2017年10月12日

10月12日ヤマガタ3日め、もう最終日!! (千)

 昨日の受賞作品10本のうち最終日の今日は8本が上映される。時間が許すかぎり観た三本は優秀賞『孤独な存在』シャー・チン監督、 W受賞の『あまねき調べ』アヌシュカ・ミーナークシ、イーシュワル・シュリクマール共同監督、 奨励賞『人として暮らす』ソン・ユニョク監督。 いずれも賞を穫っただけあり面白かったし、なかでもインドとミャンマーのボーダーエリアで自給自足の暮らしをしているナガ族の映画『あまねき調べ』の歌声と農作業の姿には感嘆した。音楽の力と愛のパワーが詰まってるお米は、きっと極上に美味しいんだろうなあ。そしてシネジャのフリーペーパーを置かせていただいた各店様、有難うございました!!

P_20171012_181343.jpg
受賞作品が上映される会場のひとつ市民会館。にもフリーペーパーを置かせていただきました

P_20171011_140032.jpg
市内からバスで行ける山形ドキュメンタリーフィルムライブラリー。フリーペーパー置かせていただいてます

P_20171010_125326.jpg
映画祭期間中、特別メニュー小川紳介カレーを提供していた食堂nitakiさん。フリーペーパー置かせていただいてます。何卒お立ち寄りくださいませ☆
http://nitaki.jp/


◆ facebook シネマジャーナル
https://www.facebook.com/%E3%82%B7%E3%83%8D%E3%83%9E%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%AB-cinema-journal-495206017512429/

◆ twitter
https://twitter.com/chierinsunshine

◆ instagram
https://www.instagram.com/chie_yamamura/

yidff2017p3.png


山形国際ドキュメンタリー映画祭 公式web
https://www.yidff.jp/home.html




posted by chie at 18:45| Comment(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10/11(水)山形国際ドキュメンタリー映画祭2017 各賞発表 (暁)

10月5日(木)より行われてきた山形国際ドキュメンタリー映画祭2017、11日(水)に表彰式で各賞の発表が行われ、インターナショナル・コンペティション部門、ロバート&フランシス・フラハティ賞(大賞)はアンナ・ザメツカ監督『オラとニコデムの家』に決定!
また、アジア千波万波部門の小川伸介賞は陳梓桓(チャン・ ジーウン)監督の『乱世備忘 −僕らの雨傘運動 』が受賞!

PICT2836補正_R.jpg

<各受賞結果>
インターナショナル・コンペティション
■ ロバート&フランシス・フラハティ賞(大賞) 『オラとニコデムの家』
監督:アンナ・ザメツカ ポーランド/2016/72 分

■ 山形市長賞(最優秀賞) 『カーキ色の記憶』
監督:アルフォーズ・タンジュール カタール/2016/108 分

■ 優秀賞 2作品
『孤独な存在』
監督:沙青(シャー・チン) 中国/2016/77 分
『私はあなたのニグロではない』
監督: ラウル・ペック アメリカ、フランス、ベルギー、スイス/2016/93 分

■ 特別賞『激情の時』
監督:ジョアン・モレイラ・サレス ブラジル/2017/127 分

アジア千波万波
■ 小川紳介賞『乱世備忘−僕らの雨傘運動』
監督:陳梓桓(チャン・ジーウン) 香港/2016/128 分

■ 奨励賞 2作品
『人として暮らす』監督:ソン・ユニョク 韓国/2016/69 分
『あまねき調べ』2017/83分
 監督:アヌシュカ・ミーナークシ、イーシュワル・シュリクマール インド

■ 特別賞 2作品
『パムソム海賊団、ソウル・インフェルノ』
監督: チョン・ユンソク 韓国/2011/75 分
『翡翠之城』
監督:趙コ胤(チャオ・ダーイン)Midi Z 台湾、ミャンマー/2016/99 分

■ 市民賞(映画祭期間中に募った、観客によるアンケート集計の結果)
『ニッポン国 VS 泉南石綿村』
監督: 原一男 日本/2017/215 分

■ 日本映画監督協会賞
『あまねき調べ』2017/83分
 監督:アヌシュカ・ミーナークシ、イーシュワル・シュリクマール インド

山形国際ドキュメンタリー映画祭は1989年より隔年で開催され、今年15回目を迎ました。
今年は映画祭全体で161本の作品が上映された。

2017年全作品の応募状況:128の国と地域から1791本
・インターナショナル・コンペティションのみの応募数:121の国と地域から1,146本
・アジア千波万波のみの応募数:63の国と地域から645本
上映本数:合計161本、総来場者数:集計中 ※10/11時点で2万1千人を越えている。

なお、昨日11日に小川紳介賞を受賞した『乱世備忘−僕らの雨傘運動』の陳梓桓(チャン・ジーウン)監督にイタビューしたので、後ほど特別記事として掲載します。
posted by akemi at 05:42| Comment(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月11日ヤマガタ2日め!! (千)

 山形市民会館でランジャン・パリット監督のインド映画『イン・カメラ』鑑賞後、表彰式まで時間があるので前回同様、バスに乗って山形ドキュメンタリーフィルムライブラリーへ。カウンターで観たい映画を申告して視聴覚ブースにて鑑賞。ココでは公式カタログも買うことができました!! もっともっと観たい作品があったけど時間無く断念、、 中央公民館までバスで戻り表彰式に参加。その後、恒例の打ち上げpartyへ(暁)さんと一緒に行ってインタビューしたかった監督さん達に声を掛けたりしつつ、すでにこの頃 時計は22時… 宿に帰る(暁)さんを見送りしつつ再び私は香味庵に参上し昨晩と同じく呑み過ぎて午前様…反省… でも楽しいヤマガタ最後の夜でした。

P_20171011_171153.jpg
市民賞『ニッポン国vs泉南石綿村』原一男監督。おめでとうございます!!

P_20171011_172135.jpg
日本映画監督協会賞、奨励賞 W受賞の『あまねき調べ』アヌシュカ・ミーナークシ、イーシュワル・シュリクマール監督。アヌシュカ監督の本業はパフォーマンスアーティストだとか?!

P_20171011_173102.jpg
特別賞『翡翠乃城』 チャオ・ダーイン監督

P_20171011_173439.jpg
特別賞『パムソム海賊団、ソウル・インフェルノ』チョン・ユンソク監督は前回、特別賞を受賞した『きらめく拍手の音』イギル・ボラ監督と先輩後輩の仲

P_20171011_174131.jpg
奨励賞『人として暮らす』ソン・ユニョク監督「これからもホームレスの人達の代弁者になりたい」

P_20171011_174511.jpg
小川紳介賞『乱世備忘 僕らの雨傘運動』チャン・ジーウン監督。(暁)さんが取材したレポートは後ほど特別記事で☆

P_20171011_175752.jpg
大賞『オラとニコデムの家』アンナ・ザメツカ監督。yidff大久保理事よりトロフィーと賞金

P_20171011_203709.jpg
山形グランドホテルにて恒例の打ち上げparty ボランティアさん、ゲスト、プレス、スタッフさん、関係者が勢揃いして乾杯。左のヒゲのオジサマはイタリアからフィルム修復技術者

P_20171012_102123.jpg
紅の蔵は かつて紅花商人として栄えた長谷川家の蔵をリノベーションした観光施設。こちらでも映画祭関連イベント開催中

P_20171012_104349.jpg







posted by chie at 01:40| Comment(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

10月10日早朝、ヤマガタ到着!! (千)

 なんだか仕事やらナンやらでドタバタしつつも無事に、ヤマガタ着きました。10時start〜の上映時間まで市内の天然温泉で癒やされつつ映画祭メイン会場のひとつである中央公民館へ。シリア映画『カーキ色の記憶』 鑑賞後、市民会館へ移動し(美)さんオススメのポーランド映画『オラとニコデムの家』 続いてインド映画『機械』 を観る… これらの作品は世界中から応募された1146本の中から選ばれた15本の中の3本。そして特別招待作品『標的の島 風かたか』 オキナワの今を追う三上智恵監督の最新作で〆。初日からドキュメンタリー4本を堪能し嬉しいやら目が回るやらで・苦笑 夜は憩いの場「香味庵」にて映画トーク三昧&よく呑んだ… で、あっという間の1日が午前様で終わったのでした…。

P_20171010_115344.jpg
『カーキ色の記憶』上映後 アルフォーズ・アンジュール監督、質疑応答

P_20171010_203445.jpg
『標的の島 風かたか』 三上智恵監督と沖縄チーム

2017-10-10-12-38-12.jpg
故小川紳助監督が残したカレーのレシピをアレンジした映画祭特別オリジナルカレー:スパイシーで美味しかった!!

P_20171010_235821.jpg
香味庵は22時open、雨にもかかわらずスゴイ人だらけ、お酒を呑みながらの映画談義★

P_20171010_071409.jpg
JR山形駅前からバスで行ける市内の天然温泉、源泉掛け流し

IMG_20171012_105140.jpg
山形市のゆるキャラ はながたベニちゃん☆

P_20171012_101415.jpg



posted by chie at 00:55| Comment(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

シリア映画『カーキ色の記憶』上映会+トークイベント  山ドキへ行けなかった方へ (咲) 

khaki.png

山形国際ドキュメンタリー映画祭インターナショナル・コンペティション作品
シリア映画『カーキ色の記憶』上映会+トークイベントが東京と京都で開催されます。
山形に行けなかった方、山形に行ったけどご覧になれなかった方、ぜひどうぞ!

『カーキ色の記憶』

アルフォーズ・タンジュール監督
カタール、2016年。上映時間:108分

あらすじ:
どこへ連れて行くの?そんな質問さえも禁じられ、恐怖が心の奥底に刻まれる。人々に一切の希望をもたせない体制下で、家畜の方がまだ自由を満喫してきた。だが本来シリアは、無限の色彩に満ちた国のはずだった。国を去らざるを得なかった芸術家らは、「単色の記憶」を語り出す。
山形ドキュメンタリー映画祭での紹介はこちらです。
http://www.yidff.jp/2017/ic/17ic11.html

●東京上映会(入場無料・申込不要)
日時:2017年10月13日(金) 18:25〜21:00(開場18:10)
場所:早稲田大学戸山キャンパス38号館AVルーム(新宿区戸山1-24-1、地下鉄東京メトロ東西線「早稲田駅」徒歩3分)
ゲスト:アルフォーズ・タンジュール監督
聞き手・通訳:岡崎弘樹(アラブ政治思想)

●京都上映会(入場無料・申込不要、車椅子可)
日時:2017年10月20日(金) 18:30〜21:00(開場18:10)
場所:京都大学 吉田南キャンパス 吉田南総合館南棟 地下01教室
モデレーター:岡真理(現代アラブ文学)
解説:岡崎弘樹

主催:中東現代文学研究会(科研費基盤研究B「現代中東における「ワタン(祖国)」的心性をめぐる表象文化についての発展的研究」)
共催:【東京上映会】科研費新学術領域研究 計画研究B01「規範とアイデンティティ:社会的紐帯とナショナリズムの間」、早稲田大学中東・イスラーム研究コース
   【京都上映会】京都大学大学院 人間・環境学研究科 岡真理研究室
協力:山形国際ドキュメンタリー映画祭
posted by sakiko at 22:05| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする