアロスタミのかたわらで
日本のキアロスタミ/キアロスタミの映画/キアロスタミの哲学

第5章 イラン映画の監督たち
アミール・ナデリ/モフセン・マフマルバフ/マジッド・マジディ/アボルファズル・ジャリリ/カマル・タブリーズィー/ジャファル・パナヒ/バフマン・ゴバディ/アスガー・ファルハディ/イラン映画の現在

第6章 イランと日本を映画でつなぐ
合作映画をプロデュース/日本の監督がイランで撮る

第7章 イランの二巨匠が日本で撮る
ナデリの『CUT』/キアロスタミの『ライク・サムワン・イン・ラブ』/キアロスタミとの別れ

終章 四十年の軌跡
映画祭と映画人

索引・編集者付記

************************

ショーレさんにお世話になった取材の数々から一部をご紹介!

shoreh hana.jpg
『子供の情景』ハナ・マフマルバフ監督来日レポート
http://www.cinemajournal.net/special/2009/kodomo/index.html

shoreh farhadi.jpg
イラン映画『彼女が消えた浜辺』
アスガー・ファルハディ監督インタビュー
http://www.cinemajournal.net/special/2010/about_elly/index.html

shoreh salesman.jpg
イラン映画『セールスマン』
主演女優タラネ・アリドゥスティさんがやってきた!
http://www.cinemajournal.net/special/2017/salesman/index.html

shoreh ali talebi.jpg
イラン映画『バイオリン弾き』
モハンマド・アリ・タレビ監督インタビュー
http://www.cinemajournal.net/special/2017/violinist/index.html

shoreh just.jpg
2019年 東京国際映画祭『ジャスト 6.5』 監督&俳優インタビュー
http://cineja3filmfestival.seesaa.net/article/471579541.html

shoreh kisya club.jpg
イランのショーレ・ゴルパリアンさんが日本映画ペンクラブ賞特別功労賞受賞 (咲)
http://cinemajournal.seesaa.net/article/464654333.html

DSCF3905 hotel new monn.JPG
『ホテルニュームーン』ショーレ・ゴルパリアンさんに聞く
http://cineja-film-report.seesaa.net/article/477396950.html



posted by sakiko at 19:05| Comment(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月23日

旅行人シネマ倶楽部「旅シネ」の本ができました! (咲)

tabicine.jpg

神保町の書店「アジア文庫」で、「旅行人」という雑誌と出会ったのは、1990年代半ばのことでした。イスラーム文化圏やチベット文化圏など、私の興味のある地域の旅の情報がいっぱい詰まっていて、わくわくしたものです。バックパッカー向けの内容で、とてもこんな旅はできないなぁ〜と思いつつ、時々購入して楽しんでいました。
表参道のシネシティ香港で「シネマジャーナル」を見つけたのも、やはり1990年代半ばでした。当時は時々購入する読者でした。それが縁あって、2002年の春頃からシネジャに書かせていただくようになりました。
まだ駆け出しの2002年11月、『チベットの女 イシの生涯』の謝飛(シエ・フェイ)監督のインタビューに、暁さんに連れられて行ったのですが、合同取材でご一緒したのが、旅行人の執筆者である前原利行さんでした。大好きな旅行人の方と知って、思わず帰りに声をかけて(どちらからともなくだったような気もします)、一緒に食事して帰りました。旅行人の映画好きの方たちで作っている「旅シネ」というサイトがあることを知りました。その後、旅シネのほかの執筆者の方とも一緒に飲む機会をいただきました。あちらは男性ばかりなのですが、私が紹介したいと思う作品は、旅シネにも必ずといっていいほど、ほとんど掲載されています。嗜好がとても似ているのです。私よりも、知識豊富な皆さんなので、旅シネでは、どんな風に書いているのかしら?と、参考にさせていただいています。今回、『ファヒム パリが見た奇跡』を紹介するにあたって、旅シネのサイトを覗いてみたら、もちろん掲載されていたのですが、それよりも前に飛び込んできたのが、『旅シネ 2000-2019 映画で旅する世界 : 21世紀のワールドシネマ』発行のお知らせでした。
さっそく予約! まだ発行前の8月9日のことでした。

8月12日に東京イラン映画祭に行ったら、会場で旅シネの今野雅夫さんに久しぶりにお会いしました。
私が注文したことはすでにご存じでした! 
そして、お互いのサイトにリンクを貼ることをお約束♪
tabicine logo.jpg
こちらが旅行人シネマ倶楽部「旅シネ」のサイトです。アジアやイスラーム圏、東欧や中南米など、ふだん観る機会が少ないワールドシネマに出会えます。ぜひ、シネジャと共にご愛読を!  

8月15日、発行されたばかりの「旅シネ」本が届きました。
2000-2019年の映画を製作年ごとに、これまでサイトに掲載された中からチョイスしてまとめた素敵な冊子です。年ごとの世相もわかる作りになっています。私も絶対選ぶという作品ばかり! お薦めです。

購入申込みはこちらから!



posted by sakiko at 19:48| Comment(1) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする