2017年11月01日

『ペット安楽死請負人』(フィンランド)Q&A

10月28日(土)
登壇ゲスト:テーム・ニッキ(監督/脚本/編集/美術/衣装)、マッティ・オンニスマー(俳優)、ヤニ・ポソ(プロデューサー)
作品詳細
IMG_4631s.jpg

マッティさんが演じる主人公のトレードマークがパイプ。3人そろってパイプを口に登場したので、司会の矢田部プロデューサーもびっくり。
ペットを安楽死させる闇商売をしているとはいえ、自分の仕事にはスジを通している主人公。ネオナチの男たちや女性獣医よりもマシだと思えてしまいます。しかし父親との確執やガールフレンドとのからみにもどこか死の匂いがつきまとい、監督の思惑通り観客は居心地の悪い思いをします。「楽しんでください」と「言ってましたけどね。
Q&Aもすでにこちらに出ています。
これまでに観た作品
『アリフ、ザ・プリン(セ)ス』様々な差別の問題を提示したLGBTQ映画。主人公の目力の強さと民族衣装に魅了された。チェン・ジューション演じる中年のゲイが切なくて可愛い。『大仏⁺』(未見)では全く違う顔。
『怪怪怪怪物!』怖いのは怪物よりも何の痛痒もなく、人を傷つける高校生だった。怪物役の女優さんがとっても美人で、よくこれを引き受けたと女優魂に感心。
『ナポリ、輝きの陰で』子どもに期待するこういう親と、重すぎて苦しむ子どもはいるだろう。何度も子どもをせめる父親にうんざりする。この逆もあるな。
『ヤスミンさん』ヤスミン監督の映画だと思って観たら、行定勲監督『鳩 Pigeon』のメイキングだった。実はそのつもりで撮り始めた(行定監督は頼んでないそうw)ら、ヤスミンさんの思い出がどんどん入ってきてしまったんだとか。笑顔のヤスミンさんの映像に涙した人も多いはず。
『マリリンヌ』女優を志しながら、すぐに心折れてしまうマリリンヌにイラッとするけれども、これが等身大。舞台で花開き、観客に称えられて涙する場面に良かったね、と思うおばちゃんでした。
『人生なき人生』
ガンを宣告された父親が息子に借金取り立てを肩代わりさせる。自分は病院で知り合った若い美女と再婚する調子の良さ。最後にあれれ。一寸先はわからない。
『ABCなんて知らない』カンボジア若手短編集のうちの1本。時間がなくてこれだけしか観られなかった。路上生活をしている親子。一人息子だけは学校に行かせたい父はゴミ拾いをして生活費を稼いでいる。貧しくても情がそこにあれば前向きになれる。(白)
posted by shiraishi at 01:00| Comment(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第18回東京フィルメックスも、もうスグ始まります!!

21.jpg

★第18回東京フィルメックスは2017年11月18日(土)〜26日(日)の日程で、有楽町朝日ホールとTOHOシネマズ日劇を会場として開催いたします。
映画祭の公式サイト
http://filmex.net/2017/
TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSやメールニュースでも情報を配信してますので、ぜひフォロー&登録してください!!

23.jpg
『相愛相親』 中国、台湾/2017/120分/監督:シルヴィア・チャン

オープニング作品はシルヴィア・チャン監督・主演の『相愛相親(そうあいそうしん)』、クロージング作品はアッバス・キアロスタミ監督の遺作『24フレーム』。原一男、園子温、ワン・ビンといった世界最前線の映画作家たちの最新作に加え、ウォルター・サレスやジャ・ジャンクーが参加したBRICSの5カ国オムニバス作、ヴェネチアのコンペで上映され話題を呼んだヴィヴィアン・チュウの問題作『天使は白をまとう』を特別招待作品として上映します。
*今年も「セブンチケット」と「vit」でチケットを11/3(金・祝)より発売。昨年に引き続き、U-25割(アンダー25割)も取り扱います


ss02_main.jpg
『24フレーム』イラン、フランス/2017/114分/監督:アッバス・キアロスタミ

東京フィルメックスは、皆さんに支えられている国際映画祭です。アジアを中心とした世界から独創的な作品を集め、未知なる作品や驚くべき才能との出会いを通して、より進化した豊かな映画文化を創造します。皆様からの様々な形でのご支援、心よりお待ちしております  (千)
http://filmex.net/2017/support


中国/2017/107分/監督:ヴィヴィアン・チュウ


posted by chie at 00:00| Comment(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

東京国際映画祭 『ザ・ホーム−父が死んだ』結末に主演女優もびっくりの全編トルコ語のイラン映画 (咲)

10月30日 21:05から EXシアター六本木で、もう1回上映されますので、取り急ぎご紹介します。

コンペティション部門
『ザ・ホーム−父が死んだ』  (原題:Ev トルコ語で『家』)
78分/トルコ語/ 2017年/イラン

大学に献体するとの遺言を残して亡くなった父親。疎遠だった娘が遺体は渡せないと泣きわめいている。叔父の面倒をみてきた従兄のマジッドは、遺志を尊重したいと娘を説得する・・・

会話の中で、いろんな事情が徐々に明らかになっていくので、一言も聞き漏らせません。(もちろん字幕で)
イラン映画なのに、トルコ語? と不思議に思いながら、アスガー・ユセフィネジャド監督と、主演女優モハデセ・ヘイラトィさんにお話を伺いました。
DSCF2914 ev 320.jpg
監督は、自身の住むイラン北西部の中心都市タブリーズを舞台に、自分たちが普段しゃべっているアゼリー(トルコ系のアゼルハイジャン語)にこだわって撮ったとのこと。アゼリー人は、イランの人口の4分の1を占めますが、これまでアゼリー語で全編撮られた映画はないそうです。

最後の大どんでん返しにびっくりですが、演じた女優さん自身、3ヶ月におよぶリハの間にも結末を知らなくて、撮る直前に紙1枚渡されてショックを受けたとのこと。 

これまで舞台で活躍してきたモハデセさん。舞台ではペルシア語で演じてきたので、今回、母語とはいえアゼリー語で演じるのに慣れるまでちょっと時間がかかったそうです。
ほかの出演者は、舞台で活躍の有名な方から、脇役の方、さらに撮影カメラを観たこともなかった素人と、様々。
共通するのは、監督もキャストもスタッフも、皆、アゼリー語が母語ということ。
テレビ界で20年の経験を持つ監督の初長編作品です。ぜひ、ご覧ください。

『ザ・ホーム−父が死んだ』
http://2017.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=13
posted by sakiko at 08:19| Comment(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

第30回東京国際映画祭 オープニング(暁)

10月25日から東京国際映画祭が始まりました。
いつもは初日から映画鑑賞していてオープニングの写真は撮ってこなかったのですが、今年は久しぶりに撮りに行ってみました。オープニングの写真撮影は、映画祭のメイン会場が渋谷から六本木に移った頃以来なので何年ぶりでしょう。
それではお楽しみください。

久松猛朗ディレクター、橋本環奈アンバサダー2_R.jpg
久松猛朗フェスティバルディレクター、橋本環奈アンバサダー

コンペティション査員トリ_R.jpg
コンペティション部門国際査員
左から 永瀬正敏、マルタン・プロヴォ、トミー・リー・ジョーンズ、(ヴィクトリア・ジョーンズ)、ヴィッキー・チャオ、レザ・ミルキャリミ

アジアの未来,日本映画スプラッシュ審査員_R.JPG
アジアの未来,日本映画スプラッシュ 審査員
左から 日本映画スプラッシュ 審査員 ナシェン・ムードリー、アジアの未来 審査員 行定勲、オ・ジョンワン、ホセ=ルイス・レボルディノス

SHINPA_R.JPG
SHINPA vol.6 in Tokyo International Film Festival 新進気鋭の監督たち

銀幕のミューズたち1トリ_R.jpg
Japan Now 銀幕のミューズたち
左から 安藤サクラ、蒼井優、満島ひかり、宮アあおい


鋼の錬金術師補正_R.jpg
鋼の錬金術師

空海―KU-KAI―補正_R.jpg
空海―KU-KAI―

原恵一の世界補正_R.jpg
原恵一の世界

アケラット−ロヒンギャの祈り補正_R.jpg
アケラット−ロヒンギャの祈り

ペット安楽死請負人補正_R.jpg
ペット安楽死請負人

最低。補正_R.jpg
最低。

勝手にふるえてろ補正_R.jpg
勝手にふるえてろ


Mr. Long/ミスター・ロン補正_R.jpg
Mr. Long/ミスター・ロン

アダン浅井_R.JPG
エンドレス・ポエトリー

アリフ、ザ・プリン(セ)ス補正_R.jpg
アリフ、ザ・プリン(セ)ス

カンボジア若手短編集監督補正_R.jpg
カンボジア若手短編集監督

ビオスコープおじさん補正_R.jpg
ビオスコープおじさん

ポーカーの果てに補正_R.jpg
ポーカーの果てに

ミッドナイトバス2補正_R.jpg
ミッドナイトバス

ヤスミンさん補正_R.jpg
ヤスミンさん

河瀬直美補正_R.jpg
河瀬直美監督

牙狼補正_R.jpg
牙狼

花筐/HANAGATAMI補正_R.jpg
花筐/HANAGATAMI

怪怪怪怪物補正_R.jpg
怪 怪 怪 怪物!

二十六夜待ち補正_R.jpg
二十六夜待ち

巫女っちゃけん。1補正_R.jpg
巫女っちゃけん。2補正_R.jpg
巫女っちゃけん。
posted by akemi at 20:51| Comment(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京国際映画祭 充実の2日目 アダン・ホドロフスキーに海老蔵に (咲)

10月26日(木)
11時10分から、コンペティション部門審査員記者会見
11時半からトルコ映画『ポーカーの果てに』を観るので、15分位しか参加できないけど、今年はイランのレザ・ミルキャリミ監督が審査員として来日しているので、お顔だけでも見たいと覗いてきました。
まずは、一人ずつ一言挨拶。これが長い!
でも、審査委員長のトミー・リー・ジョーンズの次がレザ・ミルキャリミ監督で、その次のヴィッキー・チャオまで聴くことができました。
DSCF2273 tomy 320.jpg
DSCF2296 rezakarimi 320.jpg
DSCF2285 vickey 320.jpg
それぞれにいつもの立場と違って、審査することの難しさへの心構えを語りましたが、一方で審査を楽しむ様子も。マルタン・プロボ監督と永瀬正敏の挨拶は諦めて退出。
それにしても、アメリカ、イラン、中国、フランス、日本と、審査員の出身国の政治的立ち位置を思うと、なんとも凄いメンバーを集めたものです。もちろん、映画の世界に国境はなく、映画という共通言語があるのみ。
それでも通訳さんは必要! 
DSCF2324 sinsain 320.jpg
ペルシア語はショーレ・ゴルパリアンさん。(右端)
中国語はサミュエル周先生。(ヴィッキーの後ろ)

11時半〜『ポーカーの果てに』 (アジアの未来部門)
イスタンブルのタクシム広場近くのアパートの一室で繰り広げられる一夜の物語。よく書き込まれた脚本で、一室での話なのに飽きずに最後まで楽しみました。観終わって出てきたら、入場前にもお会いした愛想のいいプロデューサーのジョゼフ・エルチェヴィキ・アマドさんが皆にトランプカードを配ってました。
(Q&Aを取材したので、映画の詳細は別項で報告します)

14時13分〜『エンドレス・ポエトリー』主演アダン・ホドロフスキーQ&A  EXシアターにて  
アレハンドロ・ホドロフスキー監督の自伝的物語で、主人公のアレハンドロを演じた末の息子アダン・ホドロフスキーが登壇。背が高い!  父を演じる自分を、その父自身に演出されるのは大変だったと開口一番。会場からの「どんな家庭でしたか?」の質問には、「普通じゃなかった!」と、いろいろなエピソードが語られました。
DSCF2379 adan 320.jpg
DSCF2394 adan 320.jpg
DSCF2393 adan 320.jpg
フォトセッションでは、中央、右、左と指示されたあと、自分で後ろ向きになるというサービスも。お茶目。大いに沸いたQ&Aでした。
(こちらも、別項で詳細お届けします)


4回目となった歌舞伎座ナイトへ。
映画祭のために来日される外国の方たちにとって、ほんとに素敵な企画。
私たちもご相伴に預って、楽しみにしている歌舞伎座ナイトです。

15:50〜16:05 歌舞伎座正面 ゲストによるフォトセッション
事前の案内ではゲスト名が書いてなかったのですが、受付で渡された資料で、ゲストは、この日、舞踊を披露する市川海老蔵と、永瀬正敏を除くコンペ審査員4名と判明。またミルキャリミ監督のお顔を拝見できる♪と楽しみに。
まずは、海老蔵の挨拶。海外の方への楽しみ方を問われ「形の決まっている様式美を堪能し、伝統音楽としての長唄やお囃子を背景に、日本のタイムスリップした吉原の風情を味わっていただければ」と語りました。また、演じる意気込みについては「突拍子のあるものはございませんが、できるすべてを懸命に演じることのみ考えて」と彼らしい答え。
ここで審査員一行登場の予定が、到着が遅れているとのことで、結局、審査委員長のトミー・リー・ジョーンズのみ登壇。海老蔵とのツーショットとなりました。(写真は後ほど)
 
17時半からの歌舞伎座ナイトは、オープニングのあと、『地獄門[4Kデジタル復元版]』の特別上映。
監督:衣笠貞之助 キャスト:長谷川一夫、京マチ子、山形 勲 1953年製作
手柄のご褒美に何でも言えといわれ、惚れた女と一緒になりたいと願うも、彼女は人妻。それでも諦めきれない男。そして、悲劇が・・・  なんとも凄いストーカー話でした。 

30分の幕間をはさんで、市川海老蔵による舞踊「男伊達花廓」
最初に女形の踊り。え?海老蔵? それにしては違うと思っていたら、花道から海老蔵登場。
そして彼を追う粋な柄の番傘を持った8人の男衆。華やかな舞台を堪能しました。

トホホな初日を挽回した2日目となりました♪



posted by sakiko at 09:56| Comment(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする