2023年01月22日

映画『柳川』 アジアフォーカスを懐かしく思い出す (咲)

yanagawa.jpg

名古屋のミッキーさんが毎日・映画三昧で紹介していて気になっていたチャン・リュル監督の映画『柳川』。
1月19日にやっと観てきました。
この日、1時から『バビロン』の試写があったのですが、長い映画なので、終わるのが4時過ぎ。時間的に観られる映画は・・・と検索して、17:05から新宿武蔵野館であるのがわかった次第。

北京で暮らす中年の独身男ドン。末期癌を宣告され、長年疎遠になっていた兄・チュンを旅に誘う。行先は日本の柳川。兄の恋人で、ドンも密かに愛していた女性の名前が実は「柳川(北京語読みでリウ・チュアン)」。彼女はある日突然二人の前から消えた。今は柳川で暮らしているとわかり、ドンは兄を誘って訪ねていく・・・
物語のさらに詳細はミッキーさんの記事:郷愁さそう町の風情が主役 12月30日公開『柳川』で、どうぞ!


柳川を始めて訪れたのは、大学3年が終わった春休み。高校を卒業した妹を誘って、九州一周の旅をした折のことでした。柳川に程近い瀬高にあったルノワルユースホステルに泊まった翌日に訪ねました。貧乏旅行で、川下りは諦め、掘割を優雅にゆく船を川沿いから眺めたものです。柳川藩主立花邸 御花は見学しましたが、柳川名物のせいろ蒸しのうなぎは、少し安いお店でいただいた記憶があります。
その後、20代の時にあと2回柳川を訪れ、川下りも楽しみました。
それから30年ちょっと経って再訪したのが、2007年のアジアフォーカス福岡国際映画祭に行った時のことでした。
(スタッフ日記2007年9月第3週に書いていて、行った年が判明しました!)
その日記には、下記のように書いていました。

*******
福岡滞在の最終日の午後、映画はお休みにして、柳川に行って来ました。西鉄の「太宰府・柳川観光きっぷ」は、往復乗車券、川くだりにお土産もついたお得な切符。(さらに、かんぽの宿のお風呂に入れる「湯ったり柳川きっぷ」もあります。)これなら人が集まらなくても確実に川くだりができるという次第。
yanagawa kawakudari.jpg
で、船着場まで案内されたのは、私一人。40分待たされましたが、結局、貸切状態で川くだり! 若い船頭さんに「柳川には30年ぶり」と言ったら、「生まれる前ですねぇ」と言われてしまいました。
******

翌年のアジアフォーカスでマジド・マジディ監督にお会いした時に、翌日一日オフとのことで、柳川をお薦め。お天気も良くて、川下りと温泉を楽しんできたと嬉しそうにご報告くださったのを思い出します。

チャン・リュル監督の『慶州』(公開タイトル:『慶州(キョンジュ) ヒョンとユニ』)や『福岡』のメーキングはアジアフォーカスで観ています。
『慶州』が2014年のアジアフォーカスで上映された時には、チャン・リュル監督と主演のパク・ヘイルさんが来日。ゲストルームで、ほかの作品の監督インタビューで待機していた時に、パク・ヘイルさんがいらして、座るなり、コンビニで買ってきたとおぼしきパンを召し上がれました。すごく自然体で好感を持ったのを思い出します。
これはたまたまゲストルームでしたが、アジアフォーカスは上映後のトークの後にサイン会があったり、町で歩いている映画人と会えたりと、とても楽しい映画祭でした。
アジアフォーカスで訪れたついでに九州のあちこちを訪ねたのも懐かしい思い出です。

さて、映画『柳川』。
柳川に旅立つ前には、北京の古い町並みも出てきました。まだかろうじて残っているところがあるのですね・・・
到着した西鉄柳川駅は、すっかり立派な駅舎になっていました。でも、水郷の町・柳川の風情は健在。そこで解き明かされていくリウ・チュアンが北京を突然離れた理由・・・
ロンドンで出会った柳川が故郷だという日本人男性を池松壮亮さんが演じているのですが、彼との関係もちょっと謎に包まれています。
人は余命を知った時、何をしたいか・・・ということも考えさせられました。

posted by sakiko at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月08日

横須賀で父を偲んだ年始でした (咲)

今年もどうぞよろしくお願いします。

妹が大晦日と2日、仕事だったので、30日の夜から3日まで横浜の妹のところで過ごしました。
大晦日には高校時代の親友とウェスティンホテル横浜で和食のランチ、
元旦は妹と初詣。喪中なので初詣は控えたほうがいいのではと調べたら、お寺の場合は神社への初詣とは異なり、忌中・喪中でも足を運んでもいいとされているとのこと。
PXL_20230101_053630659.jpg
妹のところから歩いていける成田山横浜別院にお参り。伊勢山皇大神宮にお参りする長蛇の列の脇を通って成田山へ。平穏な一年になることをお祈りしました。

2日は、高校の同級生が希望の場所に車で連れていってくれるというので、近くの海の見えるところをリクエスト。三浦半島をぐるっと回ってきました。
9時20分頃に、妹宅近くの高島町を箱根駅伝が通過するので、通り過ぎた10時過ぎにピックアップしてくれることに。

PXL_20230102_002925696.MP.jpg
せっかくなので、箱根駅伝の様子も見てきました。
走ってる選手もですが、誘導する車や白バイの姿が楽しかったです。

Coaska Bayside横須賀のお店にランチの予約をしたとのことで、まだ時間があるので、金沢八景の野島に寄ってもらいました。
2020年7月1日に、父や妹と一緒に、野島にある旧伊藤博文金沢別邸に行きたかったのですが、土砂降りの雨で諦めたのでした。
その時のことは、こちらに!香港返還23年目の日に「劇的紀行 深夜特急'96〜熱風アジア編〜」(咲)
父が小学校5年生の夏休みの時に、お豆腐屋さんの2階を借りて、一家で1ヶ月間を過ごした思い出の地。お天気の良い時に再訪したいと言っていたのですが、叶いませんでした。

PXL_20230102_015600615.jpg
旧伊藤博文金沢別邸は、年末年始休館で中に入れませんでしたが、風情ある建物を外から眺めることができました。

PXL_20230102_015120419.jpg
ここからは正面に八景島のジェットコースターがよく見えました。
1998年9月1日に、レスリー・チャンが『もういちど逢いたくて/星月童話』の撮影を八景島シーパラダイスで行うという情報をキャッチして八景島に行った人たちがうらやましかったのを思い出します。

PXL_20230102_055845922.jpg
横須賀港の自衛隊の船や米軍基地を見渡せるお店でランチしたあと、三浦半島をぐるっと回って、父が学徒出陣で入隊した武山海兵団を確認してきました。今は陸上自衛隊武山駐屯地になっています。

PXL_20230102_054458266.jpg
武山という名前から横須賀の山の中にあると思い込んでいたら、海辺でした。思えば、海軍だから海のそばですよね・・・
父の書き遺した「自分史としての学徒出陣」のまとめも、あと一息。
4月発行予定のシネマジャーナル106号の編集を始める前には、なんとか形にしたいと思っています。


posted by sakiko at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月31日

今年最後の映画は『はなれていても』@シネマ・ジャック&ベティ(咲)

ヨコハマ・フットボール映画祭の福島さんから、2022年の映画祭でグランプリを受賞したドイツ映画『はなれていても』が、シネマ・ジャック&ベティで開催中の「見逃シネマ2022」で12月30日(金) 19:10〜から上映されるとのご連絡をいただきました。
年末年始は、横浜の妹のところで過ごすので、時間的に好都合。
しかも、映画の内容をみてみたら、生まれ育った村を失ったサッカー少年が、シリア難民の少年と出会い、友情を深めながら成長する姿を描いた物語とのことで、これは私が観るべき映画。今年、映画館で観る最後の映画に決定! 

『はなれていても』 原題:Zu weit weg
hanareteitemo.jpg
cWeydemann Bros. GmbH
監督:ザラ・ヴィンケンシュテッテ
出演:ヨラン・ライヒャー、ソブヒ・アワド
2019年/ドイツ/89分

映画には、シリア難民の少年だけでなく、トルコ移民の少年も出てきました。
シリアのアレッポから、兄と二人で脱出するも途中ではぐれてしまったと聞き、サッカー仲間がネットを活用してお兄さんを探し出すという心温まる物語でした。せっかく仲良くなったシリアの少年は、お兄さんのいるオランダに行ってしまうのですが、はなれていても、画面上で時々おしゃべりするというのが、タイトルの由来。 

「新しい年を希望をもって迎えるのに相応しい作品なのではないかと思います」とご案内にあった通りの、爽やかな映画でした。

PXL_20221230_114837012.jpg
上映後には、福島さんが登壇し、『はなれていても』のミニ解説と、来年の映画祭の上映候補作品の紹介がありました。

実は、福島さんと知り合ったのは、数年前の冬コミケ。シネマジャーナルをご購入くださり、それ以降、横浜フットボール映画祭のご案内をくださっているというご縁。
お陰様で、今年最後を飾るのにふさわしい映画に出会えました。

いろいろあった2022年も、あと数時間。2023年が、良き年になることを祈るばかりです。
そして、素敵な映画にたくさん出会えますように♪
来年も、どうぞよろしくお願いします。

posted by sakiko at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年もありがとうございました。(白)

年の初めの願いと違って、全然おだやかじゃない1年でした。
私の周りでもいくつもの訃報がありました。
近い人が結婚したとか、あかちゃんが生まれたとかいう話は全然ありません。そういう年頃です。ともあれ生き延びました。

IMG_0120.jpg

さて今年最後の映画は、これはベストテンで外せないだろうと駆け込んだ13年ぶりの続編『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』とアニメーション『かがみの孤城』(辻村深月原作)。
次の日はレンタルやさんで『アバター』を借りました。ほとんど忘れていましたが、やっぱり戦争映画でした。今昔のさまざまな戦争を思い出させます。『アバター』でクオリッチ大佐がナヴィたちを見る目は、開拓時代の先住民、大戦やベトナム戦争下のアジア人へ向けられたのと通じます。日本も大東亜共栄圏を目指してアジアへ進出したのですから、大差なかったでしょう。
続編は、アバターからナヴィの一族となってネイティリと結婚し家族を得たジェイクが守りに入り、人間と戦わず森から海へと逃げ出します。この海がすばらしく美しく、森の民と海の民の違いもよくわかります。しかしジェイク夫婦や、混血の子供たちが差別を受けるのも浮き彫りにします。後半は怒涛の戦いシーン! 船が沈む様子に『タイタニック』を思い出しましたが、同じジェームズ・キャメロン監督でした。興行成績1位と3位なんですね。(2位は『アベンジャーズ/エンドゲーム』2019) 情報元はこちら
シガニー・ウィーバーがモーションキャプチャーで演じた少女のキリ(グレース博士の娘、ジェイクの養女になった)が覚醒していき、この後に続いていくようです。3は遠からず公開予定、5までできるらしいです。
『かがみの孤城』は本屋大賞受賞作、てっきり読んだと勘違いしていましたが未読でした。中学生の心持ちが繊細に描かれていて、話の展開が新鮮。想像しながら最後までひきつけられて観ました。同年代の人にはもっと深く届くでしょう。

今年の話題作『トップガン マーヴェリック』は見逃してしまい、そんな人が多かったのかレンタルやさんに1本も残ってませんでした。返却される年明けを待たねば。オンライン試写を中心に今年も340本くらい観たかなぁ(定かでありません)。ベスト10を書きだす前に数えてみます。皆様のベスト10(ジャンル、順位つけなしでも可)はなんでしたか?
1月末には「おすすめ映画ブログ」で発表しますので、コメント欄などにお寄せください。
2023年は良い年になりますように。
できることからこつこつやっていきましょう。(白)

posted by shiraishi at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月25日

今年400本目は未来チケットで『子猫をお願い』 (咲)

メリークリスマス!
PXL_20221220_162103620 320.jpg
我が家のプチクリスマスです♪

いろいろあった2022年も、あと1週間になりました。
映画が寂しさを紛らわせてくれた年になりました。
試写は、オンラインと試写室の両方を選べるものがほとんどで、オンラインがあるから・・・と油断しているうちに、公開が始まってしまうことも。
せっかく試写のご案内をいただいたのに、ずいぶん見逃して紹介しそこねてしまいました。
そんな中、12月23日に400本目達成!
晴ある400本目は、『子猫をお願い4K リマスター版』。
12月23日から公開が始まった『猫たちのアパートメント』のチョン・ジェウン監督の2001年の作品です。
ソウル郊外仁川(インチョン)の商業高校の同級生の女の子5人が、卒業して、それぞれの道を歩み始める物語。ペ・ドゥナやイ・ヨウォンが、20歳そこそこの役。(当時ほぼ実年齢!) ペ・ドゥナは、案外、変わっていません。『吠える犬は噛まない』(2000年)は、来日したペ・ドゥナに会っているので、はっきり覚えているのですが、『子猫をお願い』は観たのかどうか・・・の記憶。
折り畳み式の携帯や、大きなデスクトップ型パソコンが時代を感じさせてくれました。
仁川空港が、ちょうどできたばかりの頃。まだ仁川の町には、目立つ高いビルもありませんでした。
仁川といえば、韓国最大のチャイナタウンのあるところ。ペ・ドゥナ演じるテヒの仲良しの同級生の双子ピリュとオンジョのお母さんは中国人。母方の祖父母は中国語で会話しています。そして、テヒの母親を演じているキム・ファヨンは、ペ・ドゥナの実母! 母娘共演です。 

さて、子猫。オク・チヨン演じる絵が上手だけど、家が貧しくて専門的に勉強することも叶わないジヨンが迷い猫を拾ってティティと名付けます。証券会社に入社した美人のヘジュの誕生日祝いに、自分で絵を描いた箱にティティを入れてプレゼントするのですが・・・ 
子猫がその後、誰の手にお願いされるのか・・・  若い女性たちが、未来を切り開いていく姿と共に、可愛い子猫の運命が描かれた映画でした。

この映画、渋谷のユーロスペースで観たのですが、ミニシアター・エイドのリターンでいただいた未来チケット10枚の最後の1枚を使わせていただきました。2022年内有効で、やっと使えたのですが、心に残る良い映画を観ることができました。

コロナがはびこってきた中で、客足の落ちたミニシアターを救おうと行われたミニシアターエイド。
正式名称は、『未来へつなごう!!多様な映画文化を育んできた全国のミニシアターをみんなで応援 ミニシアター・エイド(Mini-Theater AID)基金』
2020年4月13日(月)にスタートして、わずか3日で1億円達成したのでした。
あれから、2年8か月が経ちましたが、コロナはいまだに収束しません。岩波ホールが閉館するという悲しい出来事もありました。 今のところ、ほかのミニシアターは、なんとか頑張ってくださっていますが、これから先、どうなることかわかりません。
これからも素敵な映画をスクリーンで見せていただくために、出来るだけ、映画館に足を運んで応援したいと思います。


『子猫をお願い4K リマスター版』
公式サイト:https://konekowoonegai4k.com/
2022年12月17日(土)よりユーロスペース他にて全国順次ロードショー

『猫たちのアパートメント』
2022年/韓国/韓国語/88分
配給:パンドラ
公式サイト:http://www.pan-dora.co.jp/catsapartment/
★2022年12月23日(金) 渋谷・ユーロスペース、ヒューマントラストシネマ有楽町にてロードショー、全国順次公開.
posted by sakiko at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする