2018年02月18日

レスリー・チャン追っかけ仲間と息を殺して観た『欲望の翼』 (咲)

yokubouno tubasa 2.jpg

(C) 1990 East Asia Films Distribution Limited and eSun.com Limited. All Rights Reserved.

ウォン・カーウァイ監督が1990年に放った名作『欲望の翼(原題:阿飛正傳)』。
昨年、確か東京フィルメックスのころに、ある試写に行って、宣伝さんからチラシを渡され、懐かしい画像に思わず手が震えました。13年ぶりにデジタルリマスター版でスクリーンに復活を知らせるチラシでした。

レスリー・チャンが歌手も俳優も引退を決めて、これを最後と出演したのに、この作品で香港電影金像奨の最優秀主演男優賞を取ったことが、俳優復帰を決めさせたともいわれている作品。
『男たちの挽歌』以来、可愛いレスリー・チャンにぞっこんだった私にとって、『欲望の翼』のレスリーは、それまでの出演作とも違う、妖しい魅力を放っていて、ぞくっとしたものでした。
何度観たことかわからない映画だけど、これは絶対スクリーンで観たい!
そう思っていたら、阿吽の呼吸で、レスリー・チャンを共に追いかけ、あの4月1日には共に泣いたお仲間と一緒に観に行こうと話がまとまり、5人で観に行きました。

観に行く数日前から、いくつかの場面を思い浮かべては涙していたのに、いざル・シネマの椅子に座って観はじめたら、もう、画面に釘付けで、不思議なことに涙は出ませんでした。

映画が終わって、皆、それぞれにいろんな思いが駆け巡って、しばらくは何も言えない放心状態。皆、ほんとにレスリー愛してましたからね。
yokuboono leslie.jpg

(C) 1990 East Asia Films Distribution Limited and eSun.com Limited. All Rights Reserved.

居酒屋に入り、やっと言葉が戻り、「あの表情よね」と、わいわいがやがや。
「咲さん、一睡もしてなかったよね」と隣に座っていたKさん。(映画を観てるとき、私がよく寝るのを知ってる友!)
「私たち、頑張ったよね」と、レスリーを追いかけて、香港でも日本でもよく走ったことを笑って語り合いました。
このお仲間は、レスリーが遺してくれた大事な宝物。一緒に観に行けてよかったなと思いました。

暁さんによる作品紹介『欲望の翼』
http://cinemajournal-review.seesaa.net/article/456514172.html
ル・シネマで、まだまだ上映中! 全国でも!



posted by sakiko at 10:09| Comment(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバルに行ってきました2

やっと行けたこのフェスティバルですが、貴重な作品や珍しい作品を観ることができました。特に何十年も前の古いTV映像を観ることができたのはとても嬉しかった。今と違って録画ができなかった時代のものは観ることができないものと思っていたので、そういう映像を観ることができるとはと思いもよらない経験ができた。そんな中から観た作品の感想などを。

●特集「表現者たち/写真」『写真で読む東京』
映画監督・佐藤真が写真と向き合ったテレビ番組2本。
「変貌する街角で−桑原甲子雄と長野重一」「大都会の光と闇−内藤正敏と荒木経惟」(1996年)の2部構成で、東京をいろいろな角度で撮影した4人の写真家をとりあげている。番組ナビゲーターは写真評論家の飯沢耕太郎さん。
写真をずっと続けてきた私ですが、佐藤真監督が東京を撮った4人の写真家についてのTV映像を撮っていたなんて全然知らなかった。桑原甲子雄と長野重一、内藤正敏と荒木経惟という組み合わせで作った番組。東京を撮っている写真家はたくさんいるけど、この4人に絞った構成というのは、全然違う角度で東京を捉えてきた写真家たちだから、佐藤監督自身が写真に相当詳しいと思った。
終わってからこの作品のプロデューサーだった代島治彦さんと番組に出演していた飯沢耕太郎さんのトークがあり、この番組を作ったときのことなどが話されとても興味深かった。
DSC_0461_R.jpg
左 飯沢耕太郎さん 右 代島治彦さん

●特集「追悼/吉永春子」
TV番組「ある傷跡〜魔の731部隊」(1976年)、「街に出よう〜福祉への反逆・青い芝の会」(1977年)
20年以上前、池袋にあった映画館で吉永春子さんの特集があって、本人もQ&Aに出席したイベントがあり、TV局の女性プロデューサーの草分けである吉永さんのことを知った。そのころ、すでにTV局を退職して現代センターの代表だったと思うので1991年以降のことだったのだと思う。その時、何を見たのかよく覚えていないけど、たぶん今回見た青い芝の会のドキュメンタリーだったのかもしれない。
この作品ができた頃はまだ障害者が街頭に出ていくということに困難があり、全然バリアフリーでなかったけど(設備的にも人々の協力も)、それをものともせず、外へ出ようと活動する青い芝の会メンバーの姿が心強く、彼らの無謀とも思える行動があったから、その後、障害者が交通機関を利用しやすくなったり、制度的にもかなり変わっていったと思う。それに、人々も昔に比べたら手を貸しているのではないだろうか。私はリタイアする前の15年近くを障害者が作った会社で働いていたので、それをすごく実感した。
吉永さんが731部隊の映像を作っていたことは知らなかった。でも40年以上前、731部隊のことを隠蔽しようという空気で、なかなか情報が得られない中、根気よく調べていく吉永さんの姿が勇ましかった。
吉永さんがインタビューしに行く後ろ姿が映し出されていたけど、後で金平茂紀さん(TBSキャスター)と橋本佳子さん(ドキュメンタリージャパン・本フェスティバル実行委員)のトークの中で、報道スタッフを引き連れて取材にいく吉永さんのことが話されて納得。でも二人とも畏敬の念からか怖かったと語っていた。40年以上前のラジオやTVの制作部門で女性が生き抜いていくには、肩肘張っていくしかなかったのではとも思う。
このフェスティバル実行委員である橋本佳子さんも、吉永春子さんの後の世代で活躍する女性プロデューサーだけど、橋本さんに以前インタビューしたことがあり、それが縁で、このフェスティバルのことが気になっていた。それにしてもガンガン取材を進める吉永春子さんの勇姿は、今の私たちにとっても心強い。

●DSCN4370_R.jpg
左 橋本佳子さん 右 金平茂紀さん

*『ニッポンの嘘 報道写真家 福島菊次郎90歳』(長谷川三郎監督)で、プロデューサーである橋本佳子さんのことを知り、その後、『ひろしま 石内都・遺されたものたち』(リンダ・ホーグランド監督)の時に橋本佳子プロデューサーにインタビューさせていただいた。
シネマジャーナルHP 特別記事『ひろしま 石内都・遺されたものたち』
リンダ・ホーグランド監督・橋本佳子プロデューサーインタビュー
http://www.cinemajournal.net/special/2013/hiroshima/index.html

●是枝裕和セレクション
TV番組『永六輔とテレビジョン 遠くへ行きたい』
 第 1回「岩手山―歌と乳と」(1970年)
 第16回「オランダ坂をのぼろう 長崎・天草」(1971年)

昨年亡くなった永六輔さんを追悼し、是枝監督がセレクションしたこのプログラム。
「遠くへ行きたい」は2018年現在でも放映されている番組だけど、その1回目を見ることができた。1970年というから48年前の番組。タイトル曲は同じだけどテンポが違う。ポップな感じだった。今のが叙情的でしっとりした感じだとすると、最初のころはアップテンポでポップスのような感じ。同じ曲なのに、編曲でこんなにも違うのかと思った。
この歌を作詞した永六輔さんが出演し、けっこう自由奔放に小岩井牧場や岩手山が見える地方を彷徨していた。50年近く前の作品なのに、なんだか新鮮だった。第16回のほうは、永さんとテーマ曲「遠くへ行きたい」を歌っているデューク・エイセスも登場し、長崎県内のあちこちで歌う姿が映し出される。デューク・エイセスは昨年(2017年12月)活動を休止してしまったが歌は残る。
上映後は、この番組を制作した今野勉監督と、セレクションした是枝裕和監督のトークショーがあり、永六輔さんとの番組作りの話を聞くことができた。永さん自身が番組構成からなにから全部自分でできるので、永さんのアイデアを活用し、見せる工夫と見ている人へのメッセージと、ユーモア感あふれる旅模様が映し出され、また永さん独特の話し方が魅力の番組だったのだなと、つくづく思った。
●DSCN4382_R.jpg
左 是枝裕和監督 右 今野勉監督

●コンペティション部門入賞作品は、最初、観る予定はなかったんだけど、山形ドキュメンタリー映画祭で見逃した『選挙に出たい』(邢菲 シン・フェイ監督/中国/2016)の上映があるというので、急遽、観ることにした。この作品は、中国から20年以上前に来日し、新宿歌舞伎町で飲食店や風俗店の客引きをする「歌舞伎町案内人」として働き、今は自分の店を持つ李小牧さん(本を出したり、雑誌への寄稿したりで作家でもある)が、新宿区の選挙に出馬したのを追った作品。中国では選挙というのはほとんどなく、出馬も投票の自由もないので、ぜひ立候補したいと日本に帰化し、区議会議員選挙に立候補する。李さんが立候補を思い立ったのは、長年の日本での生活の中で感じてきた差別感からだと思うが(外国人、マイノリティなど)、「日本では、私のように水商売についていた者でも選挙に立候補することができる。中国では考えられない。民主主義に魅力を感じた」と語っている。それでも出馬に至るまで紆余曲折があり、選挙を通じて、人の繋がり、協力、排他的な日本の姿が浮き彫りにされる。
上映後、中国に帰っていて不在の監督に代わり、李小牧さんが舞台挨拶に登場したが、なんとこの作品は秋にポレポレ東中野で公開が決まったそう。ぜひぜひ、皆さんに観てもらい、日本の選挙について考えてほしい。
●DSCN4397_R.jpg
李小牧さん

一緒に上映された「<ETV特集> その名は、ギリヤーク尼ヶ崎 職業 大道芸人」も素晴らしい作品だった。85歳の大道芸人ギリヤーク尼ヶ崎の日常を追い、病と闘いながら芸の道を精進する姿を描いている。ギリヤークさんの舞踏というのに最初はあまり興味がなかったんだけど、観ているうちにだんだん彼の生き方に引き付けられ、最後踊り終えた時には涙が出ていた。こんな芸人がいるんだと知った。

●DSCN4409_R.jpg
左 松原翔ディレクター 右前ギリヤーク尼ヶ崎さん 後 弟さん

初めて観たフェスティバルだったけど、映画もTV番組も観ることができる稀有な映画祭だった。それに若い人が多いなと感じた。けっこう専門用語や映像の作りや制作などの話をしていたので、映画や映像の知識を学んでいる若者たちかもしれない。                                                                            宮崎暁美
posted by akemi at 09:08| Comment(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

節分の日に、父と福島菊次郎さん写真展 (咲)

2月3日(土)父と一緒に近くの高幡不動尊の節分会へ。
まずは、奥の院から年男年女やゲストが、お坊様に先導されて歩いてくるのを参道でお迎え。このところ毎年通っていて、立ち位置もばっちり!
ゲストの照英さんや相田翔子ちゃんからも手渡しで豆をいただきました♪
DSCF4347 setsubun 320.jpg

1時の回の豆撒き見物を終えて、府中へ。
暁さんから、府中グリーンプラザで反権力の報道写真家、福島菊次郎さんの写真展が開かれていると聞いて、ランチをとりがてら、見に行くことにした次第。

映画『ニッポンの嘘 報道写真家 福島菊次郎90歳』(長谷川三郎監督)で、その生き様が描かれた福島菊次郎さん。
写真展のタイトルは 「福島菊次郎が問う『戦後』原爆・基地・三里塚」

kikujirou.jpg

受付で、いつお亡くなりになったのか確認したら、2015年9月に94歳で旅立たれたとのこと。菊次郎さんは、1921年生まれ。父は一つ下の1922年生まれ。「95歳です」と受付の方にお伝えしたら、「まぁ〜お元気で」と感心されました。
「目も見えにくくなったし、耳も聴こえにくくなりました」と父。
「聴く耳は前から持ちませんから」と私。
「え?」と、ほら、父には聴こえていませんでした。

そんな父ですが、菊次郎さんが追い続けた広島の被爆者の方の姿を食い入るように見て、「よく撮ったね」と。
自衛隊の写真からは、「“自衛隊は軍隊じゃない”という政府の主張がまやかしだということが伝わってくるね」と。
戦争の時代を生きた同世代だからこそ、菊次郎さんの写真に込めた思いは、実感として父に伝わったようです。誘っていってよかったなと思いました。

写真展のことを教えてくれた暁さんとも、会場でばったり。
父と一緒に気骨ある写真展を見られたのも暁さんのお陰。感謝です。

その暁さんによる『ニッポンの嘘 報道写真家 福島菊次郎90歳』長谷川三郎監督インタビューは、こちらでお読みください!
http://www.cinemajournal.net/special/2012/nipponnouso/index.html

posted by sakiko at 12:17| Comment(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバルに行ってきました

高円寺でやっている「第9回 座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル」に初めて行ってきました。実を言うと、第一回目から行ってみたいと思っていたのだけど、このフェスティバルの開催日が、シネマジャーナル本誌の年初めの号の編集日といつも重なっていたため、行くことができなかったのです。でも、シネマジャーナルは年3回の発行をやめ(年1回の発行になりました)、HP中心に記事を掲載することになったので、今回初めていくことができました。今回のテーマは「表現者たち」。歌、写真関連の作品、また女性のドキュメンタリー作家の草分けである吉永春子さんと、永六輔さんの追悼番組を観ることができればと思います。

どうしても観たかったのは、2月8日に上映された森達也監督の『〈NONFIX〉放送禁止歌〜歌っているのは誰? 規制しているのは誰?』。これはフジテレビの深夜番組『NONFIX』で1999年11月に『「放送禁止歌」〜歌っているのは誰? 規制しているのは誰?〜』というタイトルで放送されたということだけど、私は観たことがありませんでした。
森監督の作品は、オウム真理教を撮った『A』を観て以来、注目していたけど、この『「放送禁止歌」〜歌っているのは誰? 規制しているのは誰?〜』については、TVで放映された時には知らず、その後、映画館で上映されるたびにいつか観てみたいと思っていました。今回、やっと観ることができ、森監督の話も聞くこともできました。

DSCN4366補正_R.jpg

放送禁止になった歌を、時にはその歌を歌った歌手に歌ってもらったり、歌ったものを映像なしで、歌詞だけテロップで流すという方法で紹介していたけど、「規制しているのは誰?」で、<誰が何のために>というのが言いたいことだったと思う。19年も前の作品なのに、今も状況は変わらないと思った。あの当時は「忖度(そんたく)」という言葉が使われてなかったけど、まさにその「忖度」で、自主規制した歌がたくさんあったんだと驚きだった。森監督はこのフェスティバルでの上映作品を別の作品にしようと決めていたのに、ぎりぎりでこの作品に差し替えたのでヒンシュクをかったと言っていたけど、去年「忖度」という言葉が飛び交ったので、この作品に変更してタイムリーだったのでは。

DSCN4364補正_R.jpg

高田渡の「自衛隊に入ろう」や、フォーク・クルセダーズの「イムジン河」はもとより、北島三郎のデビュー曲「ブンガチャ節 」や、ピンク・レディの「S・O・S」、高倉健の「網走番外地」も放送禁止歌だ(った?)と知った。赤い鳥の「竹田の子守唄」もそうだったとは知らずびっくり。この歌は、それでもラジオで流れていたのを聴いたこともあるし、TVでも歌っていたのを見た気がするんだけど、放送禁止歌になっていたとは。長谷川きよしの「黒の舟歌」のレコードのB面に入っていた「心中日本」などは、「心の中の日本」というタイトルにしたという話が出てきて、そんなこともあったんだと知った。
それにしても、私としてはリアルタイムで知っている歌たち。いくつかの曲はラジオで流れたり、TVで放映されたこともあったと思うけど、その後、放送禁止歌になったのかな。「イムジン河」、「自衛隊に入ろう」も、ラジオから流れたのを聴いたことがある(1968年、69年頃だと思う)。その後、すぐに放送禁止になってしまった。どちらの曲も一回聴いただけで歌詞とメロディを覚えた。それだけ強烈な印象があった。
特に「自衛隊に入ろう」は、強烈な歌詞とメロディで私の心に入ってきた。まだ高校生だった私が、初めてアルバイトして買ったのが、この曲が入っているLPだった。また、高田渡さんと同じアパートに8年くらい住んでいたこともあるので、渡さんが出てきた時には懐かしかった。

*高田渡さんとのエピソードを下記に書いているので、よかったら読んでみてください。なぎら健壱さんとのエピソードもあります。
シネマジャーナルHP スタッフ日記 高田渡さんとのエピソード
http://cinemajournal.seesaa.net/article/449628811.html

そして、今回、なんといっても発見だったのは、なぎら健壱の「悲惨な戦い」という歌。この曲はまったく知らず、初めて聴いたのだけど、国技館からのTV中継で、大相撲の取り組み中に力士の廻しが落ちるという、架空のハプニングを歌ったコミカルなもの。雷電と若秩父の取り組みという、時代を超えた組み合わせを描いていたけど、雷電という名前が出てきてびっくり。江戸時代に活躍した力士で長野県東御市の出身。現在東御市には「雷電くるみの里」という道の駅があり、私は何度も利用したことがある。ここには雷電像もあります。

忖度とは「他人の気持をおしはかること」と辞書にあるけど、これらの放送禁止歌たちも、放送局の忖度よる自主規制ということだったのだろう。美輪明宏の「ヨイトマケの唄」も、放送禁止歌だったという。知らなかった。この歌は数年前、紅白歌合戦で歌っていたけど、放送禁止になった歌も、時代を経れば規制が弱まるのか…。あらためてこの「放送禁止」というのは誰が決めるのかと思う。
最後に岡林信康の「手紙」が流れ、しみじみと聴き入った。この歌は心に沁みる。

1969年に私が買った「自衛隊に入ろう」が入っているLPレコードは、五つの赤い風船と高田渡のカップリングLPで、当時、私がこのLPを買った一番の目的は五つの赤い風船の「遠い世界に」だった。この曲が大好きだった。しかし、50年近くたった今も話題になるのは「自衛隊に入ろう」。その時は、まさかこの曲が50年後にも話題になっているとは思わなかった。でも、自衛隊を憲法に取り込もうという憲法改悪が進められている現在において、さらにこの曲は話題になっていくのかもしれない。

2月11日以降のプログラムを下記に記しますので、皆さんも「座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル」に出かけませんか。

2月11日(日)
○11:00〜 特集「表現者たち/詩」
      『詩人、出張スル』
        12:50〜トークイベント(田原)
○13:45〜 特集「表現者たち/ダンス」
      『ダンサー セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』
        15:10〜トークイベント(首藤康之×山崎裕)
○16:30〜 特集「追悼/吉永春子」
      『ある傷跡〜魔の731部隊』★
      『街に出よう〜福祉への反逆・青い芝の会』★
        17:55〜トークイベント(金平茂紀×橋本佳子)
◎19:15〜 是枝裕和セレクション
      『永六輔とテレビジョン 遠くへ行きたい』★
      第1回「岩手山―歌と乳と」
      第16回「オランダ坂をのぼろう 長崎・天草」を上映      
        20:15〜トークイベント(是枝裕和×今野勉)

2月12日(月・祝)
●10:00〜 コンペティション部門入賞作品上映
◎18:00〜 井浦新セレクション
      『〈日曜美術館・特別編〉異形探訪 井浦新“にっぽん”美の旅3』★
        19:10〜トークイベント(井浦新×長井倫子)
●20:10〜 コンペティション部門表彰式&入賞者トーク(入場無料)
★印は無料参考上映。上映は無料ですがトークは有料。

座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル公式HP

                                     (宮崎暁美)
posted by akemi at 06:42| Comment(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

12年間撮り続けたドキュメンタリー『願いと揺らぎ』我妻監督にお会いしました!! (千)

チラシ2.jpg

震災が生んだひずみを乗り越え、人は何故再びともに生きようとするのか。東北の一被災漁村の12年の記録を凝縮した震災映画の大いなる到達点。
★2月24日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次公開
監督・撮影・編集:我妻和樹/プロデューサー:佐藤裕美
製作・配給:ピーストゥリー・プロダクツ/宣伝:佐々木瑠郁
2017年/日本/HD/カラー・モノクロ/16:9/147分
公式 https://negaitoyuragi.wixsite.com/peacetree


IMG_20180201_173218_734.jpg

もうすぐあれから7年が経ちます。震災前から南三陸の波伝谷地区を撮り続けている宮城県出身、在住の我妻和樹監督に先日、取材でお会いしました*後日、シネジャweb版・特別記事にてup予定です。
(*追記:2/23UP http://www.cinemajournal.net/special/2018/negaitoyuragi/index.html

連日の活動で少々お疲れ気味だったのでしょうか、差し入れしたチョコをパクパクと!! 「ぼく甘党なんです」とのこと。チョコレートを持って行って大正解でした☆
シネジャ映画作品紹介はコチラ
http://cinemajournal-review.seesaa.net/article/456690825.html

20140406075307ee0_20140518180059af0.jpg
*blog「土と石と」より
http://daikiwakachi.blog.fc2.com/blog-entry-270.html

震災の津波で他界した叔母夫婦のお寺(宮城県名取市・東禅寺)も、やっと再建が叶い とうとう来月に復興します。7年かかった……  (千)

posted by chie at 00:00| Comment(0) | 取材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする